フランスで最も美しい12のカジノ|ファンシーカジノをご紹介!

フランスで最も美しい12のカジノ|ファンシーカジノをご紹介!

フランスには202のカジノがありますが、だからといってジェームズ・ボンドがすべてのカジノに足を踏み入れるとは限りません。ここでは、その場にふさわしい服装が求められる、ファンシーなカジノをランキング形式でご紹介します。

ベル・エポックの象徴でもある「アヌシー王宮カジノ」

アヌシー王宮カジノは、1913年にオープンしました。建築家のルイ・ルフィが設計したものです。湖と山に挟まれた島という素晴らしい環境の中にあり、アヌシーが観光産業を発展させていたベル・エポックの象徴でもあります。

エクスレバンの「グランセルクルカジノ」

エクスレバンのグランセルクルカジノは、ロココ様式とバロック様式が混在する落ち着いた雰囲気の中、その優雅さで人々を魅了します。1850年にサヴォワ家のエマニュエル2世によって設立された、フランスで最も古い施設のひとつです。サボイ宮殿内にあり、荘厳な建築アンサンブルを形成しています。

エガンヌ城にある「アルカション・カジノ」

1903年に建てられたエガンヌ城には、アルカション・カジノがあります。かつては女子寄宿学校でしたが、ウジェーヌ・デュビュセが買収し、カジノに生まれ変わりました。

オート・ピレネーの最初の温泉リゾートの中心部にある「バニェール・ド・ビゴレのカジノ」

1882年に建てられたバニェール・ド・ビゴレのカジノは、ルルドやタルブに隣接するオート・ピレネーの最初の温泉リゾートの中心部に位置しています。

マルティニークの「キャリングケース・プラザ・デス・ショルチャース・カジノ」

キャリングケース・プラザ・デス・ショルチャース・カジノは、マルティニーク島で最大のカジノです。フォール・ド・フランスの近く、チョルシェの都市部に位置しています。

海に面したラ・グランド・プラージュにあるマルティニークの「ビアリッツ・カジノ」

1901年にオープンしたビアリッツ・カジノは、20年代にビアリッツ出身の建築家アルフレッド・ローレによってアール・デコ様式に改装され、海に面したラ・グランド・プラージュという特別な場所に位置しています。

海峡に面した「ドーヴィルのカジノ」

海峡に面したドーヴィルのカジノは、パリの高級ホテル「ジョルジュV」や「プランタン・オスマン」を設計したジョージ・ワイボの作品で、1912年に海辺のリゾート地ドーヴィルの創設者であるモルニー公爵によって落成されました。

豪華な建物の「コントレックスビル・カジノ」

コントレックスビル・カジノは、建築家Gurskinによる豪華な建物です。コントレックスビル・カジノは、パリのオペラハウスの生みの親ガースキンであるガルニエの作品に触発された建築家ガースキンによる豪華な建物です。スパ・パークの中心に位置し、この街の歴史を物語っています。

モナコの「モンテカルロ・カジノ」

モナコの伝説的なモンテカルロ・カジノは、1863年にオープンしました。モナコ公国の中心部に位置し、ベルエポック様式の装飾が施されています。ルーレット盤が初めて設置されたのもこのカジノだと言われています。

神話と歴史に彩られている「ディボンヌ・レ・バンのカジノ」

神話と歴史に彩られたディボンヌ・レ・バンのカジノは、1954年にオープンしました。このカジノは、フランスのレマン湖畔に位置しています。この壮大な施設は、元国民議会副議長でディボンヌ市長のマルセル・アントニオ氏によって建設されました。

カジノ併設の「パレ・デ・ラ・メディテラニー」

カジノを併設したパレ・ド・ラ・メディテラニーは、1929年の落成以来、戦間期の豪華さと祝祭の象徴となっています。建築家のシャルル・ダルマスとマルセル・ダルマスが、アメリカの大富豪フローレンス&フランク・グールド夫妻の依頼を受けて設計したものです。当ホテルはプロムナード・デ・ザングレの中心に位置しています。

ルイジアナを彷彿とさせるコロニアル調の建物「カジノ・イン・トルービル」

1847年に建築家アルフォンス・デュルヴィルによって建てられたカジノ・ドゥ・トルヴィルは、ルイジアナを彷彿とさせるコロニアル調の建物です。その後、ジャック・ガルシアによって改装され、装飾が施されています。

オンラインカジノカテゴリの最新記事