変革的な2020年フラッターの収益が44億ポンドに達すると予想!

変革的な2020年フラッターの収益が44億ポンドに達すると予想!

フラッター・エンタテインメントの収益は、運営会社がザ・スターグループの買収を完了し、ファンデュエルの少数株主持分を取得したことで、2020年に前年比で2倍以上に増加しました。

ポーカースター、スカイベッティング& ゲーミング、フォックス・ベットなどのブランドがポートフォリオに加わったことで、収益は前年比105.5%の44億ポンドとなり、事業者の最高経営責任者であるピーター・ジャクソン氏によると、事業者にとって「歴史的」な年となりました。事業者の最高経営責任者であるピーター・ジャクソンは、「事業者にとって “歴史的 “な年でした。

これは、合併が完了した5月5日以降のスターグループの貢献を反映したものです。

プロフォーマベースでは、2020年暦年全体のスターグループの貢献度を考慮し、スターグループの収益を前年比で考えると、収益は27.0%増の52億6,000万ポンドとなりました。

同様の収益内訳では、フラッター社のスポーツブック事業の収益が63.5%増の27.3億ポンド、ゲーミング事業の収益が253.7%増の16.7億ポンドとなりました。スカイベッティング &ゲーミング、ポーカースター、オーストラリア、米国からの収益は、前年同期比で大幅に増加しました。スカイベッティング&ゲーミング、ポーカースターズ、オーストラリア、米国からの収益は前年比で大幅に増加しましたが、英国とアイルランドに特化したパディ・パワー・ベットフェア部門の収益は減少しました。

パディ・パワー・ベットフェアの収益は、2.2%減の 12 億 9,000 万ポンドとなりました。これは、同社のオンラインでの好調な業績が小売業の苦戦によって損なわれたことによる。同社のパディー・パワー店舗は、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響で年間の約38%が閉鎖され、その結果、チャネルの貢献度は35.9%減の2億ポンドとなった。

オンラインは、スポーツイベントが中止されたため、上半期は苦戦しましたが、下半期には回復し、収益は8.2%増の10億9,000万ポンドとなりました。

両チャンネルのスポーツに対する賭け金は16.3%減の58億5千万ポンドとなり、純利益率が10.5%改善したものの、収益は2019年の合計額を8億1千3百万ポンド下回りました。これは、ゲーム収入が12.6%増の4億8,100万ポンドとなったことで一部相殺されました。

オンラインのみのスカイベッティング & ゲーミングは、年間の賭け金が41.7億ポンドに減少したにもかかわらず、良好な業績を収めました。ベッティング収入が33.5%増の5億9,000万ポンドとなり、純売上高利益率が13.6%と大幅に改善したことが功を奏しました。

ゲームからの貢献度が3億8500万ポンド増加したことを考慮すると、スカイベッティング&ゲーミングの収益は32.5%増の9億7500万ポンドとなりました。

オーストラリアに目を向けると、フラッター社の「スポーツベット」ブランドは、Covid-19の結果としてオンラインに移行した顧客から恩恵を受け、年間で675,000人の新規プレイヤーを登録しました。

その結果、賭け金は43.9%増の97.1億ポンド、収益は57.9%増の10.8億ポンドとなりました。パディ・パワー・ベットフェア社と同様、凝縮されたスポーツカレンダーのイベントが上半期に延期されたため、下半期に成長が見られました。

ポーカースターは、封鎖されていたポーカー部門が復活した年に、前年比で収益を伸ばしました。英国外および米国市場におけるブランドの事業をカバーするこのセグメントは、12億3,000万ポンドの収益を上げ、2019年に比べて20.3%の改善となりました。

これは主にゲーミングによるもので、全体のうち11.6億ポンドを占めています。ポーカーの収益は上半期に38%増加し、カジノの収益は同期間に51%急増しました。一方、スポーツベッティングは、収益が12.3%増加して6,400万ポンドとなり、7億4,800万ポンドが賭けられました。

しかし、最も大きな進展が報告されたのは米国で、収益は80.1%増の6億9,500万ポンドとなりました。ファンデュエル、フォックス・ベット、TVG、ポーカースター、ベットフェア・カジノの各ブランドからなるこの部門では、スポーツブックの収益は44億1,000万ポンド、賭け金は4億5,000万ポンドで、ゲームの収益は288.5%増の2億3,700万ポンドとなりました。

フラッター社は、競馬ブランド「TVG」の業績が特に好調で、コビット-19が他のスポーツの中止を余儀なくされた際にレースを継続したことがその要因だと述べています。

アウトバウンドに目を向けると、この拡大により、すべての部門の売上原価が大幅に増加し、15億4,000万ポンドと2倍以上になりました。しかし、売上高が同様に大きく増加したおかげで、売上総利益は28億6,000万ポンドと大幅に増加しました。

9億9,100万ポンドの販売・マーケティング費用に加え、8億8,400万ポンドのその他の営業費用、9,500万ポンドのコーポレート費用を考慮した結果、フラッター社の調整後の金利・税金・除売却・償却前利益(EBITDA)は109.2%増の8億8,900万ポンドとなりました。調整後のEBITDAは109.2%増の8億8,900万ポンドとなりました。

減価償却費は46.9%増の2億1,300万ポンド、調整後の営業利益は前年同期の2億8,100万ポンドから2倍以上の6億7,600万ポンドとなりました。この時点では、その他の支出の急増が事業者の収益に影響を与えています。

純利息費用は1億1,000万ポンドに増加し、また、フラッター社は、スターズ・グループの買収に関連する5億6,500万ポンドの別の開示項目を報告しました。これは、買収した無形資産の償却、事業再編、取引費用に関する費用で、ベッティングストアのゲーミングマシンの料金を誤って支払ったことに関連するVAT還付金で一部相殺されました。

その結果、フラッター社の税引前利益はわずか100万ポンドに激減し、3,470万ポンドの純損失、3,580万ポンドの所得税控除後の結果となりました。

2021年に向けては、2020年下半期に築き上げた勢いが新年にも続いており、全部門におけるプレイヤー数の増加とスポーツの好成績により、2月21日までの7週間のグループ収益は前年同期比36%増となったと述べています。

しかしながら、Covid-19規制が引き続き小売業界に影響を与えていることを認め、英国の店舗は4月まで、アイルランドの店舗は5月まで営業できない見込みです。これにより、EBITDAの損失は英国では月500万ポンド、アイルランドでは月400万ポンドとなっています。

また、ドイツでは、2021年に利益が打撃を受ける可能性があると指摘しています。ドイツでは、オンラインポーカーとスロットに5.3%の売上税を課す案が検討されています。

「 この税金はまだ批准されていませんが、もし施行されれば、ドイツのオンラインゲーム市場は、規制されている事業者にとって商業的に成り立たなくなります。その税率は、7月1日から導入されると、1500万ポンドから2500万ポンドの収益に達する可能性があります。」

フラッター氏は、「全体的に見て、事業の勢いには非常に満足しており、世界中のレクリエーション・プレーヤーの基盤を構築し続けることで、自信を持って将来を見据えることができます。

ブックメーカーカテゴリの最新記事