イスラエル初のカジノ開設は間近?エイラート市にカジノを開設するための議論開始

イスラエル初のカジノ開設は間近?エイラート市にカジノを開設するための議論開始

2015年10月上旬、イスラエルの首相はエイラート市にカジノを開設するための議論を始めました。

これは、2015年3月の選挙戦でベンジャミン・ネタニヤフ首相が掲げた数多くの公約の一つです。ネタニヤフ首相の長年の後援者であるシェルドン・アデルソンは、過去にも同様のプロジェクトを立ち上げていますが、政治的な反発を受けて頓挫しています。成功しないまま、2015年にこのアイデアが再浮上しました。

カジノは法的には違法ではありませんが、宗教的に正しくないため、これまで開設されたことはありません。ゲームが好きなイスラエル人にとっては、船上でポーカーが楽しめるクルージング船で過ごすか、隣国、特に1990年にカジノがオープンしたパレスチナのジェリコに行くしかありませんでした。

このプロジェクトが現実のものとなった場合、政府は2つの可能性を選択しなければならない。一つは、市内のホテルにライセンスを与え、スロットマシンやゲームテーブルなどのカジノ関連機器を設置すること、もう一つは、ゲーム専用のカジノを新設することである。これは国内初の合法的なカジノとなり、すでに存在しているさまざまな秘密のカジノを減らすことができます。

このプロジェクトの最大の目的は、特に2014年のガザ紛争以降、常に落ち込んでいた観光客を増やすことです。国内の顧客をターゲットにするだけでなく、休暇の目的地としてイスラエルを見捨てた外国人観光客に特に賭けています。また、エイラットの古い空港をいわゆるカジノに置き換えて、郊外にもっと大きな空港を建設するという側面もある。首相の本音は「エイラットを国民経済に結びつける」ことだ。

このプロジェクトは観光大臣も全面的に支持しており、「エイラットを経済的に助け、観光客を増やすにはカジノしかない」と断言している。

オンラインカジノカテゴリの最新記事