脚質Gでも勝てる?逃げGで全レースを逃げてみた結果を解説!

脚質Gでも勝てる?逃げGで全レースを逃げてみた結果を解説!

今号のテーマは「適性G戦略でレースに勝てるのか?今号のテーマは「適性Gの戦略でレースに勝てるのか?走力のない馬は、馬群に巻き込まれてレースに負けてしまうことがあります。私は、距離適性や芝・ダート適性が低い馬がレースで負けることが多いという印象を持っていますが、脚質適性はそこまで影響しないのではないかという仮説を持っています。

そこで今回は、「暴走G馬が対象レースを全て逃げ切っても、URAシナリオをクリアできるのか」という疑問を検証したいと思います。という疑問を検証していきたいと思います。

今回使用する馬娘は、星が2つ、才能が1つ開花している「ウイニングチケット」こと「チケゾー」です。走れる距離は中長距離で、走ることにアドバンテージがあるわけではなさそうなので、実験台としては最適です。

要因とサポートデッキ

スピード3が1つ、スタミナ3が3つ、パワー3が2つのファクターを持っています。スピードもAに上げていますが、これはあくまでも飾りです。

サポートデッキは、スピード2、スタミナ2、パワー2とバランスよく配置しています。通常のストーキングホースを育成するのと同じ設定で、タマモの瞬発力と決定力を覚えてもシナリオはクリアできませんが、「ストーキングホースを育成するとき、レースだけで逃げ馬を選ぶことに意味があるのか?というのが検証のテーマのひとつになっていますので、とりあえずこの方法を試してみます。

では、さっそく調教してみましょう 結果は、……?

では、早速トレーニングを始めましょう。いつものように育てて、デビュー戦に臨みました。

チケゾーのパワーの伸びは+20%なので、デビュー戦の前はパワー重視のパラメータになっていました。彼の逃げの戦略とは全く噛み合っていませんが、そんなことは気にせず、パワープレイでレースに臨みたいと思います

無難にレースに勝った。さすがにコケたかな」とホープフルSを目標レースにしました。応援団がパワーに偏っていたので、レース前はパワーがD+(380)しかなく、どんどんパワーに偏っていったのですが、気にしないようにしました。

さて、私の初めてのG1レース、ホープフルSの結果はどうだったのでしょうか?…….

スタートで失敗して2位でした。まあ、出遅れたから2着だったというのなら、いい結果と言えるかもしれない。

その後、パワーC(472)で弥生賞を目指すも、パワートレーニングに多くの人が集まる中、走ることへの適性がないと判断された。

僅差ではありましたが、なんとか1着でゴールし、皐月賞に進みました。

継承された要素でステータスが上がっていたので少し心配でしたが、スピードはかろうじてDでしたが、果たしてこのまま逃げ切ることができるのでしょうか?…… ⁉︎.

史実通り、成田山に敗れてしまいました。僅差のレースでしたが、私のスピードの低さが災いしたのだと思います。

とにかく、もう少しスピードを上げればもっと良くなるという予感がしたので、少しスピードを上げて日本ダービーを目指すことにしました。歴史的な過去のレースのように、このレースでも優勝したいと思っています。……!

3番人気だったにもかかわらず、アイネスフウジンと同じように2.5馬身差で逃げ切ってしまいました。逃げることを選んだからなのか、それとも何か補正がかかっているのかはわかりませんが。いずれにしても、ダービーを勝てたのだから、逃げのG戦でもクリアできると思っています。

合宿でスタミナをつけた結果、464(c)まで上げることができましたから、準備は万全です。そして、いよいよ菊花賞に向けての出走となりました。

1番人気の頭でっかちのメス馬に10馬身差をつけて勝ちました。この結果を見ると、適性Gのレース方法を選んだからといって、スタミナが激減することはなさそうですね。

今回の企画では、目標レース以外のレースには出走しないので、年をまたいで約半年間の調教で能力を高め、次の目標レースである大阪杯に臨むことになります。

私は、このレースで逃げ切ると思っていたのですが、結果は成田新に負けて2着でした。おそらく、509(C+)というスピードが2000mでは足りなかったのだろう。

気を取り直して、因子継承で全体のステータスを上げつつ、次の目標レースである宝塚記念に臨みましょう。

1位でゴールしました。頭でっかちな女性に強い。

私のパラメータはランナーには向いていないようですが、それでも勝てるのですから、Gの悪影響はそれほど大きくないようです。

次の目標レースは有馬記念なので、トレーニングと仕上げに時間をかけようと思っています。その間にスピードを727(B+)まで上げて、いよいよレースに臨むことになりました。

レースでは、天敵のナリタタイシンに5馬身差で勝って、URAファイナルに進出しました。

なんだか、普通にトレーニングしているときと同じレベルの安定感ですね。馬群に飲み込まれて負けるといったアクシデントがなかったことも大きいでしょうね。

そのおかげで、URAファイナルでは準決勝を突破し、決勝ではシンボリルドルフに0.5馬身差で負けたものの、1位でゴールすることができました。その結果、暴走適性Gで逃げても、URAのシナリオはすべて普通にクリアすることができました。

これが最終ステータスです。これが最終的な状態です。最後に取ったスキルで無理をしなかったせいか、スピードと決断力とスキルのコンビネーションでフィニッシュしました。

実験で得た仮説のまとめ

今回の実験でわかったことを以下にまとめてみました。

・適性Gが逃げても、シナリオは問題なくクリアできる。
・足の適性のマイナス効果は小さい。頭の良さの部分にも効果がある?と思いましたが、自分の能力の一部を発揮できたので、わかりません。
・トロフィーを集めるために格下の選手と対戦するとき、逃げて勝ったほうがいいに決まっているじゃないですか。
・強い相手と戦うときはどうかわからない。

馬娘を調教して走らせる場合、明らかに格下のレースであればG戦であっても逃げることを選択した方がいいかもしれません。

海外競馬カテゴリの最新記事