プレイテックは2020年前半「卓越した運用回復力」を称賛!2020年上半期の収益アップ予想!

プレイテックは2020年前半「卓越した運用回復力」を称賛!2020年上半期の収益アップ予想!

大手ゲームソリューション企業のプレイテックは、オンライン部門と金融部門の好調な業績が、期間中の小売業やスポーツへの新型コロナウイルス(Covid-19)の影響による混乱を相殺し、2020年上半期の収益が1億6000万ユーロに達すると予想しています。

2020年9月17日に予定されている中間決算に先立って発表されたトレーディング・アップデートの中で、プレイテック社は、パンデミックの中で、従業員の健康と福祉を確保し、キャッシュフローを維持するために「早期かつ断固とした行動」をとったと述べています。

しかし、同社の事業の一部、すなわちB2Bのスポーツベッティング部門が、Covid-19によって深刻な影響を受けたと付け加えました。同氏は、英国やギリシャなどの主要市場が封鎖されたことで、スポーツカレンダーがほとんどなくなったため、店舗閉鎖などの影響を受けた小売部門に大きな影響を与えたと説明しています。

英国とギリシャのベッティングストアは再開されたものの、B2Bのスポーツ収入は回復しつつあるものの、Covid-19以前の水準を下回っていると警告しています。

パンデミックはB2Cの業績にも影響を与えており、イタリアのスナイテック社は、店舗の閉鎖やスポーツの延期により「かなりの収益」を失っています。しかし、スナイテック社は、固定費が少なく、オンラインでの貢献度も低いことから、軽減策に支えられ、影響は最小限にとどまったと付け加えています。

同社の小売店は、2020年6月15日から営業を再開し、2020年7月上旬には大半の店舗が営業を再開しました。プレイテック社によれば、2020年7月のスナイテック社の業績は非常に好調で、同社の小売店舗も回復したとのことです。これを支えたのは、オンラインでの継続的な成長と、営業再開後のスポーツの好調さでした。

このようなオンラインの成長は、プレイテック社のB2Bオンラインカジノ、ビンゴ、ポーカー事業に見られ、「非常に好調」な上半期となりました。パンデミック前の水準よりも高いレベルで取引されているものの、封鎖規制が緩和されたことにより、活動レベルの上昇が正常化し始めている兆候が見られます。

サンビンゴに代表されるホワイトレーベル事業も、2020年上半期は好調に推移しました。

アジアでは、プレイテックが引き続き好調に推移したものの、結果はまちまちでした。この地域では、パンデミックに対応して実施された政府規制の影響を受けましたが、3月下旬から大手ライブカジ ノ・プロバイダーとの間で締結された新規契約の恩恵も受けました。

当社の金融部門であるトレードテックは、「例外的な」上半期であったと評されています。特に、220年4月30日までの期間は市場のボラティリティと取引量の増加の恩恵を受け、7月も引き続き好調に推移したと述べています。

オンラインカジノとトレードテックの好調に加え、イタリアの小売事業の回復により、今年度のEBITDA(金利・税金・減価償却費控除前利益)は1億6,000万ユーロを超えると見込んでいます。

プレイテック社の最高経営責任者であるモー・ワイザー氏は、次のように述べています。
「私たちはこの結果を喜ばしく思います。事業の影響を受けた部分が前向きな勢いを見せ始めたことは喜ばしいことであり、我々がとった行動は我々をより強くし、市場をリードする地位を強固にするものであると確信しています。」

これは、流動性を最大化するための行動に支えられており、株主への分配は2020年3月に追って通知があるまで中断され、2019年の業績発表後に開始された自社株買いプログラムは延期され、年次総会では年間配当が提案されませんでした。プレイテックによると、これらにより事業のキャッシュアウトフローが6,500万ユーロ減少したとのことです。

また、2020年のEBITDAに対する純負債の比率を高めるために、回転信用枠の条件を修正し、この枠を含めて6億ユーロ以上の流動性を確保しました 2020年7月初旬には、イタリアのスナイテック社が所有する土地の売却により、残りの350万ユーロを受け取りました 7月初旬には、イタリアのスナイテック社が所有する土地の売却により、残りの3,600万ユーロを受け取りました。

ワイザーは、「短期的な逆風への対応に加えて、長期的に成功するビジネスを構築することにも注力してきました。」と述べています。この間、新しいブランドの追加、既存顧客との関係拡大、長年の戦略的パートナーであるベット365とのニュージャージー市場への参入などに取り組んできました。

オンラインカジノカテゴリの最新記事