エンラボはSEK150mにグローバル・ゲーミングの買収を提案!

エンラボはSEK150mにグローバル・ゲーミングの買収を提案!

バルチック・ゲーミング企業であるエンラボ社は、グローバル・ゲーミング社の残りの全株式を取得する提案を出しました。この買収により、グローバル・ゲーミングの価値は450百万ポンド(39.8百万ポンド/43.2百万ユーロ/50.6百万ドル)となります。

譲れない提案では、グローバル社の株主は、忍者カジノ運営会社の株式を現金11クローネとエンラボ社の株式0.36株と交換する機会が与えられます。また、現金50%とEnlabs社の株式50%を受け取ることになります。

これは、エンライタブス社が8月に全世界での株式保有率を54.06%に高め、強制的な買収提案を行わなければならない基準に達したことを受けて、買収を意図したものです。

その後、エンラボ社は、同社の株式を2,730万株(66.70%)まで増やしています。

エンラボ社によると、まだ保有していない1,360万株に対するオファーの総額は約1億5,000万クローネで、グローバル社の全発行済み株式資本を4億5,000万クローネと評価しています。本オファーに関連して、エンラボ社の株式490万株を上限に発行する可能性があります。

現金対価は、エンラボ社が買収基準を満たす前の最終取引日である8月26日のグローバルの終値に対して約15%のプレミアムを含んでいます。また、オファーの前日である9月21日の全世界の終値に対しても1%のプレミアムを含んでいます。

エンラボ社は、今回の買収の理由について、「グローバル社は、フィンランドとエストニアで強固な地位を築いています。今回の買収は、後者の強固なポジションを補完し、前者の成長をサポートすることを意味しています。

さらに、エンラボは、グローバルゲーミングブランドを、エンラボの現在の主要市場であるエストニア、ラトビア、リトアニアに加えて、エンラボもグローバル・ゲーミングも現在活動していない一部の地域市場にも拡大できると考えています。 ウクライナなどの潜在的な成長市場もそうです」と述べています。

“さらに、エンラボは、自社ブランドの地理的拡大をさらに可能にするため、グローバル・ゲーミング社の買収の可能性を積極的に検討しています。

また、エンラボ社は、重複するスタッフ機能を削減し、IT、マーキング、コンプライアンスに関する専門知識を共有することで、スケールメリットとコスト削減を実現することができます。その効果は、最終的に年間500万ユーロに達する可能性があります。

さらに、拡大した事業では、より大規模で難易度の高いプロジェクトを受注することが可能となり、事業の拡大と新たな従業員の獲得につながります。

入札後、世界の株主は10月5日から11月2日までにエンラボの提案を受け入れるかどうかを決定します。

ただし、同社の会長であるニクラス・ブラセン氏は、エンラボ社の取締役会の会長を兼務しているため、エンラボ社の提案には参加できません。そのため、同氏はグローバル社取締役会による提案の処理や入札に関する意思決定に参加することができません。このため、グローバル社は、取締役のヨナス・バーティルソン氏を委員長とし、クリスチャン・ラスムッセン氏、マイケル・ニクラソン氏、アルネ・レイネモ氏を代表とする独立した入札委員会を設置し、本公開買付けを実施します。

なお、トビアス・フェイガーランド氏が本日(9月22日)辞任に同意したため、ラスムセン氏がグローバル・ゲーミング社のCEO代理を務めます。

ブラテン氏の役割に起因する潜在的な利益相反も、プロセスが公正であるという独立した専門家からの意見を取得し、公表することをグローバル社に要求しています。その結果、KPMGコーポレート・ファイナンスおよびマンゴールド・フォンド委員会は、オファーを通じたグローバル社の評価について、それぞれ独立した声明を発表します。

各委員会は、最終的には、受け入れ期間終了の2週間前までに、オファーに関する声明を発表します。これにより、株主の皆様には、10月19日までにオファーを取り下げるべきかどうかの推奨をしていただくことになります。

11月2日に承認期間が終了すると、その1日後にエンラボス社は結果を発表します。株式がグローバルな資本金の90%以上に増加した場合、この事業はNASDAQファースト・ノースの取引所から除外されます。

その後、11月6日までにオファーの対価となる現金が支払われ、12月1日までにエンラボ社の新株が発行される予定です。事業者には、受付期間を延長し、株式の発行および対価の支払い期限を延期する余地があります。

エンラボ社の株価は、9月22日(火)の朝、スウェーデンで1.23%減の32.20クローネとなり、過去1年間で56.31%の上昇となりました。一方、グローバル・ゲーミング555社の株価は、ストックホルムで1.02%上昇して11.02クローネとなり、過去12ヶ月間で64.23%上昇しています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事