BOSは協議の応答で預金上限の延長で再びヒット!導入する正当な理由が無いと主張!

BOSは協議の応答で預金上限の延長で再びヒット!導入する正当な理由が無いと主張!

スウェーデンのオペレーター協会であるブランシェフォーレンジンフールオンラインショップ(BOS)は、オンラインカジノにおけるデポジットコントロールの延長案に再び反対し、そもそもこの措置を導入する正当な理由がないと主張しています。

この措置は、新型コロナウイルス(Covid-19)への対応が提案された1ヶ月後の7月2日に導入されたもので、BOSはこの措置の実施前後に激しく批判しています。今月初め、2021年6月までの延長が初めて提案された際にも、BOSはこの措置をさらに批判しました。

今回、BOSは、延長に関する協議への正式な回答として、当初の予定通り年末にキャップを解除することを求めています。

BOSは、新型コロナウイルスCovid-19の上限を延長しないこと、今後の政府の決定が引き続き事実に基づいて行われること、そして政府がスウェーデンのライセンス市場を保護するための行動をとることを提唱しています。

BOSは、この規制が最初に提案されたときから「ほとんど変わっていない」とし、最初の協議で提起された不満の多くは依然として有効であるとしています。

また、ソットホルム大学の臨床心理学部長であるパー・カールブリング教授の研究を紹介し、新型コロナウイルス(Covid-19)発生の第一段階では、ギャンブル活動が予測を13.3%下回ったこと、オンラインカジノのプレイがわずかに増加したことを述べた上で、「問題となりやすい高強度のギャンブルの増加はなく、オンラインギャンブル全体の増加も見られなかった」と述べました。

また、BOSは、入金制限の影響は大きく分けて2つあり、どちらも問題のあるプレーの減少にはつながらないとしています。

1つ目は、プレイヤー1人当たりのギャンブルアカウント数の増加です。

ライセンス制度の中で多くのプレイヤーがプレイしているため、異なるゲーム会社で保有しているアカウント数が増加しています」と説明しています。以前は、多数のプレイヤーが2~4社のライセンスを取得したゲーミング会社でプレイしていましたが、現在は5,000クローネの入金制限を回避するために、より多くのゲーミング会社でプレイしています」と述べています。

これは、「ゲーミング会社が強力な消費者保護を提供する能力に影響を与える」と言います。

注意義務は、スウェーデンのゲーム規制における消費者保護の要です」と続けました。これについては現在、少なくとも一時的には政府が対応している。

2つ目の大きな結果は、公認サイトでプレイするギャンブラーの割合が「減少する可能性がある」という説明でしたが、これが発生したことを証明する十分な調査はまだ行われていません。

BOSは、コペンハーゲン・エコノミクス社の調査によると、スウェーデンにおけるオンラインカジノのチャネリング率は72~78%と推定されており、少なくとも今回の法案で改善されたとは考えにくいと述べています。

最後に同グループは、スウェーデン政府がより厳しい規制の実施を避け、代わりにチャネリング率を高めるための対策を講じてほしいと付け加えています。

我々は、少なくともチャネリング率が2019年初頭に達成された水準(90%強)に回復するまでは、政府がスウェーデンでライセンスを取得したゲーム会社に対するさらなる抑圧的な措置を控えることを提案します」と述べています。

規制当局であるゲーミング・インスペクター社は、すでにこの協議に対する独自の回答を発表しており、上限規制の実施に至った長引く影響を考慮すると、今回の延長は「合理的」であると主張しています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事