スウェーデンの消費者ウォッチドッグは、顧客の「不公正な」契約条件を批判!

スウェーデンの消費者ウォッチドッグは、顧客の「不公正な」契約条件を批判!

スウェーデンの消費者庁によると、一連のギャンブル事業者を調査した結果、過度に厳しい引き出し限度額や不十分な紛争解決情報など、「不合理な」契約条件に出くわしたという。

スウェーデン消費者庁は、5月から6月初旬にかけて、無作為に選んだスウェーデンのライセンシー13社を対象に、契約条件が公正であるかどうかの調査を行いました。

サンプリングされた13社は、カランバの運営会社であるAGコミュニケーションズ、ジャックポット・シティ・カジノの運営会社であるベイトン、10ベットの運営会社であるブルー・スター・プラネット、カモン, グループ、カジノルームの運営会社であるエルモント・ゲーミング、ジェネシス・グローバル、インターウェッテン、モバイルマシンの運営会社であるMOAゲーミング、ピクセル・ベット、スマーケッツ、スヴェンスカ・スペル、ビデオスロッツでした。Gutsオペレーターゼクア・ゲーミング。

審査の結果は、すべてのライセンシーと規制機関であるゲーミング・インスペクターに送付されました。消費者庁は、事業者が改善されたかどうかを確認するために、レビューをフォローアップします。改善が見られない場合は、「追加の監督措置」が適用される可能性があるという。

スウェーデン消費者庁は、スウェーデンの契約法や一般的な法原則に違反していないか、契約条件に「著しい不均衡」がないか、誤解を招くような点や不明瞭な点がないかを判断するために、契約書の審査を開始したと述べています。

消費者庁は、一部の事業者が引き出しの際に過度に厳しい本人確認を行っていることを発見しました。これは、本人確認を必要とするマネーロンダリングのリスクに比べて過剰なものでした。

ゲーム会社からのこのような要求は、合理的であり、マネーロンダリング対策として必要と考えられる措置に直接関連するものでなければなりません」と述べています。

あるゲーム会社は、「とりわけ、目の色、身長、体重、民族的出身」の証明を要求できるとしています。

また、利用規約を読む消費者は、どのような書類の提出を求められるかをよく理解しておく必要があるとしています。

さらに、多くのゲーム会社は、独自の判断で、消費者に求める書類のバランスを取ることができないと判断することがあります」と付け加えています。

また、スウェーデン消費者庁は、引き出し制限は不公正な契約条件の一例であり、3社の事業者が週に限られた引き出しを絶対的にサンプリングし、さらに2社が本人確認のために18,000クローネまたは20,000クローネを超える引き出しを要求していると述べています。 我々はこれに注意していると述べています。

また、事業者の規約には、引き出しを制限する条項が他にもたくさんある可能性があると付け加えました。

いくつかの規約を見てみると、ゲーム会社は一人の消費者が自分の判断で賞金を引き出すことを制限する権利を持っているように思えます」と述べています。また、例えば、消費者が規約のいずれかに違反した場合、企業は引き出しの処理を拒否する権利を持っているようで、金額を分割して支払うことも可能です。

複数の企業の規約に共通しているのは、どのような場合に企業が引き出しを拒否する権利を持つのかが明確ではないということです。

引出しを拒否できる状況の完全なリストを作成するのは難しいかもしれないことを認めつつ、同庁は、引出しが不釣り合いに難しくならないように、チェックの多くは引出しではなく入金時に行う必要があると指摘している。

スウェーデン消費者庁は、条件が消費者の引き出しの権利を制限している場合や、条件の策定が不明確で定義されていない場合には、不合理とみなされる可能性があると考えている。

また、同庁は、13の事業者条件のうち4つがスウェーデンの顧客に外国の法律が適用されることを示唆し、3つがスウェーデン以外の裁判所が紛争を管轄することを主張していると主張しました。これは欧州連合の法律に違反しているとのことです。

スウェーデン消費者庁は、これは、顧客がスウェーデンの法律の下で保護を所有していることを契約条件から明確にするために行うべきことだと考えている。

さらに、スウェーデン消費者庁によると、裁判外紛争処理に言及していたのはサンプルの7社のみで、ジェネラル・コンプラッツ・ボード(ARN)に言及していたのは5社、EUのオンライン紛争解決に言及していたのは2社であったという。体です。

また、裁判外紛争解決に関するすべての情報を提供した企業は1社のみでした。

“代替的紛争解決に関する情報が欠けていたり、不完全であったりする場合、スウェーデン消費者庁は、当事者間に不均衡が生じ、消費者が紛争においてどのような権利や機会があるかを知らされないことは法律違反であると考えています」と同庁は述べています。

また、消費者庁は、大多数の契約条件には、苦情申し立てに関する過度に厳しい要件が含まれていると指摘しています。

と述べています。” 満足のいく情報が提供されない場合、苦情処理を進めない、または回答を遅らせることは権利とみなされる “としています。

また、別の事業者では、「不必要で有害な苦情は受け付けない」とし、苦情は1回のみとし、何度も苦情を言うと100クローネの事務手数料が発生するとしています。

最後に、11社の事業者は、さまざまな可能性のある損害に対して事業者が責任を負わないことを主張する免責条項を記載していたという。これらの条件は、消費者の責任を制限するものではなく、消費者が保護されることを期待できる状況を捉えられるような曖昧なものであることが多いため、通常は不釣り合いであり、誤解を招く恐れがあると述べています。

我々が監査しているゲーム会社は、改善の余地がかなりある」と述べています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事