フラッターは2020年第3四半期の予想を上回る!すべてのブランドで2桁の成長を遂げた!

フラッターは2020年第3四半期の予想を上回る!すべてのブランドで2桁の成長を遂げた!

フラッター・エンターテインメントPlcは、2020年第3四半期の好調な取引状況を報告しました。この報告では、FTSE100種の拡大企業であるフラッターが、予定よりも早く進行した合併指令に加えて、ブランドポートフォリオ全体での市場シェア拡大を強調しました。

フラッターは、世界的なスポーツの復活に牽引されて、グループ収益が2019年の対応期間の10億4,000万ポンドから27%増の13億2,000万ポンド以上となり、すべてのコア指標で二桁成長を確保しました。

英国とアイルランドでは、フラッターの主力ブランドである「パディーオパワーベットフェアー」と「スカイベッティング・アンド・ゲーミング」がそれぞれ32%と26%の増収を記録しました。

一方、オーストラリアでは、フラッターは最初の大規模な移行を完了し、ベットイージーの顧客をスポーツベット・オーストラリアのプラットフォームに移行した。これにより、同部門の収益は76%増の3億2,000万ポンドとなりました。

ピーター・ジャクソン最高経営責任者(CEO)は次のようにコメントしています。「私たちは、この結果を喜んでいます。」2020年第3四半期のフラッターの業績には大変満足しています。2020年第 3 四半期のフラッター社の業績は、スポーツ、ゲームともに我々の期待を上回るものでした。当社は、より安全なギャンブルへの取り組みを維持しながら、主要地域で市場シェアを獲得し、好調な取引を続けました。

2020年四半期には、事業の統合に伴い、エンタテインメントの顧客基盤を引き続き拡大しました。これには、ベットイージーの顧客基盤をオーストラリアのスポーツベットプラットフォームに移行したことが含まれます。

運営会社のパディーパワー・ベットフェアーブランドの成長の主な要因はゲーミングであり、2020年第3四半期の収益は31%増、スポーツベッティングは12%増でした。

フラッターは最新情報として、パディーパワーブランドは「強化された顧客体験と最適化されたプロモーションの寛大さ」の恩恵を受けたと述べています。

フラッターは、パディー・パワーやアジャラベトなどの「よりレクリエーション性の高い」ゲームブランドの業績に勇気づけられました。これは、2020年第 3 四半期に 1 日あたりの平均顧客数が 51%増加したことによるものです。

パディー・パワーの小売部門は、現地のCOVID-19規制が小売不動産取引環境全体に影響を与えたため、2020年第3四半期に収益成長率の低下(2%)を記録した唯一の事業部門となりました。

一方、ポーカースターズは、2020年上半期に記録した顧客基盤の拡大の恩恵を引き続き受け、2020年に向けて好調な取引を続けており、2020年第3四半期の売上高は5%増となりました。

2020年四半期において、PASPA後の市場でのビジネスは好調に推移し、フラッター社は米国市場での新しい機会を模索し続け、オペレーターは当取引期間中に重要なプロジェクトを実行しました。

2020年四半期の収益は 82%増の 1 億 6,100 万ポンド、スポーツブックのシェアは 155%増の 12 億 5,000 万ポンド、既存の州のシェアは 2 倍以上となりました。

好調な2020年第3四半期の取引を受けて、フラッターは2020年の予測を修正し、FTSE企業である同社は現在、通年のEBITDAが12億ポンドから13.5億ポンドの範囲になると予想しています(前回のガイダンス:11.75億ポンドから13.25億ポンド)。

フラッター社によれば、この見通しの改善は、アイルランドと英国でそれぞれ実施されている6週間と4週間の封鎖期間を超えて小売店の閉鎖が拡大しないという前提に基づいています。

ジャクソンは次のように述べています。「ファンデュエル」が米国でナンバーワンのオンライン事業者としての地位を維持していることは大変喜ばしいことであり、我々は重要な優先事項のそれぞれについて大きな進展を遂げました。お客様の体験を向上させ、より多くの戦略的メディアとのパートナーシップを確保し、予想以上に多くの新規顧客を獲得することができました。

本年、米国では11億ドルを超えるGGRの創出を見込んでいます。これは、オンライン事業者としては「初めて」のことです。当社は現在、大規模かつ真のグローバルビジネスを展開しています。このように、当社は、この成長市場で見られる多くの機会に対応できるユニークな立場にあります」。

「将来に目を向けると、Covid-19の見通しは依然として不透明ですが、当社のビジネスは、持続可能で責任ある方法でさらなる成長を実現するための体制が整っていると確信しています」と述べています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事