オンラインカジノはイカサマをしているのか徹底調査

オンラインカジノはイカサマをしているのか徹底調査

オンラインカジノのゲームをする際に、イカサマをしているのでは?と半信半疑になってしまい、どうしても信用できない部分もあるかと思います。

スマホを使って各ゲームをプレイしますから、プレイヤーによって不利になるように設定されていると感じている利用者もいらっしゃるかもしれません。

特に日本人プレイヤーからしてみれば、不安に感じるかもしれませんが、オンラインカジノは安心してご利用いただけます。

そこでこの記事では、オンラインカジノはイカサマをしているのか徹底調査しましたので、参考になれば嬉しいです。

イカサマができない理由「運営編」

オンラインカジノを利用しているプレイヤーの中には、「捕まらない?」「本当に合法なの?」と不安に感じる方もいます。

確かに海外のオンラインカジノですから、違法で運営していたり、ゲームをいくらプレイしても勝てないと疑いたくなる気持ちもわかります。

しかしほとんどのオンラインカジノは、利用者が感じているような不正やイカサマ行為は一切していません。

ではオンラインカジノがどうしてイカサマをしていないと断言できるのか?以下で詳しくご紹介していきます。

オンラインカジノとは別会社のプロバイダー

基本的にオンラインカジノでは、回収モードやイカサマができないように徹底的に管理や監視体制が整っています。

確かにオンラインカジノと言うこともあり、プレイヤーがゲームに勝てないように不正行為を行っていると疑いの目を向けるかと思います。

オンラインカジノで提供されている各ゲームは、別会社のゲームプロバイダーですから、必然的にイカサマできません。

つまり別会社が作っているゲームを、オンラインカジノ側が勝手に操作することができないので、万が一不正行為をしてもバレてしまいます。

オンラインカジノは、あくまでも別会社のプロバイダーが作ったゲームを提供しているブラッドフォームの役割をしています。

こうしたこともあり、経験者から初心者のプレイヤーがイカサマに巻き込まれずに、安心安全にゲームで遊べます。

ライセンスの取得

全てのオンラインカジノでは運営するにあたって、必ず国からライセンスの取得を義務付けられていますので、必然的に不正行為ができません。

万が一提供しているゲームに不正やイカサマをしてしまうと、運営に必要不可欠なライセンスを剥奪されますから、オンラインカジノとしてはデメリットになります。

オンラインカジノによって取得しているライセンスは異なりますが、主に「マルタ共和国」「キュラソー「カナワケ」などがあります。

どのライセンスも取得するのに相当な難易度がありますから、オンラインカジノの運営元が本当に安心安全なのか徹底的にチェックしています。

1度ライセンスを剥奪されてしまうと、再取得までかなりのコストがかかりますし、審査をクリアするにも時間が要します。

第三者機関の監視

オンラインカジノとゲームの提供元でもあるプロバイダーが、イカサマや不正行為をしないように、第三者機関によって監視されています。

第三者機関はオンラインカジノの全てのゲームが、不正にプログラムされていないか細かく監視していますから、プレイヤーがイカサマをされるリスクもありません。

全てのプレイヤーが公平にゲームをプレイできますから、安心安全ですし騙されることもなく、楽しく利用できます。

こうしたこともあり、オンラインカジノはライセンスを取得した後に不正行為はしませんし、万が一イカサマをしてもすぐに発覚します。

因みに主な第三者機関は、「イーコグラ」「GLI」「iTech Labs」「GAMCARE」などがあり、合法で運営しているオンラインカジノを監視しています。

イカサマができない理由「ソフトウェア編」

オンラインカジノはスマホやパソコンの画面上でゲームをプレイしますから、どうしてもディーラーや他のプレイヤーが不正やイカサマ行為をしていると、思うかもしれません。

確かに目の前にいるわけではないので、疑いたくなるかもしれませんが、オンラインカジノは、イカサマができないシステムを導入しています。

このシステムを導入しているおかげで、ディーラーもプレイヤーも不正やイカサマ行為が一切できません。

ではこれだけでどうしてイカサマができないのか?以下で詳しく見ていきましょう。

リアルタイムでのゲーム

ライブカジノではオンラインタイムで複数のプレイヤーがゲームをプレイしていますから、万が一不正行為やイカサマをしてもすぐにバレます。

リアルタイムで中継されているということもあり、複数台のカメラでディーラーやテーブルを映していますから、イカサマをするにもリスクが高すぎます。

またプレイヤー側もカードに印を付けるなどの不正行為は、全くできませんので、オンラインカジノ自体がイカサマをしにくくなっています。

ライブカジノでプレイできるゲームは、基本的に50:50ですから非常に運が強い要素が含まれています。

こうしたこともあり、ゲームをプレイして連敗が続いてしまうと、どうしてもイカサマを疑いたくプレイヤーもいます。

乱数発生設置

オンラインカジノとゲームの提供元のプロバイダーは別会社で、不正行為はできませんが、中には「裏で一緒にイカサマできるでしょ?」と不安に感じる方もいます。

しかし提供されているゲームは乱数発生設置が導入されていますから、このシステムの動作によって、イカサマができません。

全てのゲームがランダムで動作していますから、意図的にイカサマなどの不正行為ができないシステムになっています。

ライブゲームに関しましては、乱数発生設置のシステムは動作されていませんが、それでもプログラムを書き換えたり、イカサマができないのでご安心ください。

つまり運営側が意図的に利益ができように、勝手にハウスエッジの操作ができませんので、不正行為はないのです。

まとめ

基本的に合法で運営しているオンラインカジノは、政府から発行されているライセンスを取得していますし、別会社のプロバイダーがゲームを提供しています。

また第三者機関の厳重な監視体制で、どちらも運営していますから、どう考えても不正やイカサマ行為ができません。

RNGという乱数発生設置がありますから、全てのゲームを勝手にプログラムできませんので、オンラインカジノは安心安全に利用できます。

オンラインカジノカテゴリの最新記事