ブックメーカーの競馬が面白い!世界中の競馬レースが対象!おすすめポイントご紹介!

ブックメーカーの競馬が面白い!世界中の競馬レースが対象!おすすめポイントご紹介!

ブックメーカーでは様々なスポーツへの賭け事ができますが、競馬レースへの賭け事もできます。

ブックメーカーの競馬は、世界中の競馬レースが賭け事の対象となっており、連日連夜賞金獲得のチャンスがあります。
海外の重賞レースに賭けることができるので、競馬好きの方におすすめです。

ブックメーカーの競馬はどのようなものなのか、様々な角度から詳しく解説していきます。

ブックメーカーの競馬レースとは

ブックメーカーの競馬レースは、世界中の競馬レースへ賭けることが出来ます。
日本の競馬は休日しか賭けることができませんが、ブックメーカーの競馬レースは連日連夜賭けることができます。
毎日競馬に対して家に居ながら賭けることができるので、競馬ファンには便利な賭け事といえます。

世界の競馬では、多くの日本馬も出走しています。
日本馬が出走するドバイワールドカップや香港国際競争などの海外重賞レースでは、多くの日本人の注目を集めています。

ブックメーカーの競馬の賭け方は、日本の競馬とはルールが全く違います。
賭けた時点でのオッズが、支払い時のオッズとなります。
日本の競馬にように、賭ける人が増えることでオッズが変動することはありません。

ブックメーカーの方式は、主催者が自分の目利きやデータなどにより、オッズを事前に出し賭けを集めます。
的中者には、馬券を買った時点でのオッズの倍率での支払いとします。

日本の競馬と違うもう1つの部分は、基本的には総支払が掛け金の総額を超えないように主催者側がオッズの調整をしていますが、読み間違える場合は損失を被ってしまうリスクがあります。
そのため、日本の競馬とは違い、主催者側が必ずもうかるという保証がありません。
昔は、読み間違えをしてしまった主催者側が廃業となったこともありました。

ブックメーカーの競馬のメリット

ブックメーカーの競馬にはどのようなメリットがあるのか、以下にまとめてみました。

世界中の競馬のレースに賭けることができる

ブックメーカーの競馬の1番の魅力は、世界中の競馬レースに賭けることができることです。
アメリカやイギリス、フランス、アイルランド、ドイツ、オーストラリア、南アフリカ、ニュージーランドなど、様々な世界で開催されている競馬レースへ賭けることが可能です。

2019年のドバイの競馬では、日本馬が複数のレースにて上位入賞しました。
日本では応援賭けを行った方も多く、大金を設けた方も大量にいました。

もちろん日本の競馬にも賭けることができる

もちろん日本の競馬にも賭けることができ、中央競馬や地方競馬も賭けることができます。
日本の競馬の購入を家にいながら可能となり、便利に競馬購入ができます。
当日をはじめ、翌日や今後のレースの情報が並んでいるので、わかりやすい情報の中で考えてベットすることができます。

オッズが良い場合が大半

ブックメーカーのオッズは、良い場合が多くあります。
その理由は、日本競馬では20~30%控除されてしまいますが、ブックメーカーの場合馬主の資金や競馬場の運営費などがかからないので、控除率が低いからです。
高いオッズで賭けることができるので、多くの勝利金を得られる可能性が高いといえます。

ブックメーカー競馬のデメリット

ブックメーカーの競馬には、デメリットも多くあります。
デメリットをしっかりと把握して、ブックメーカーの競馬を楽しみましょう。
ブックメーカの競馬のデメリットを、以下にご紹介いたします。

ベット額に上限が設けられている

ブックメーカーの競馬には、ベット額に上限があります。
上限額はブックメーカーにより異なりますが、平均では10万円の払い戻し額を超えるくらいの上限設定を設けている場合が大半です。

1つのレースに高額をベットしている方は、ブックメーカーの競馬は不便に思えるかもしれません。

現金を引き出す際に少し面倒

ブックメーカーの競馬で的中して勝利金が発生しても、すぐに出金できない場合があります。
ブックメーカーごとや出金方法により異なりますが、手元に現金が出金できるまで1週間ほどかかってしまいます。

的中してもすぐに手元に現金を得ることができないので、しばらく待たないといけないデメリットがあります。

また、出金の場合、電子決済サービスに1度出金してから銀行口座に出金する流れとなってしまうブックメーカーサイトが大半です。
クレジットカードや銀行振込でブックメーカーに入金した場合でも、出金の場合は電子決済サービスを介さないといけない場合があるので、注意しましょう。

かけた馬が出走できない場合賭けは外れとなってしまう

ブックメーカーの競馬では、賭けた馬が何らかの理由により出走できない場合、その時点で賭けが外れとなってしまいます。

そのため、寸前まで細かく考えた上で賭けることをおすすめします。

ブックメーカーカテゴリの最新記事