土地ベースの減少は2020年度のランクのデジタル成長を相殺します

土地ベースの減少は2020年度のランクのデジタル成長を相殺します

ランク・グループは、2020年度のネット・ゲーミング・レヴェニュー(NGR)および純利益が前年比で減少したことを報告します。2020年度のネットゲーミング収益(NGR)および純利益は、主に新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックがランドベースビジネスに影響を与えたことにより、前年比で減少しました。

ランク・グループは、2020年度の純ゲーミング売上高(NGR)および純利益が前年に比べて減少すると報告しています。これは主に、新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックが同社のランドベースビジネスに影響を与えたことによるものです。

2020年6月30日までの12ヶ月間のNGRは6億3810万ポンド(7億240万ユーロ/8億3110万ドル)で、前年の6億9510万ポンドから8.2%減少しました。

このランキングでは、英国、スペイン、ベルギーのすべてのオンショア事業が減少していますが、これらの事業はいずれも両市場におけるコビット19対策により数ヶ月間の閉鎖を余儀なくされました。

英国のグロブナー・カジノは、2020年3月中旬から8月15日まで閉鎖されたにもかかわらず、引き続き同ランクの主な収益源となっています。しかし、同部門のNGRは18.4%減の275.9百万ポンドとなりました。

ランク社のメッカ・ビンゴは、2020年3月中旬から休業していましたが、2020年7月4日に再開しました。この閉鎖期間は必然的に収益にマイナスの影響を与え、30.1%減の1億2840万ポンドとなりました。

英国以外では、ランク社の海外会場事業の収益は20.9%減の3,550万ポンドでした。スペインのエン・ラチャ社の会場が3月に閉鎖され、6月に再オープンしたほか、ベルギーのランク社のカジノ・ブランケンベルゲも閉鎖されました。

しかし、Rank社のデジタル事業に関しては明るいニュースもありました。英国のグロブナーとメッカのサイト、スペインのヨー・ビンゴ、インドのパッション・ゲーミングでは、デジタル事業が継続しています。ここでの収益は、前年同期比22.6%増の1億4530万ポンドで、グロブナー・カジノに次いで2番目に高い収益を上げています。

ランクはまた、2019年10月に買収したストライドゲーミングの影響を評価し、5,100万ポンドの追加収益をもたらしました。オペレーターは、閉鎖した会場からさらに230万ポンドの収益を報告しました。

ランク社は、コビット-19事業への影響を軽減するために、7,600人以上のスタッフを余剰人員にするなど、さまざまな措置を講じました。コアチームは、お客様や一時的に解雇された従業員とのコミュニケーションをサポートし続けました。

また、事業者はパンデミックの影響を受けた人々を支援するため、地域社会での取り組みを展開しました。例えば、メッカとグロスブナーのキッチンを利用して、救急隊員やNHSスタッフ、社会的弱者のために5万食以上の無料食事を用意しました。

これがコストにどのような影響を与えたかというと、ランクは総支出が前年同期比でわずかに減少し、0.6%減の6億1,600万ポンドとなりました。売上原価は3.4%減の3億6,550万ポンド、営業費用は3.9%増の2億5,050万ポンドとなりました。

第2四半期の主な支出である雇用・関連費用は、5.2%減の2億1190万ポンド、税金・関税は1億3430万ポンドの水準を維持しました。直接費は3.6%増の8,540万ポンドでしたが、年後半に陸上拠点を閉鎖したことにより、不動産費は67.3%減の1,960万ポンドとなりました。

マーケティング費用は52.4%増の51.5百万ポンド、減価償却費は79.8%増の75.5百万ポンド、その他の費用は12.3%減の37.8百万ドルでした。

また、ランク社は、通常の費用以外の個別に開示された項目の詳細を報告しました。その結果、2,760万ポンドの損失を計上しました。これには、3,790万ポンドの減損費用、140万ポンドの買収費用、1,020万ポンドの不動産関連引当金が含まれており、英国で2,500万ポンドの付加価値税請求が成功したことで一部相殺されました。

すべての費用を考慮すると、年間の営業利益は2,350万ポンドとなり、2019年の2,350万ポンドから39.7%減少しました。金融費用を含む税引前利益は1,530万ポンドで、昨年の3,460万ポンドに比べて減少しました。

ランク社は600万ポンドの税金を支払い、オペレーターの通年の純利益は940万ポンドとなり、2019年会計年度末の2910万ポンドから67.7%減少しました。

ランク社の最高経営責任者であるジョン・オライリー氏は、「2020年3月中旬から会場が閉鎖されたことで、当社のデジタルブランドは引き続き好調に推移しましたが、コヴィド-19のパンデミックがグループに与えた影響は大きかったと思います。

“しかし、従業員の多大な貢献と献身、事業全体での非常に厳しいコスト管理、政府からの支援により、この数ヶ月間を慎重に乗り切り、現在は成功を収め始めています」と述べています。

2020年7月と8月のメッカの会場では、通常、売上高は前年比70%、来場者数は前年比55%を達成しました。

ロンドンのグロブナー会場は前年の40%、ロンドン以外の会場は前年の75%、エンラチャ会場は前年の約65%、メッカ会場は前年の約40%の売上を達成しました。

ランク氏はまた、デジタルビジネスはおおむね予想通りに推移しており、非独占的なブランドであるメッカ、ヨー、ストライドがここ数ヵ月で好調に推移していると述べています。

リニューアル後の最初の数週間の取引には勇気づけられました」と述べています。社会的な距離を置くことやテーブルゲームの運営方法の変更など、供給面での制約は今後数ヶ月間は厳しいものとなるでしょう。しかし、私たちが実施した広範な安全対策に対するお客様の反応は非常に良好です」とオライリーは述べています。

「安全な余暇の過ごし方に対するお客様の期待は、封鎖後かつてないほど高まっており、当社のブランドがこの変化の恩恵を受けられるようにすることが重要です」。

ブックメーカーカテゴリの最新記事