規制市場に焦点を当てることで第1四半期のキンドレッドの成長が促進!

規制市場に焦点を当てることで第1四半期のキンドレッドの成長が促進!

キンドレッド・グループPlcは、欧州の規制市場に注力していることに加え、好調なスポーツカレンダーが戻ってきたことで、2021年第1四半期のオペレーターの成長を後押ししました。

キンドレッドは、3月31日に終了した3ヶ月間の業績を発表し、EBITDAが前年同期の3250万ポンドから9760万ポンドへと急増したことを報告しました。オペレーター・グループは、事業に強い勢いがあり、「スケーラビリティ」に引き続き注力したことが要因であると考えています。

2021年四半期の税引後利益は、2020年第1四半期に報告された100万ポンドに対し、7,260万ポンドとなり、COVID-19のためのグループ全体の初期調整と比較して、やや大幅な増加となりました。

キンドレッドは、「オフラインからオンラインへの継続的な移行」の恩恵を受けて、アクティブな顧客数が1,531,302人から1,818,759人へと19%増加したと説明しています。

キンドレッドグループのCEOであるヘンリック・ヤーンストームは、「この結果を大変うれしく思います。

2020年は、過去最高のアクティブカスタマー数を記録して終了しました。この軌道が2021年の第1四半期まで継続し、180万人以上の新規アクティブカスタマーを獲得できたことを喜ばしく思います。これは、今後のエキサイティングなスポーツの年に向けて、特に心強いことです。」

2021年1月から3月にかけて、グループの総獲得収益は41%増の3億5,260万ポンド、粗利益は2020年の1億4,070万ポンドから49.47%増の2億1,030万ポンドとなりました。

キンドレッドのスポーツブック部門は、2020年の第1四半期と比較して30%増加しましたが、これは忙しいスポーツカレンダーと試合の間隔が原因です。これは、ベットのカニバリゼーションが少ないことを示しています。

ヨーロッパ市場は、キンドレッド社の主要な焦点として取り上げられました。西ヨーロッパの収益は、2020年第1四半期の1億5290万ポンドから58%増の2億4090万ポンドとなりました。

オペレーターによると、イギリス、ベルギー、フランス、オランダなどの主要市場は、スポーツベッティングのマージンが弱いにもかかわらず、いずれも好調だったとのことです。

英国、ベルギー、フランス、オランダなどの主要市場は、スポーツベッティングのマージンが弱いにもかかわらず、すべて好調に推移していると事業者は述べています。

英国の業績は、「非常に好調な2020年の結果」に基づいており、その結果、2021年の第1四半期には「賞金額が2020年の比較可能な四半期と比較して2倍以上」となり、「記録的な収益」となりました。

北欧諸国は、1%増の6,780万ポンドを記録しました。カジノの収益は、入金制限やボーナス提供のさらなる制限など、スウェーデン政府のCOVID-19措置への対応を続けたため、減少しました。これは、アクティブなカジノ顧客数が増加し、ユーザー1人当たりの平均収入が減少したためです。

中央・東・南ヨーロッパは、2020年第1四半期の2,180万ポンドから33%増の2,900万ポンドとなりました。ルーマニアでは、ユニベットとヴラドカジーノのブランドを運営するキキンドレッドが最大の貢献者となりました。その他の国」セグメントは、91%増の1,490万ポンドの収益で年度を終えました。

ヤーンストームは、次のように述べています。「私たちは、この結果にとても満足しています。」ヤーンストームは続けて次のように述べました。「地元の規制された市場での持続的な成長に注力してきた結果、キンドレッド社は、成熟した競争の激しい市場であるにもかかわらず、英国を含む多くの市場でシェアを拡大しました。

米国では、長期的な投資が引き続き功を奏し、賞金額が前年同期比185%増となりました。

史上最大のベッティングイベントの一つであるUEFAユーロ2020に向けた今後の数ヶ月間は非常にエキサイティングなものとなり、チームはその準備に追われることになるでしょう。

キンドレッドチームは、主要なイベントの際に、安全でエキサイティングな、記憶に残るカスタマーエクスペリエンスを提供することに常に成功してきました。今年のイベントも例外ではないと確信しています」と述べています。

レグルス・パートナーズ社の業績分析は、次の通りです。サッカーのユーロトーナメントがプレミアムスポーツコンテンツのない2ヶ月間に代わることを考えると、第2四半期は非常に好調で、ゲームのランレートは202年のこの時期に比べて約20%高くなる可能性があります。ただし、ゲームのランレートは2020年の同時期に比べて20%以上高くなっています。それ以降は、コンプを得るのが難しくなります。

キンドレッドは、各国の規制、特にフランスやベルギーなどの閉鎖的な市場に対応できている数少ない.comビジネスの1つです。米国は「特殊な状況」であり、キンドレッド社は明らかに北西ヨーロッパのコア以外の長期的な成長市場に対する現在のエクスポージャーが非常に低い。成熟していない市場に有機的に、あるいはM&Aによってうまく入り込むことができるかどうかで、キンドレッド社が自社の市場の成熟度プロファイルにどれだけ追いつけるかが決まります。

ブックメーカーカテゴリの最新記事