IBIA – MGAはスポーツベッティングの顧客紛争に対し一貫したアプローチを採用する必要がある!

IBIA – MGAはスポーツベッティングの顧客紛争に対し一貫したアプローチを採用する必要がある!

国際ベッティング・インテグリティ協会(IBIA)は、マルタ賭博局(MGA)の疑わしいベッティング報告要件とさらなるインテグリティ問題に関する協議に対する正式な回答を発表しました。

IBIAは、2018年に「スポーツにおける汚職防止法」が発表されて以来、規制当局がMGAの立法状況を注視していることを強調しました。

また、IBIAは「MGAの発展と、2019年tに運用を開始したスポーツユニのインテグリティを支持する 」と述べています。私たちはMGAと長年にわたり良好な関係を築いており、スポーツベッティングのインテグリティ規定にリソース権限を割り当てることを支持しており、これは私たちが集中的に取り組むことになります。

MGAは、インテグリティの監視を強化し、「ゲーミング認可およびコンプライアンス指令」の下で認可された新しい「セクション43」命令を実施します。

セクション43は、すべてのB2Cスポーツベッティングのライセンシーに、疑わしいギャンブルの状況や事例をMGAに直接通知することを義務付けるものです。

さらに、ライセンシーの要請に応じて、スポーツブック運営者は、「操作が疑われる」結果として無効になった賭け金のすべての状況を報告することが求められます。事業者は、MGAの決定と措置を知らせる補足文書を提出します。

MGAは、2019年8月に承認された規制当局の新たなコンプライアンス機能の一部を構成する第43条を、スポーツインテグリティ指令についてより広範なステークホルダーの意見を求めているため、まだ実施していない。

IBIAは、提案された疑わしい賭けのプロトコルについてさらに協議するというMGAの決定を、「優れた実践」の一例として賞賛しました。

その回答の中で、IBIAは、「疑わしいベットに関連する顧客の紛争」、「オペレーターのグローバルな監督機関への関与」及び「オペレーターのベッティングインテグリティポリシーへの関与」に関連して、MGAがオペレーター及びステークホルダーに明確な説明をしなければならない3つの重要な分野を強調しました。IBIAはこれらの分野を強調しました。また、IBIAは、「ベッティング・インテグリティ・ポリシーに関するオペレーターとのエンゲージメント」に関連して、MGAがオペレーターやステークホルダーに説明を提供しなければならない3つの主要分野を強調しました。

顧客との紛争について、IBIAは、MGAが適切な「アプローチの一貫性を確保するための紛争解決プロセス」を採用するよう助言しました。

完全性団体は、スポーツギャンブルに関連する顧客の紛争に対処するための構造的で一貫性のあるメカニズムを提供する機関として、認知された紛争解決プロバイダーであるIBASとeコグラを挙げています。

また、IBIAは会員や仲裁機関と協力して、顧客の紛争に対処し、MGAが検討するための調査を開始するための標準的なフレームワークを開発したと述べています。

オペレーターの関与という点では、IBIAは、オペレーターがインテグリティ・モニタリングにおいて基本的な役割を果たし、データが関連当局に中継されることを認識していることをMGAが評価しています。

MGAは、データ共有を「最も効果的に」利用することが奨励されており、ベッティングアラートは、静的な市場オッズの監視ではなく、顧客口座の取引に焦点を当てています。

IBIAは、顧客の活動に関する効果的なデータ転送が、犯罪の場所の特定、不均衡なベットの検出、行動の分析、どのスポーツが標的になっているかの発見などに関連して、当局が重要な証拠を得るのに役立つと強調しています。

MGA は、スポーツベッティングを標的とする国際的なギャングの脅威を強調するために、 IBIA の「顧客ベースの国際的な警告システム」を採用するよう求められています。

また、ベッティング・インテグリティに関するポリシーの策定に関しては、IBIAはMGAに対し、ライセンス事業者とのオープンな関わり合いを目的とした「レギュレーター・フォーラム」の開発を助言しています。

ジブラルタル・ギャンブル・コミッショナーIは、規制当局が事業者と協力して、情報共有のための警告システムが適切に構成され、文書化されていることを確認することで、スポーツ、技術システム、文書化の手順の完全性の向上を支援している重要な例です。

IBIAは回答の最後に、「スポーツイベントにおける疑わしい賭けや操作が世界的な問題であることを踏まえ、IBIAは、MGAがこの分野における将来のMGAの取り組みにおいて当協会が果たすことのできる役割についても十分に考慮することを希望する」と述べています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事