ノルウェー人プレイヤーのアイゲーミングへの道|オンラインカジノを楽しむためのヒント

ノルウェー人プレイヤーのアイゲーミングへの道|オンラインカジノを楽しむためのヒント

デジタル化の進展に伴い、世界のアイゲーミング業界はかつてないほどの高みに達しています。しかし、カジノ産業が盛んな他の多くの国とは異なり、ノルウェーにはランドベースのカジノがないため、ノルウェーでのカジノ体験は純粋にデジタルなものとなっています。ここでは、ノルウェー人プレイヤーがオンラインカジノを楽しむためのヒントをご紹介します。

ノルウェーのギャンブル業界全体の価値約13億ドル

この記事を書いている時点では、伝統的な社内ギャンブルを提供する陸上施設はありません。とはいえ、この北欧の国のオンラインギャンブル市場は、広く関心を集めています。

2016年、トランスレーション・ロワイヤル社のレポートでは、業界に課せられた厳しい規制にもかかわらず、ノルウェーのギャンブル業界全体の価値は約13億ドルに上ると予測されています。

近年、ノルウェーでアイゲーミングが台頭してきた主な理由の一つは、ノルスク・ティッピング社の出現と関係があります。

ハマールに本社を置く同社は、ノルウェーの国営宝くじを運営しており、トムソン・ロイター社のノルウェーのギャンブルに関する概要によると、ノルスク・ティッピング社は政府機関であるため、顧客にオンラインカジノゲームを提供する独占的な権利を有しています。

ノルスク・ティッピング社の目的は、基本的に、ノルウェー人が責任を持って設定された限度額で魅力的なオンラインゲームを利用できるようにすることです。

しかし、72歳の同社がノルウェーのアイゲーミングセクターを支配していることから、国外から運営されるデジタルプラットフォームが増えている。

重要なのは、ノルウェーのデジタルカジノ市場の大部分は、ノルウェーの居住者ではなく、ノルウェー語を話すプレイヤーをターゲットにした事業者によって構成されているということです。

地上にカジノが無い事は問題ではない

前述したように、ノルスク・ティッピングの政府関与により、多くのオペレーターが異なる国からプラットフォームを運営しています。

つまり、新進気鋭のオペレーターは、ノルウェーの市場に合わせたアプローチをしなければならないということです。重要なのは、言語や支払い方法など、さまざまな面で違いがあることです。

そのため、各オペレーターは、メニューやカスタマーサービスに至るまで、すべてノルウェー語で書かれたウェブサイトを提供しています。

このようにして、カジナーではプレイヤーが自分のニーズに合ったオンラインカジノを見つけることができます。また、カジナーでは、ノルウェー人プレイヤーのニーズに対応したライセンス取得済みのオンラインカジノを多数取り揃えています。

さらに、レオベガス、メガ・ロット、スロットナイトなどの評判の高いウェブサイトは、スカンジナビアのユーザーにさまざまなサインアップボーナスやプロモーションを提供しています。さらに、従来の社内ゲームの興奮を再現するために、強化されたグラフィックと多様なゲームライブラリを備えたタイトルを提供しています。

さらに、ノルウェークローネを採用するオンラインオペレーターも増えています。これは、オンラインカジノが北欧市場の未開拓の可能性を狙っていることの一例です。

さらに、ジャックぽっと6000やメガ・ジョーカーなどの有名なノルウェー製スロットを提供するオンラインカジノも登場しています。

お客様の声に耳を傾けることへの重要性

先に述べたように、特にアイゲーミングの分野では、消費者のニーズに応えることが重視されている。

ノルスク・ティッピング社の役割にもかかわらず、北欧諸国の人々は、ランドベースのカジノのスリルを、慣れ親しんだ使いやすいプラットフォームで味わうことができます。当社は北欧のコミュニティの一員であることを誇りに思っています」。

オンラインカジノカテゴリの最新記事