スウェーデンのチャネル化は小売顧客がオンラインで移行により2020年に減少

スウェーデンのチャネル化は小売顧客がオンラインで移行により2020年に減少

スウェーデン国庫の報告書によると、2020年のスウェーデンにおけるギャンブルの85%は、スウェーデンでライセンスを取得した事業者によるものであり、2019年に報告された数字よりも減少しています。

この数字は、業界が再規制される前に、ギャンブルの70%だけがスウェーデンのライセンスを持つ事業者によって行われていた2018年の数字から20%増加しています。

しかし、2019年と比較すると、この数字は90%から減少しています。

州政府はこの理由を、新型コロナウイルスのパンデミックの影響でお客様が認可された小売店でギャンブルができず、代わりに定期的にオンラインギャンブルをしなければならない状態にあったことと述べています。

チャネリング率はオンラインカジノの中でも最も低く、75%にまで低下してしまいました。

新型コロナウイルスCovid-19と同様に、国家財務省は、規制されていないサイトが規制されたチャンネルと似たようなデザインになっていて、顧客が両者を区別するのが難しかったこと理由のひとつだと指摘しています。

BOSは「一部のゲーム会社が、言語としてのスウェーデン語やスウェーデンの通貨の使用を避けることで、スウェーデンのゲーム法を回避しようとしていることを強調しています」と、報告書に含まれる財務省の声明を読み上げています。

“しかし、多くのスウェーデン人にとって、英語でプレイし、他の通貨を使用することは問題ではありません。

BOSの事務局長であるグスタフ・ホフステッド氏は、今回の報告書が、市場におけるチャネリングの脅威について同団体が繰り返し警告してきたことを立証するものであると述べています。
政府の数字は、闇市場の脅威を過小評価している可能性があるとも主張しています。

スウェーデンの機関の報告書によって、いわゆるスウェーデンのライセンス制度へのチャネリングが良いという政治的で一方的な提案に終止符が打たれることが期待できるでしょう。

「いや、トレンドはまだマイナスだよ。この発言には完全に孤独を感じましたが、全国の専門機関が同じことを指摘しているので、より多くの支持を期待しています」

ホフステッド氏は、厳しい規制に加えて、無免許の事業者に対する取り締まりが不十分であることが、減少につながっている事実であることも付け加えました。スウェーデンでは2020年、オンラインカジノゲームの週当たりの入金限度額を5,000クローネ(428ポンド/476ユーロ/540ドル)とすることが義務化され、物議を醸しました。この入金限度額いは延長され、2021年6月まで継続となります。これが実施される前に、規制当局であるゲーミング・インスペクターは、BOSとともに、ライセンスを持たない事業者がこの上限から利益を得る可能性があることを警告していました。

ライセンスのないゲーミング市場への流出が増えているのは、2つの理由によるものです。一方で、スウェーデンのライセンスゲーム市場は、あまりにも多くの政府規制に悩まされてきたため、ゲーム消費者はその状態に嫌気がさしてしまい、ゲーム体験を他に求める傾向が強まっているのも事実のようです。

その一方で、ゲーム法には大きな欠点があり、無免許のゲーム会社がスウェーデンのゲーム消費者に支障なくゲームを提供し続けられているのが現状です。この異常な状態を終わらせないと、改善へとはつながらないといえます。

2021年3月29日、ゲーミング・インスペクター社は、ベットマスターとボンゴの運営会社であるリインベント社に対し、ライセンスを持たずにスウェーデンの顧客をターゲットに営業していることに対し、停止命令を出しました。

ブックメーカーカテゴリの最新記事