ATGとキンドレッドどちらもゲーミング・インスペクターによって預金キャップの抜け穴に罰金を科された

ATGとキンドレッドどちらもゲーミング・インスペクターによって預金キャップの抜け穴に罰金を科された

スウェーデンのゲーミング委員会は、キンドレッドブランドのスプーニカーと旧競馬専売会社のABトロット・アンド・ギャロップ(ATG)の両社に対し、国内で物議を醸している入金制限を回避できる抜け道を見つけたとして、100万スウェーデン・クローナの罰金を科しました。両社には100万スウェーデン・クローナの罰金が科せられました。両社にはいずれも罰金が科せられています。

両制裁は、新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックを受けて実施されたオンラインカジノの入金限度額である5,000スウェーデンクローナ(439ポンド/488ユーロ/591ドル)を事業者が遵守しているかどうかを確認するために、2020年7月に実施された検査の結果です。

両社は、この規則をどのように遵守しているか説明を求められ、スウェーデンの法律で定められているとおり、すべてのプレイヤーに入金限度額を設定していると答えました。5,000クローネ以上の限度額を設定したプレイヤーは、事業者のベッティングサービスのみを利用することができました。彼らは、事業者のベッティングサービスの利用のみが認められていました。

しかし、ゲーミング・インスペクター社は、プレイヤーが5,000クローネ以上のオンラインカジノゲームをプレイするには、単純に限度額を設定し、より大きな金額を入金してから限度額を下げることができると指摘しています。

ATG社は、100人未満のプレイヤーのサイトへの入金限度額を引き上げ、より多くの金額を入金してから再度限度額を引き下げ、ギャンブル問題の兆候が見られるプレイヤーには連絡を取るとしています。さらに、問題を抱えていることを示唆するような方法で限度額の変更を繰り返す者は、プレイできないようにブロックするとしています。

また、両事業者は、この規則はオンラインカジノプレイヤーに設定しなければならない入金限度額に関するものであり、プレイヤーの口座に現在ある入金額の大きさには関係ないとし、規則の実施は公正であると主張しました。

ATGは、「ゲーミング・インスペクターのような方法で規則を適用することは、合法性の原則に反する」と述べています。ATGは、この文言と政府の覚書に従って規則を実施しました。

しかし、ゲーミング・インスペクター社は、事業者が「限度額を超えないようにしなければならない」とする法律の一節を指摘しました。ライセンシーは、プレイヤーが毎週5,000クローネ以上のデポジットをオンラインカジノゲームに使用しないようにしなければならないとしています。

プレーヤーが、ゲームに使用されると偽って資金を最初に投入し、その後、入金した資金をオンラインゲームに使用できるようにするなど、週に5,000クローネ以上をオンラインゲームに追加できることが判明した場合、ライセンシーは、プレーヤーが週に5,000クローネ以上をオンラインカジノゲームに追加しないようにしなければなりません。週に5,000クローネ以上をオンラインカジノゲームに使用する場合、ライセンシーは、プレイヤーが週に5,000クローネ以上をオンラインカジノゲームに使用しないようにしなければなりません。この場合、ライセンシーは暫定規制に則って行動しているとはみなされません」と述べています。

さらに、プレイヤーはこの抜け道を利用して、週に50,000クローネまでの新規入金をオンラインカジノゲームに費やすことができると述べています。

ATG社が上記のような方法で入金制限を回避した多数のプレイヤーを停止することを選択したことは、スウェーデンゲーミングインスペクターの評価を変えるものではなく、ATG社が選択した入金制限の管理方法のイメージを強めるものである。と付け加えています。

ゲーミング・インスペクターは、今回の規制違反は、深刻なもの(ライセンスの取り消しにつながる可能性がある)や些細なものに分類できないと判断し、罰金を課すことにしました。

この決定は、2社に対し、直ちに抜け道を閉鎖し、2020年12月9日の判決発表から3週間後から、抜け道が残っている週ごとに100万クローネの罰金を支払うよう命じました。

罰金額は売上高と違反の重さに応じて決定されますが、両事業者の売上高が同程度であると判断されたため、罰金額は同額となりました。

保証金の上限は7月に導入され、今年末までとされていましたが、2021年6月まで延長される見込みです。当初、この上限はすべてのオンラインゲームに適用されることになっていましたが、ATGが異議を唱えました。そのため、代わりにオンラインカジノ専用となることが確実となりました。この変更以降、ATGはおおむね上限を支持していますが、オンライン・スペリング・オペレーターの協会であるブランシェフォレンゲン(BOS)をはじめとする多くの団体が反対の声を上げています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事