スポーツベッティングの売上高が75%増加すると、NソフトQ1の成長が促進!

スポーツベッティングの売上高が75%増加すると、NソフトQ1の成長が促進!

ソフトウェアプロバイダーのNソフト社は、コロナウイルスの逆風をはねのけて2021年第1四半期の商業目標を達成し、特にスポーツベッティング製品の力強い成長を報告しました。

Nソフト社は、同社のライブ・スポーツ・ベッティング・ソリューションを「最もパフォーマンスの高い製品」と位置づけ、2020年の同時期と比較して総売上高が75%増加したと報告しています。

運営会社は、新機能の実装とキャッシュアウト機能の継続により、「スポーツブックプラットフォームがすべてのチャネルで新たなレベルに達した」と述べています。

また、スポーツブックの総トラフィックは2020年第1四半期と比較して倍増し、事業全体の収益は13%増、オンライン事業は59%増となりました。

Nソフトの最高執行責任者であるドラザンプランニック氏は「我々はこの結果を非常に喜んでいます。」と述べています。この結果を大変嬉しく思います。私たちは常に、社内のコミュニティ意識が高く、お客様とのつながりが強いことで知られています。

私たちは、お客様を共に成長できる長期的なパートナーと考えています。長期的には、ベッティングゲームのポートフォリオのさらなる発展、既存のベッティングソリューションの新機能、新規市場への参入、量より質を重視することを主眼としています。

Nソフト社は、中央アフリカ共和国、ドミニカ共和国、フランス、トルコにおいて、強力な「口コミ」マーケティングを報告しています。これは、スポーツベッティングとオンライン業界によって新規顧客を獲得した結果、見本市が開催されず、旅行の選択肢が限られている中で、4つの新規市場に参入したことを意味します。

Nソフト社は、スポーツブック部門の成長と、カジノ、宝くじ、スロット製品の成功が、この年の有望なスタートにつながったと考えています。

その原動力となったのは、仮想通貨「ライトニング・ラッキーシックス」製品、カジノ「ライトニングルーレット」、「Nソフトスロット」製品群、そして顧客がビジネスの分析・監視に使用するAIを搭載したビデオ管理システム「Nソフトビジョン」です。同社は、過去3年間、Betrad社と協力してきました。同社は、ベトラッド社と何年にもわたって仕事をしてきました。

最終的に、同社はベットレーダーのユニファイドオッズフィードをベースに、他の30カ国の6,500の週刊イベントをカバーする完全な宝くじソリューションを開発し、「世界中の本物の宝くじの抽選に賭けることを好むプレイヤーを満足させる」ことに成功しました。

しかし、新型コロナウイルスCOVID-19のパンデミックにより、特に旅行や交通機関の制限、小売店の閉鎖などにより、ビジネスに困難が生じたことも認めています。

これらの挫折にもかかわらず、Nソフトはポーランド、クロアチア、ベルギー、ドイツ、ルーマニア、セルビア・モンテネグロなどの地域で端末を提供することができました。メーカーであるSTARKソリューション社がポートフォリオに加わったことで、ベッティングターミナルの運営はさらに強化された。の最終決定により、プラニック社はさらに強化されました。

プラニック社は、第1四半期のアップデートを次のように締めくくっています。「当社は、プレイテック社、iソフトベット社、エブリ・マトリクス社、ブルー・オーシャン・ゲーミング社、オリックス社など、他のプラットフォームプロバイダーとの協力に投資してきました。

当社のビジネスの成長とチームの士気が私たちを前進させ続けています。現在、20名の新入社員の入社手続きが完了しており、数日後にはさらに13名がチームに加わる予定です。新しい人たちは常に新しいアイデアとエネルギーをもたらしてくれます。ユーロ2020でのエキサイティングな夏を楽しみにしています。」

ブックメーカーカテゴリの最新記事