クイーンズランド州政府が2番目のゴールドコーストカジノの計画を断念!

クイーンズランド州政府が2番目のゴールドコーストカジノの計画を断念!

オーストラリアのクイーンズランド州政府は、投資家の意欲が低いことを理由に、クイーンズランド州で2つ目のカジノライセンスを授与する計画を断念しました。

また、現在、クイーンズランド州で唯一のカジノライセンスを保有しているスターエンターテイメントグループとの間で、クイーンズランド州におけるカジノゲームの独占的実施権の付与に関する交渉を終了しました。

これにより、スターエンターテイメント社が観光業に22億豪ドル以上を投資する見返りとして、他の事業者がクイーンズランド州のカジノ市場に参入することを30年間防ぐことができます。

クイーンズランド州のケイト・ジョーンズ開発大臣は、「テーブルの上の取引は、納税者にとって積み重ならない」と説明しました。

このような交渉の失敗にもかかわらず、ジョーンズ大臣は、現政府はゴールドコーストに2つ目の統合型リゾートを建設するための入札プロセスを開始しないと付け加えました。

「私が確認できるのは、現政府がゴールドコーストに第2のカジノを含む新しい統合型リゾートを建設するための市場プロセスを再開するつもりはないということです」とジョーンズ大臣は説明しました。

スター エンターテイメント社は、2つの競合施設を受け入れるだけの市場規模がないと主張し、以前はこのプロジェクトに反対していました。しかし、独占権が保証されていないにもかかわらず、同オペレーターは州内、特にゴールドコーストに多額の投資を続けていくと述べています。

22億ドルの「マスタープラン」により、9,000人の建設関連の雇用と2,800人の運営関連の雇用が創出され、さらに650室のホテルと2,000戸の高級フラットのオープンが予定されています。

ジョン・オニール会長は、クイーンズランド州南東部の観光業を「活性化」させるために、事業者は総額約45億ドルを投資すると述べました。

オニール氏は、「クイーンズワーフ・ブリスベンへの投資と、ゴールドコーストへの投資(スター・グランド・ホテルの改装、ダーリング・ホテルの開業、ドーセット・ホテル&アパートメント・タワーの建設)は、世界クラスの観光・エンターテイメント・デスティネーションを創造するものです。 これは、世界クラスの観光・エンターテイメント・デスティネーションを創造するという我々のコミットメントの証明です。これにより、毎年100万人以上の観光客がクイーンズランド州を訪れることになります」とオニール氏は語りました。

この計画では、政府は20億ドル以上を投資し、数千人の雇用を含む、より大きな経済効果をクイーンズランド州にもたらします。

関連ニュースとして、ニューサウスウェールズ州(NSW)にある運営会社のスターシドニー施設の常連客が、新型コロナウイルス(Covid-19)の陽性反応を示しました。当該人物は、2020年7月4日の19時30分頃から22時30分頃までの間に同施設を訪れました。

同宿泊施設は現在、州の保健局であるNSWヘルスと緊密に連携し、他の訪問者やスタッフの連絡先を追跡しています。

同氏は、2020年6月1日の施設再開時に初めて発表された「コーヴィット・セーフプラン」は、新型コロナウイルスCovid-19の拡散を阻止するための対策を定めたもので、独立した2人の健康専門家によって開発・承認されたものであると述べています。当初はロイヤリティプログラムのメンバーのみを対象としていましたが、2020年6月19日には900名、2020年7月1日には5,000名に拡大しました。

これには、毎日午前6時から午前10時までの包括的な日常清掃や、衛生・消毒の強化など、社会的な距離感を示す指標が含まれています。

オンラインカジノカテゴリの最新記事