チームレース・長距離用ゴールドシップ育成ガイド!チーム戦で使える子を育成する参考に!

チームレース・長距離用ゴールドシップ育成ガイド!チーム戦で使える子を育成する参考に!

今月のテーマは「チームレーシング」。ゴールドシップの長距離トレーニングをご紹介します。どの馬娘から始めるか迷いましたが、ゴールドシップは初期の馬娘で、すぐにトレーニングを始められるので、彼女から始めることにしました。それなりにお金を払って購入した自分のデータを使っているので、サポートや凸のレベルは少し高めですが、トレーニング自体はお金を払っていない人でもほとんど変わらないので、参考になればと思います。

例として、ステータスバランスの目安として、私の過去の選手の写真をお見せします。ゴルシの場合、スピスタとして育成するパターンと、スタ・パワーとして育成するパターンがあります。また、資産が不十分な無課金プレイヤーであっても、育成の主旨は変わらず、ステータスがここまで達していなくても、チーム戦で使える子を育成するのは参考になるはずです。

覚醒Lv.3のレアスキルが便利

覚醒Lv.3の「視界良好! 異常なし!」は、習得に必要なスキルポイントが低いので、チームレースでのポイント稼ぎに便利です。私は最近Lv.3にアップグレードしたばかりですが、マニーが足りている方にはおすすめです。

常に「追いかける」戦略をとる

固有スキルが非常に優秀で、「追いかける」戦略と相性が良いです。
そのため、戦略を変える必要はありません。

サポートフォーメーション

スピード4&スタミナ2、スピード3&スタミナ2&知恵or味方1がおすすめです。この記事ではスピ・スタのサポートを推奨していますが、人によってはスタ・パワーのサポートの方が多いと思いますので、その場合はスピ1&スタ3&パワー2でも良いと思います。

友人から借りたいのは、両者に共通する完凸のスーパークリークです。これを借りられるかどうかで、スタミナの伸びが大きく変わるので、できれば借りる場所にはこだわりたいところです。また、スタミナタイプの馬を育てたい場合は、ウオッカが候補になります。どうしても見つからない場合は、キタサンブラックやニシノフラワー、タズナスルカワなど、性能の高い完全サポートを借りてみてはいかがでしょうか。

資産が少ない人におすすめのサポート

資産が少ない人におすすめの、おすすめサポートを以下にご紹介いたします。

スピード

〇ナリタタイシン
追撃が得意なSRサポートで、まさにゴルファーを育てるのに必要なサポートです。

〇スイープトウショウ
高いトレーニング効果と「愛嬌」。追いかけっこのスキルも持っています。

〇エイシンフラッシュ
追撃スキルとは噛み合わないが、イベントを含めて優秀な性能を持つSRであり、候補に入れておきたい。

スタミナ

〇メジロマックイーン
SSRではありますが、サークルポイントで入手可能なので、サークル内でシューズを配って集めましょう。レアスキル「クールダウン」は、長距離走の耐久力回復スキルとして役立ちます。

〇マンハッタンカフェ
優れたボーナスと長距離スキルを持つSRであるマンハッタンカフェは、今回のような長距離トレーニングに最適です。

パワー

〇ヒシアマゾン
追い込み専用のスキルを複数持つSRで、今回のような追い込み馬の育成には欠かせないSRです。

〇ビワハヤヒデ
ボーナス値が高く、育成効率の良いSRです。他の距離の馬を調教する際には役に立たない長距離スキルが、今回のレースでは役に立ちます。

継承する要素としてスピードを使いたい

ゴールドシップはスタミナとパワーに優れていますが、スピードにはボーナスがありませんので、スピードの要素で補ってあげると良いでしょう。特に、スタミナとパワーに優れた馬の場合は、スピードファクターをできるだけ高くすることで、必要な調教回数を減らすことができるのでおすすめです。

ジュニアグレードからクラシックグレードへの方針

レースの初期段階では、できるだけ早く友好調教ができるように、トレーナーとの絆を深めることに重点を置いて選択します。絆がある程度深まってきたら、スピード、スタミナ、賢さ以外のスピスタをほとんど選ばないようにします。この中ではスピードが一番条件が高いのですが、あまり成長しないので、トレーニングレベルを上げることを優先しましょう。編成に賢いサポーターがいない場合は、スピードやスタミナの友情トレーニングをする時間がないときに、賢いサポーターを選ぶといいでしょう。

スタミナパワータイプもスタミナパワーを優先していますが、最低限のスピードを補うためにスピードトレーニングを選択したいところです。スピードの目安としては、レース終了時に最低でもC、できればC+~Bが欲しいところです。

レースのローテーションとしては、ファンの多い日本ダービーやジャパンカップにできるだけ多く出たいものです。宝塚記念を連勝すると隠しイベントが発生しますが、ネガティブスキル「ゲート難易度」をランダムに覚えるので、無理に狙う必要はありません。仮にランダムベットに成功しても、「お守り」を覚えるだけなので、その時点ではあまり意味がありません。

シニア向けの方針

余裕があれば、大阪杯やジャパンカップに行ってスキルptを集めましょう。目標は両方のスピスタをA以上、できればA+にすること。余裕があれば、大阪杯でスキルポイントを集めに行くのもいいでしょう。スタメンであれば、スピードはC+~B、スタメンはA以上、できればA+以上が望ましいです。

また、長距離レース用なので、スタミナは最低でもA、持久力回復のレアスキルはできるだけ1つ欲しいところです。スーパークリークを借りれば「アークのマエストロ」を習得できますので、イベントをクリアする場合は必ず習得しておきましょう。また、スキルptに余裕があれば、他の耐久回復スキルも習得しておきましょう。

海外競馬カテゴリの最新記事