GVCは全てのコア市場で急速に回復した後に2020年の予測を引き上げる!

GVCは全てのコア市場で急速に回復した後に2020年の予測を引き上げる!

GVCホールディングスは、オンラインゲームが引き続きオペレーターの業績を牽引していることから、通年の収益は従来の予想を上回る5,000万ポンドになると大きな利益の予想をしています。

GVCは、2020年7月1日から9月30日までの第3四半期のトレーディング・アップデートを発表し、「19四半期連続で二桁のオンライン成長」と「オンライン・ネット・ゲーミングの総収入が26%増加」すると予測しています。
新型コロナウイルスの影響によりオンラインゲームは業績を上げており、収入増が期待できるという考えです。

また、GVCは、世界中でスポーツのライブ中継が復活したことで、オンラインスポーツベッティングが「新型コロナウイルスCOVID以前の水準をはるかに超えている」と述べています。

GVCのCEOであるシェイ・シゲブは次のようにコメントしています。「我々は、この結果を大変嬉しく思います。当社は19四半期連続で二桁のオンライン成長を達成し、すべての主要地域で市場シェアを獲得しました。

グループ全体に見られるこの勢いは、高度に多様化したビジネスモデルの回復力、ブランドや商品の魅力、独自の技術プラットフォームの力、そしてチームの努力と献身を証明するものです。それは、世界を意味するものです。

この点について、GVCは、英国および欧州の小売施設は「セルフサービスのベッティング端末での大量の取引に支えられている」とし、新型コロナウイルスCOVID導入前の水準から「10%以内」であると述べています。

欧州の小売部門は、「イタリアの好調」が牽引して2%の成長が見込まれていますが、GVCによれば、これは「ベルギーとアイルランド共和国の回復の遅れによって相殺された」とのことです。

その結果、GVC は EBITDA のガイダンスを引き上げ、7 億 7,000 万ポンドから 7 億 9,000 万ポンドの範囲の数字を生み出すことを期待しています。

GVC は、イベリア半島でのプレゼンスを拡大するために、ポルトガルの運営会社 ベット.pt を買収することを決定しました。これは、「2023年までに2倍以上の約4億5000万ユーロになると予想されている市場の成長を利用する」ためということです。

GVCによれば、この買収は、規制や制限のある新規市場への拡大という戦略に沿ったものであり、GVC社の国際的な成長の野望を後押しするものです。

長期的には、GVCは「米国での市場リーダーシップ」を最優先事項と考えており、ベットMGMジョイントベンチャーへのリソースと投資を引き続き拡大していく考えです。

GVCは、MGMリゾーツ社と協力して、ベットMGM社が活動している8つの州で、スポーツベッティングおよびゲーミング市場をリードしていくと述べています。年末の契約締結までに、さらに3つのスポーツブックが立ち上げられる予定となっています。

セゲブ氏はこう締めくくります。「アメリカでは、新しい州を探しています。米国では、新しい州に進出し、パートナーの顧客提案とさらに統合し、革新的な製品や機能を提供することで、ベットMGMは力強く発展していくことを期待しています。ライブ市場全体の約17%の市場シェアを持つ当社は、米国でのリーディング・オペレーターになるために大きく前進しています。

2020年10月発表するベット.ptの買収は、当社の国際的な成長の野望を支援するために、規制または管理されている新市場に進出するという当社の戦略と一致しています」と述べています。

「新型コロナウイルスCOVID-19の結果として、今後もさらなる規制のリスクがあるとも割れます。短期的な見通しについては慎重な姿勢を崩していません。しかし、長期的には当社のすべてのステークホルダーに持続的な成長をもたらし続けることができると確信しています。」と、セゲブ氏は語っています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事