スポーツが盛んな時期にもかかわらず第3四半期の在宅収益は減少!

スポーツが盛んな時期にもかかわらず第3四半期の在宅収益は減少!

ベットクライク・エベレスト・グループの子会社であるベット・アット・ホームは、夏のスポーツスケジュールが詰まっていることが第3四半期の業績にプラスの影響を与えたが、年間の収益は2019年の水準を下回ったと述べた。
9月30日までの9ヶ月間の収益は、前年同期比12.9%減の9,300万ユーロ(8,400万ポンド/1億1,060万ドル)でした。上半期の収益は6,230万ユーロだったので、9月30日までの3ヵ月間では3,070万ユーロの収益を上げたことになります。

これは、第3四半期だけで6億3,610万ユーロ、1~9月では21億ユーロ(13.9%減)の投資を行ったことになります。

分野別の結果を見ると、ベット・アット・ホーム社は、これまでビジネスの閑散期であった第3四半期に、いくつかの大きなスポーツイベントの恩恵を受けたとしています。

しかし、上半期のスポーツの中止により、賭け金、収益ともに前年同期比で減少し、顧客の賭け金は3億390万ユーロ、勝ち金は2億6950万ユーロとなり、総収益は21.1%減少しました。

オンラインゲームは、新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックの影響を受けませんでしたが、規制の強化により収益が減少し、2019年にはオペレーターがスイス市場から撤退せざるを得なくなりました。

その結果、カジノ、ライブディーラーゲーム、バーチャルスポーツでの賭け金は12.4%減の17億9,000万ユーロとなり、顧客獲得後の総収入は5,860万ユーロとなりました。

当期のベッティングおよびゲーミングにかかる税金は1,610万ユーロで、340万ユーロの付加価値税を差し引いた9カ月間の純収益は16.4%減の7,350万ユーロとなりました。

ホームベッティングは110万ユーロの追加収益を計上し、当期の人件費は1,460万ユーロに増加しました。マーケティング費用は27.1%減の2,140万ユーロ、その他の営業費用は1,560万ユーロとなり、EBITDA(金利・税金・減価償却費・償却費)は収益の減少により14.6%減の2,300万ユーロとなりました。

150万ユーロの償却費を差し引いた利払い・税金・減価償却費・償却費控除前利益(EBITDA)は、15.6%減の2,160万ユーロとなりました。7万2,000ユーロの現金支出により税引前利益は2,150万ユーロに減少し、法人税等は64.2%減の710万ユーロとなり、9月30日までの9ヵ月間の純利益は170万ユーロとなりました。9ヵ月通算の純利益は170万ユーロ。9月30日までの9ヵ月間の純利益は1440万ユーロに急増しました。

今後の見通しとして、2020年暦年の売上高は1億2,000万ユーロから1億3,200万ユーロ、EBITDAは2,300万ユーロから2,700万ユーロを見込んでいます。

しかし、ドイツのオンラインスポーツベッティングおよびカジノ市場に課せられた規制条件により、2021年には低下する可能性があると警告しています。

同社は先週、ダルムシュタットの地域評議会からスポーツベッティングのライセンスを取得し、移行期間を利用してスロットとポーカーをほぼ制限付きで提供することができました。

これにより、事業者は顧客の支出を月に1,000ユーロに制限することが求められますが、スポーツブックの少数の顧客には1万ユーロまたは3万ユーロまでの限定的な範囲で提供されます。

ベット・アット・ホームは、2021年7月のギャンブルの規制に関する国家条約(GlüNeuRStV)発効時にライセンスを確保することを目指しているため、10月15日の期限までにテーブルゲームとカジノ商品を撤去することになりました。10月15日の期限までにカジノ製品に1,000ユーロの制限を設けることを実施している。

しかし、これによりドイツでの営業の法的確実性が大幅に高まりました。現在の観点から、ベット・アット・ホーム.comの取締役会は、2021年のベッティングおよびゲーミングの総収入が、2020年の会計年度に比べて約2,000万ユーロ減少すると予想しています。

「現在の観点では、これにより2021年会計年度のEBITDAは約1,300万ユーロ減少します。

ブックメーカーカテゴリの最新記事