ドイツの州はイガミングの可能な移行期間について話し合っている!

ドイツの州はイガミングの可能な移行期間について話し合っている!

ドイツの多くの州では、2021年7月にオンラインカジノが合法化されるまで、事業者がオンラインカジノ商品の提供を継続できるようにするための移行期間の可能性について議論しています。

ドイツの多くの州では、2021年7月にオンラインカジノが合法化されるまで、事業者がオンラインカジノ商品を提供し続けることを可能にする移行期間の可能性について議論しています。

この議論の正確な内容と、これにより事業者がいかなる種類の制限もなくオンラインカジノを提供できるようになるかどうかはまだ不明であり、情報筋はiGBに対し、この議論を「先取り」したくないと述べています。

しかし、ノルトライン・ヴェストファーレン州政府のスポークスマンは、iGBに対し、”連邦州は現在、移行段階にある “と述べています。また、「連邦州は現在、移行期間中に違法賭博に対する取締りをいかに効果的に行うかを調整している。

他の州からのコメントはまだ得られていませんが、地元メディアによると、バイエルン州、ハンブルク州、ベルリン州の首相もこの議論に参加しているとのことです。

この議論は、2021年7月1日からのギャンブルの規制に関する国家条約(GlüNeuRStV)の実施に先立って行われています。改正された規制モデルは、現在、欧州委員会で検討されているため、停止状態にありますが、スポーツベッティング以外のオンライン市場を拡大することになります。これは初めてのことです。

2021年7月からは、オンラインカジノやポーカーも規制の対象となりますが、スロットの賭け金は1スピンあたり1ユーロが上限となり、テーブルゲームのライセンスは各州のランドベースカジノの数に制限されます。

一方、「ギャンブルに関する第三次改正全国条約」で定められた1,000ユーロの支出上限は、すべての分野に拡大されます。この条約は、拡大された規制の枠組みを導入する前の暫定的な措置として、理論上は2020年1月2日に発効しました。

しかし、裁判所の異議申し立てにより、第三次国内条約に基づくスポーツベッティングの承認プロセスは失敗し、事業者は手詰まりに陥っています。オーストリアのブックメーカーヴィークリー社が起こした訴訟において、ダルムシュタット行政裁判所は、ライセンスの発行を担当するヘッセン州ダルムシュタット地域評議会が透明性を欠いたままこのプロセスを進めているという判決を下しました。地域評議会は、裁判所の判決を不服としています。

移行期間の可能性は、ドイツスポーツベッティング協会が以前から求めていたもので、ヘッセン州での別の法的異議申し立てで初めて現れました。これは、地方議会が出した禁止命令に対する無名の事業者の訴えの手続きを中断し、当事者が妥協的な合意を交渉できるようにしたものである。

同様の状況は、第3回全国大会が初めて施行されたときにも発生しており、そのときは、訴訟によってライセンス取得の手続きが中断されました。その結果、ライセンスを担当するヘッセン州は、ドイツの歳入に税金を納め、同州の自己排除制度に含まれる事業者は、ライセンスなしでの営業を認める寛容な政策(ダルダング)の実施を決定した。

現状では、オンラインゲーム事業者に対して、国は対照的なアプローチをとっています。オンラインカジノの許可を検討しているところもあれば、1年以内に合法化されることを前提に、この種のビジネスを提供する企業に対して訴訟を起こしているところもあります。

2020年6月、ハンブルクの内務省とスポーツ省は、3つの事業者をイゲーミング禁止に違反しているとして訴えましたが、そのうちの1つであるGVCホールディングスは、この動きを「メリットも法的根拠もない」と切り捨てました。

ニーダーザクセン州は、無免許の事業者に対して支払い停止命令を出す責任を負っていますが、自由民主党(FDP)の議員は、同州の業界に対する強硬な姿勢に疑問を呈しています。

ギャンブルの規制に関する国家条約(GlüNeuRStV)では、ザクセン・アンハルト州が新しい連邦規制機関を受け入れることになっており、ECの承認を得て実施されれば、遅くとも2028年12月31日までは州をその条件に拘束することになる。発行には、国内16州のうち13州の批准が必要です。

オンラインカジノカテゴリの最新記事