ケニアの賭博会社はベットセーフが参入するにつれて競争に直面!

ケニアの賭博会社はベットセーフが参入するにつれて競争に直面!

リードスターメディアのアフィリエイトブランドベットブレイザーズ.comを管理するアダム・グリムショウ氏は、ケニアのスポーツペサが残したギャップが、この国のベッティング事情を支配しているかのような多くの国際的なサイトによって埋められるのに、それほど時間はかからなかったと言います。時間はかかりませんでした」とアダム・グリムショウ氏は言います。それほど、時間はかかりませんでした。

ケニア生まれのベッティングサイトであるスポーツペサは、政府およびベッティング・コントロール&ライセンシング・ボード(BCLB)との紛争以来、国内での取引が禁止されています。しかし、ケニアの市場に参入しようとしている組織は他にもあります。

ケニアに進出したベットセーフも、ケニアの市場に参入しようとしている組織の一つです。しかし、ベットソン・グループの子会社は、2019年の夏にスポーツペサが禁止されて以来、ケニアで出現した最新のベッティング企業です。

ケニアのベッティングシーンは、確かに退屈な場所ではありません。スポーツペサは、政府が導入した新しく制定されたベッティングへの課税に対するより広範な反対運動の一部であり、その結果、BCLBによってライセンスが取り消された20以上のベッティング会社が追放されました。

スポーツペサは、タンザニアをはじめとする他のアフリカ諸国や英国でも事業を継続しています。しかし、国内市場への再参入を目指した度重なる試みは失敗に終わっています。例えば2020年11月、新たな事業者であるマイルストーンベット社が保有していたライセンスを使って再参入しようとしたところをBCLBに阻止されてしまいました。

スポーツペサを含む多くの地元のブックメーカーが解雇されて以来、ケニアをアフリカの次の急成長するベッティング市場の1つと見なした多くの国際的な事業者が協調して推進しています。

22Bet、ベットウェイ、そして最近ではベットセーフなどの事業者は、最近まで東アフリカの国では利用できなかった、最高品質のスポーツベッティングに参加する機会をケニアのファンに提供しています。

これらの国際的な運営会社は、ケニアのプレイヤーに世界の他の地域で楽しめるより多様なベッティングパッケージを提供することができ、国内の運営会社に最先端のベッティング機能とボーナスで競争力を与えています。

さらに、多くの国際的なブックメーカーが、純粋にケニアのプレイヤーに適した国内のフリルでグローバルな利益を提供するようになっています。一方、M-PESAやエアテルなどのモバイル決済方法は、ケニアシリングのデポジットと並んで、日々のケニアのパンターへの完璧なアクセスを提供している状態です。

ベットウェイのような企業がケニアのベッティング市場を網羅しようとしている一方で、ベットセーフの参入は、ケーキの一切れを手に入れようとしている国際的なベッティングサイトを象徴しています。

ベットセーフは、国内大手のゴルマフィアや現在のリーグリーダーであるAFCレオパードなど、ケニアのサッカーチームのスポンサーとして注目を集めています。そのため、ケニアでも非常に話題になっています。これは、アフリカ大陸のビジネス市場で、ベットウェイが地元のサッカーリーグに関与しているのと同じことといえます。

ベットセーフのケニアのギャンブル市場への参入は、ケニアが最も魅力的なアフリカ市場の1つであるだけでなく、実際にグローバル市場として急速に浮上しているという主張を強化するものといえるでしょう。
ギャンブル市場が活発になっているケニアの中で、ベットセーフのギャンブル市場の参入は画期的なことといえます。

ブックメーカーカテゴリの最新記事