ブックメーカーは違法ではない?日本の法律にはどのような適用となるの?

ブックメーカーは違法ではない?日本の法律にはどのような適用となるの?

日本でも人気が出てきているブックメーカーは、オンラインカジノの中の1つのゲームです。
日本ではカジノのような賭け事が禁止となっており、ブックメーカーは違法性があるのか気になる方もいると思います。

ブックメーカーを日本で楽しむことは、違法性はあるのでしょうか。

ブックメーカーの日本での違法性について、様々な角度から詳しく解説していきます。

日本でブックメーカーで遊ぶことは違法?

日本国内では、競馬や競輪、宝くじ、パチンコなどのギャンブルは認められていますが、その他のギャンブルは禁止となっています。
ブックメーカーを日本で楽しむことは、違法となるのでしょうか。

ブックメーカーに該当する法律は、賭博罪です。
日本の法律にも賭博罪はあり、日本で違法賭博が成立する場合は、賭博を提供する人と賭博に参加する人の2者が日本国内で揃った場合です。
国に認可されていない違法賭博提供者と賭けに参加している人が日本国内に揃った場合、成立となる法律です。

ここで注目してほしいのが、日本で利用できるブックメーカーは海外の自国で認可を受けている海外企業のサービスということです。
現在の日本の賭博罪では、海外で合法運営しているオンラインギャンブルへ日本人が日本国内から参加する賭けに参加することに対して禁止している法律がありません。

日本の賭博罪では、海外のオンラインギャンブルに参加しても良いと記載されておらず、駄目とも記載がありません。
いわゆる、グレーゾーンと言われています。

そのため、日本からの日本人が海外合法のブックメーカーに参加しても、違法とはならないということになります。
日本人が、その海外に行き現地でカジノを楽しんでいることと同じ扱いになるので、日本の法律では取り締まることができないのが、日本の現在の賭博罪の解釈となります。

ブックメーカーの中には、ライセンスを取得していないブックメーカーもあります。
その場合は合法とはならないので、日本でそのブックメーカーを利用した場合は違法となってしまう場合があります。
そのため、ブックメーカーをご利用する場合は、ライセンスの取得があるブックメーカーなのかを確かめて利用しましょう。

ブックメーカーでライセンスを取得しているのか、以下のブックメ―カーがあります。

・NetBet(マルタ共和国ライセンス取得)
・チェリースポーツ(マルタ共和国ライセンス取得)
・スピンパレス(マルタ共和国ライセンス取得)
・Bet365(マルタ共和国ライセンス取得)
・ピナクルスポーツ(マルタ共和国ライセンスとオランダ領のキュラソーライセンスの2つの取得)
・ウィリアムフル・スポーツ(ジブラルタルライセンス取得)
・888スポーツ(ジブラルタルライセンス取得)
・Bwin(ジブラルタルライセンス取得)
・188bet(オランダ領のキュラソーライセンス)
・カジノエックス(オランダ領のキュラソーライセンス)
・Bettilt(オランダ領のキュラソーライセンス)
・MARATHONBET(オランダ領のキュラソーライセンス)
・ジョイカジノ(オランダ領のキュラソーライセンス)
・スポーツベットアイオー(オランダ領のキュラソーライセンス)
・1xbet(オランダ領のキュラソーライセンス)

日本でのブックメーカーの利用が違法になる場合

日本でのブックメーカーの利用は、現在はグレーゾーンであり違法と断定できない状態です。
しかし、違法となってしまうブックメーカーの利用もあります。
どのようなケースが違法となってしまうのか、以下の2つのケースをご紹介致します。

違法なブックメーカーのプレイはできない

違法なブックメーカーも世界には多くあり、違法運営のブックメーカーへの参加は違法となってしまいます。
明らかな犯罪行為となってしまいますので、見つかった場合は直ぐに逮捕・基礎となってしまいます。

場所代が発生する場所でのブックメーカーのプレイは違法

日本でブックメーカーを楽しむ場合、場所代がかからない自宅などの場所であれば違法とはなりません。
その場合、合法となっているブックメーカーの国でブックメーカーを楽しんでいることになるからです、

しかし、場所代がかかる場所でブックメーカーを楽しんだ場合、日本で賭博を行っていることになるので違法となってしまいます。
ネットカフェなどの場所代が発生する場所でブックメーカーを楽しむと、違法となってしまいます。

違法な国ではブックメーカーのプレイはできない

ブックメーカーが違法の国では、ブックメーカーのプレイはできません。
現在の日本の賭博罪ではブックメーカーなどのオンラインカジノへの規制がないので、違法にはなりません。
しかし、日本でオンラインギャンブルに対し規制となった場合、ブックメーカーなどのオンラインギャンブルは違法となってしまいます。

そのため、ブックメーカーサイトは日本からプレイが出来ないように、アクセス制限をかけます。
違法になるだけではなく、日本からのブックメーカーサイトでのプレイは不可能となってしまいます。

ブックメーカー側は各国の法律に対し非常に敏感となっています。
そのため、法律が変わったら即座に制限とかけるのです。

日本からブックメーカーに完全にアクセス不可になった場合、ブックメーカーに預けている残高の出金期間は設けられます。
そのため、安心して出金することができます。

ブックメーカーカテゴリの最新記事