イサイ・シャインバーグは違法なギャンブルで罰金を科せられる!

イサイ・シャインバーグは違法なギャンブルで罰金を科せられる!

ポーカースターズの創業者であるイサイ・シャインバーグは、米国で違法なインターネットゲーム事業を運営していたとして3万ドルの罰金を科せられました。
幸い懲役刑は免れることができ、罰金刑のみとなりました。

聴聞会に出席した唯一のメディアであるインナーシティ・プレスによると、2020年なギャンブル事業運営の罪を1件認めたシャインバーグは、12ヶ月から18ヶ月の実刑判決を受ける可能性があったとのことでした。しかし、司法取引の一環として、銀行詐欺とマネーロンダリングの容疑は取り下げられた結果となり、懲役刑を逃れることができました。

ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所のルイス・カプラン判事は、最終的に自由刑を課さないことを選択した判決としました。

シャインバーグはiGB ノース・アメリカに対し、「カプラン判事が今日、私の事件に実刑判決を出さないと決めたことを嬉しく思います。」と述べました。

ポーカースターズは、常にプレイヤーを公平に扱う誠実で透明性の高いビジネスを展開している企業です。
今日の世界的に規制されたオンラインポーカー業界を構築する上で、重要な役割を果たしています。 2011年にポーカースターズがアメリカから撤退したときには、アメリカ人プレイヤーはすぐに救済されました。

実際、ポーカースターズは、他のオンライン会社からお金を借りており、そのプレイヤーに返済できなかったり、返済する気がなかったりした何百万人ものプレイヤーに返済しました。

シャインバーグが指摘したように、判事の判断は、ポーカースターズが後にブラックフライデーにフルティント・ポーカーの債務(アメリカ以外のプレイヤーに対する未払い金1億8400万ドルを含む)を引き受けてビジネスを獲得したという、緩和された状況に影響されたものとなりました。

運営会社は、かつてのライバル企業を買収する契約の一環として、民事没収および民事マネーロンダリング訴訟の和解に合意し、5億4700万ドルをアメリカ司法省が没収しました。この和解により、シャインバーグに対する告訴は取り下げられませんでした。しかし、和解の一環として、シャインバーグはオペレーターの経営陣や役員になることを禁じられることとなりました。
シャインバーグは今後、経営陣にも役員になることもできません。

その結果、彼の息子であるマークが事業を担当することになりました。マークは、ポーカースターズの親会社であるラショナルグループがアマヤ・ゲーミング・グループに買収されるまで、その最高経営責任者を務めていましたが、アマヤ・ゲーミング・グループは2013年に5,000万ドルの和解に合意し、ブラックフライデーの起訴に関連する請求権からマークを解放しました。

2011年4月のブラックフライデー起訴により、ポーカースターズ、フル・ティルトポーカー、アブソリュート・ポーカー、アルティメットベットを運営するセレウス社のアメリカ向けサイトが閉鎖され、その幹部はアメリカ当局によって追跡されていました。

起訴されたのは、ポーカースターズのペイメント・ディレクターであるポール・テイト、フルティルトの親会社であるティルトウェアのチーフ・エグゼクティブであるレイモンドビター、ペイメント・ディレクターであるネルソン・バートウィック(ポーカースターズの元従業員)、アブソリュート・ポーカーの共同経営者であるスコット・トムなどです。

シャインバーグは、2020年1月にアメリカ当局に投降し、スイスの自宅からニューヨークに移り、市内またはワシントンDCに留まることに同意しました。
そのため、起訴された最後の人物となりました。

ブックメーカーカテゴリの最新記事