ギャンブルアウェアは、女性のBAMEギャンブルの害を調査する提案を求めています

ギャンブルアウェアは、女性のBAMEギャンブルの害を調査する提案を求めています

独立した慈善団体であるギャンブルアウェアは、社会的に疎外されたコミュニティ、特に女性やマイノリティのコミュニティにおけるギャンブル依存症の影響を調査する2つの研究プログラムの提案を募集しています。
ギャンブル依存症の影響を徹底的に調査して対策していくことで、現在ギャンブル依存症に苦しんでいる方への手助けにしよう用という考えです。

ギャンブルアウェアは、それぞれのプログラムに25万ポンドの資金を提供することも公表しています。
具体的に資金提供を公表することで、より高いギャンブル依存症の改善へとみちびいていこうという考えです。

ギャンブルアウェアは声明の中で、イギリスでは、ギャンブルとマイノリティコミュニティや女性の生活体験に関する研究は限られていると語っています。
ギャンブル依存症への研究は様々行われていますが、マイノリティコミュニティや女性の生活体験に関する研究は非常に少ない傾向があります。
あまり目を向けてもらうことはなかった、重要な問題といえます。

しかし、既存の証拠は、ギャンブルによる害の負担がマイノリティコミュニティでは高く、これらのコミュニティは白人コミュニティに比べて専門的なギャンブルサービスを受けにくいことを示唆しているとも述べています。

しかし、既存の証拠は、ギャンブルによる害の負担は少数民族のコミュニティで高く、これらのコミュニティは白人コミュニティに比べてギャンブル専門サービスを利用する可能性が低いことを示唆しているとのことです。
また、ギャンブル依存症に参加する女性の割合が男性よりも急速に増加しているという証拠もありといわれています。
しかし、その理由は明らかではないとも言われています。

2020年、第1回目の「治療ニーズとギャップ分析」レポートでは、ギャンブル依存症の治療やサポートを受けられない理由として、現実的な障害を挙げる女性が男性の3倍もいることがわかりました。
声を挙げたくても挙げられない女性が、想像以上に多いということです。

また、「治療ニーズとギャップ分析」レポートでは、黒人、アジア人、少数民族(BAME)のコミュニティに属する人々は、ギャンブル依存症の問題を抱えている可能性は低いものの、ギャンブル依存症の分類では高い割合を占めていることがわかりました。

この報告書の結果を受けて、ギャンブルアウェアは英国当局に対して、女性、若者、BAMEコミュニティの人々、社会経済的背景の低い人々に特に注意を払いながら、問題のあるギャンブラーに提供されるサポートを増やすことを求めています。
この対策は、かなり効果的なギャンブル依存症対策といえるでしょう。

ギャンブルアウェアは、研究プログラムを形成するために、学者や研究機関を含む学際的なチームの入札を募集しています。
具体的な対応により、ギャンブル依存症を徹底的に改善させるのが狙いです。
このプログラムで得られた結果は、ギャンブルアウェア社の委託事業に影響を与えることになります。

今回のニュースは、デジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)によるギャンブル法の見直しに向けたギャンブルアウェアの提出物の発表に続くものです。この提出書類では、ギャンブル依存症の害に関する研究、教育、治療(RET)に資金を提供するための義務的な賦課金を求めています。

女性のギャンブルの害を徹底的に調査していくことで、ギャンブル依存症になっても手厚い対応ができるようになっていくでしょう。
また、ギャンブル依存症が減っていくことで、ギャンブルが健全で楽しいものと位置付けていくこともできるでしょう。

ブックメーカーカテゴリの最新記事