すべてのベッティングブランドをPPBプラットフォームに移行するためのフラッター

すべてのベッティングブランドをPPBプラットフォームに移行するためのフラッター

フィンランドのギャンブル企業であるヴェッキカウズ社は、小売店のスロットマシンへの本人確認の義務化の導入を進めるよう同国政府に要請しました。

フィンランドのギャンブル企業であるヴェッキカウズ社は、小売店のスロットマシンへの本人確認の義務化の導入を進めるよう、同国政府に要請しました。

改正されたフィンランド宝くじ法によると、小売店での本人確認は2023年から義務化されますが、ヴェッキカウズ社は来年の初めから義務化するように法律を改正するよう求めています。

ヴェッキカウズ社は先月、未成年者のギャンブルを取り締まる取り組みの一環として、2021年1月から同社のアーケードゲーム「フィールベガス」と「ペラモ」にこの措置を導入すると発表しました。

ヴェッキカウズ社のチャネルセールス担当上級副社長であるジャリヘイノ氏は、「私たちは、ゲームの制御に問題を抱えている方にも配慮したゲーム環境を作りたいと考えています。私たちは、お客様がゲームをより簡単にコントロールできるように、常に新しいソリューションを設計しています。

強制認証は、この点で多くの新しい機会を提供してくれます。私たちは、これらの機会の実現に向けて取り組んでおり、さらに発展させていきます」と述べています。

また、ヴェッキカウズ氏は、オンラインゲームにおける現行の最大損失額の上限を小売店のスロットマシンにも拡大することを求め、ヘイノ氏はこれを来年6月末から実施するべきだと述べました。

オンラインゲームのプレイヤーは、1日に1,000ユーロ、1ヶ月に2,000ユーロ以上の損失を出すことはできませんが、コロナウイルス(Covid-19)の新たなパンデミックが発生した場合にプレイヤーを保護するため、4月にフィンランド内務省によってこの上限が一時的に引き下げられました。しかし、4月にフィンランド内務省によって、コロナウイルス(Covid-19)の新たなパンデミックが発生した場合にプレイヤーを保護するために、この限度額が一時的に引き下げられました。これらの制限は、コロナウイルス(Covid-19)の新たなパンデミックに備えてプレイヤーを保護するために、4月にフィンランド内務省によって一時的に引き下げられました。

2020年の9月末までは、毎月の損失限度額は500ユーロに引き下げられましたが、プレイヤー一人当たりの一日の損失限度額も500ユーロに設定されています。このルールは、オンラインスロット、ビンゴ、インスタントウィンゲーム、テーブルゲームに適用されますが、ポーカーは例外です。

この改革により、マネーロンダリングや未成年者のゲームをこれまで以上に防ぐことができます」とヘイノ氏は述べています。

また、ヴェッキカウズ社は、ギャンブル依存症対策として、当初の予定よりも多くのスロットマシンを小売店のネットワークから撤退させるなど、他にもさまざまな施策を発表しています。

ヴェッキカウズ社は、2020年末までに3,500台のスロットマシンをオフラインにすることを計画していましたが、今回、この数を8,000台に増やしました。これにより、2020年1月と比較して、2021年初めまでに小売店のスロットネットワーク全体が40%削減されることになります。

今週初め、ヴェッキカウズ社は、国内のギャンブル依存症がわずかに減少していることを示す新たな調査結果を発表しました。エコノミック・リサーチ社が実施した調査では、人口の約2.3%(約95,000人)がギャンブル依存症に苦しんでいると推定されています。

ヴェッキカウズ社は、先週、2020年に利益が3億ユーロも減少する可能性があることを明らかにしたにもかかわらず、新たなプレイヤー保護策を導入し、スロットネットワークを縮小することで、ギャンブル依存症への取り組みを続けていると述べています。

独占レポートによると、上半期の総収入は前年同期比で28.1%減、利益は33.6%減と推定されています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事