サンダーデッカー法務・保護大臣はオランダ市場で子供と若い成人を保護することを約束!

サンダーデッカー法務・保護大臣はオランダ市場で子供と若い成人を保護することを約束!

オランダのサンダーデッカー法務・保護大臣は、国会議員から寄せられた懸念に応え、オランダの合法的なギャンブル市場が開設される際には、子どもや若者をギャンブルに関連する被害から守ることに注力することを述べました。

オランダでは、何度かの延期を経て、2021年10月1日に規制市場の開設が予定されています。サンダーデッカー法務・保護大臣は2021年1月、市場開設の最新の遅れを確認し、市場を規制する法律は2021年4月1日に発効することになりました。

マーケットのオープンに先立ち、サンダーデッカー法務・保護大臣はスティーネケ・ヴァン・デル・グラフ議員の一連の質問に答えました。焦点となったのは、マーケットがオープンした際の、プレイヤー、特に若者の保護についての詳細です。

ヴァン・デル・グラーフ氏は、オランダのリモートギャンブル法(KOA)の第7.2条について質問しました。これは、政府が適切と判断した場合、同法内の特定の条文を異なる時期に実施することができるというものです。

国会議員からは、第6.2条のB項を施行するために行われるのではないかという質問がありました。この条項は、24歳未満の人に向けて広告を出してはならないと規定しています。

これに対してサンダーデッカー法務・保護大臣は、ライセンス要件の一部として、広告が子供や若年層をターゲットにしていないことを確認する必要があるため、この条項を先に実施する必要はないと述べた。

「ライセンシーは未成年者をターゲットにしてはいけません」とサンダーデッカー法務・保護大臣は述べています。「運が絡むゲームを提供するライセンシーは、若年層をターゲットにした広告を掲載することはできません」と述べています。それゆえ、第6条第2項の早期発効となりました。この法律の必要性は、ないということになります。

さらに、ファン・デ・グラーフ氏は、特定のギャンブル広告を午後9時以前にテレビで流すことができないという現行の制限は、今後も適用されるのかと質問した。サンダーデッカー法務・保護大臣は、2020年11月に法制化されたこの要件は引き続き適用され、市場投入時にはすべてのライセンシーに適用されると述べました。

「リスクの高い運任せのゲームについては、午前6時から午後9時までの間にテレビでこの広告を放映することは禁じられています」とサンダーデッカー法務・保護大臣は述べています。その他の運任せのゲームについては、午前6時から午後7時までの間、この禁止事項が適用されることになります。

ヴァン・デ・グラーフ氏は、政府はギャンブル依存症に苦しむ人々を支援するために、その分野の専門家と協力することを検討してはどうかと質問しました。

サンダーデッカー法務・保護大臣は、本法案に記載されている依存症予防方針の草案は、依存症の予防とケアの専門家との緊密な協力のもとに作成されたと述べました。

また、ライセンス保有者は、顧客が依存症の問題を回避し、問題に苦しむ人々に支援を提供するために、このポリシーを実施する必要があると述べています。

「オランダの依存症治療システムと完全に一致させるためには、ライセンス保持者は専門機関を巻き込んで依存症予防に関する情報をまとめる必要があります」とサンダーデッカー法務・保護大臣は語っています。

「これにより、情報の質とプレイヤーの関与が向上し、モニターのギャンブル依存症からプレイヤーを守ることができます。」とサンダーデッカー法務・保護大臣は述べています。
ギャンブル依存症に対し、オランダは様々な対策をした上でギャンブルに対応していく流れとなります。

ブックメーカーカテゴリの最新記事