ドイツはギャンブル体制を確保しているが利害関係者は根本的な変化を要求している 

ドイツはギャンブル体制を確保しているが利害関係者は根本的な変化を要求している 

スウェーデンのサッカー選手、ズラタン・イブラヒモビッチは、マルタに拠点を置く運営会社ベットハードとの継続的なパートナーシップにより、3年間スポーツから追放される可能性があるとされています。

ACミランのスウェーデンのアウトレットであるアフトンブラデットによると、ストライカーの会社はオンラインスポーツの第4位の投資家であり、2019年の税引き前利益は2576万ポンド(税引き後)と報告されており、これは総シェア10%に相当します。

イブラヒモビッチは、2018年3月にベットハード社のグローバル・ブランド・アンバサダーの地位を確保しましたが、これがイギリス内で物議をかもしました。そのため、サッカー協会(FA)による公式調査が行われました。

FAの規則では、現役選手がいかなる形でも賭け業者を宣伝したり、相談に乗ったり、関わったりすることを禁じています。それにより、当時のマンチェスター・ユナイテッドのストライカーと同社との関係を調査することになったのです。

ベットハードに就任した当時、イブラヒモビッチは、「ベットハードには何か違うものがあった。ベットハードには何か違うものがあった。それはスウェーデンにルーツを持つ会社で、創業者は私の故郷の出身であり、彼らは本当に何か違うことをしたいと思っている真の挑戦者なのだ」。と語りました。

アフトンブラデットが報じたように、ベットハード社とのパートナーシップは、イブラヒモビッチの母国であるスウェーデンでは批判の対象となっていました。そのため、スウェーデンサッカー協会(SvFF)は約3年間、この状況を監視してきました。

また、ベットハード社との国際的なパートナーシップは、イブラヒモビッチの参加が期待されていた2019年ロシア・ワールドカップの代表チームを欠席した理由としても注目されています。

SFAの事務局長であるハカン・ショストランド氏は、2018年に次のように述べています。 「FIFAの規則と倫理規定によれば、選手は直接または間接的にギャンブル会社の株式を所有することはできません。私は事実に忠実に、ワールドカップに参加するすべての国と選手に適用されることを説明することしかできません。」と述べています。

イブラヒモビッチは、2020年のヨーロッパリーグ予選のシャムロックローバーズ戦や、先月のワールドカップ予選のグルジア戦(スウェーデン)にも出場しています。

これらの行為は、スポーツの健全性に関するFIFAおよびUEFAの規則に違反している可能性があります。これらの規則により、賭博会社と金銭的利害関係のある選手の国際大会への参加が禁止となりました。

この規則に違反した場合、罰金および最大3年間のサッカー関連活動の停止が課せられます。

近づいてきたデイリー・メールに対して、ベットハード社のCEOであるエリック・シャープ氏は、「これらはFIFAに問われるべき問題です」とコメントしています。我々はズラタンとの契約を尊重しており、何か問題が発生した場合には一緒に対処していきます」と述べています。

一方、SFAのスジョストランド氏は、2021年の現状についてはコメントしませんでした。しかし、次のように述べています。「我々はまだ初期段階にあります。しかし率直に言って、FIFAの規定をどのように解釈すべきかについては曖昧な部分が多いので、もちろんFIFAの規定の明確化を求め続けています。」と、語りました。

ドイツは、ギャンブル体制を確保しています。しかしk、利害関係者は根本的な変化を要求しています。
今後、FIFAの規定の明確化など、様々な部分の改定が求められるということになっていくでしょう。

ブックメーカーカテゴリの最新記事