記録的なアジアの収益はゲームシスの強力な上半期に貢献!2019年同期比倍増!

記録的なアジアの収益はゲームシスの強力な上半期に貢献!2019年同期比倍増!

拡大したゲームッシウ・グループは、2020年6月30日までの6ヶ月間のゲーム収益が、アジアでの記録的な収益に支えられて、2019年同期に比べて倍増したことを報告しました。

半期の売上高は100.6%増の3億4,000万ポンドで、買収後のJPJグループの2019年の数字にゲームシスの業績を加味したプロフォーマ・ベースでは27.2%増となりました。

地域別の業績を見ると、英国が収益の最大の部分を占め、前年同期比153.1%の1億9740万ポンドとなりました。グループにとって、英国の数字は2019年に強化された責任あるゲーム対策の導入によって影響を受けましたが、ゲームシスによると、買収は2020年上半期のオーガニックな成長によって補完され、プロフォーマ・ベースで15.6%の増収を反映しました。

この成長は、すべてのテレビおよびラジオキャンペーンを含む、英国におけるターゲットを絞らない顧客マーケティングを第2四半期の初めに中止したにもかかわらず達成されました。その結果、ITVのデイリーチャット番組「ルーズウーマン」のスポンサーシップがウーマンズ・エイドに実現し、同チャリティに20万ポンドの寄付が行われました。

英国ギャンブル委員会は、プレイヤーの監視、ボーナス、手頃な価格、引き出しなどをカバーする多くの新しい措置を導入していますが、ゲームシス社は、すでに規制当局が設定した最低基準を満たしているか、それ以上であるとしています。

ゲームシス社によると、プレイヤーにレクリエーションとエンターテインメントの体験を提供することに注力した結果、上半期にはチャットルームの利用者数が28%、非賭け事のセッション数が53%増加しました。また、入金制限を設定したプレイヤーの数は34%増加し、アクティブ・インターベンションも44%増加しました。

ゲームシス社は、上半期において、同社の英国サイトにおける全セッションの「半分以上」が賭けを含まないものであったと付け加えました。

ゲームシスの英国事業が好調だった一方で、アジアでの業績は際立っており、売上高は前年同期比92.0%増の9890万ポンドとなりました。これは、新規顧客の増加と、インター・カジノの展開の成功に支えられた日本での持続的な勢いによるものです。

ゲームシスは、自社のゲームスタジオであるゴールデン・ヒーローを通じて特注製品の開発を継続しており、B2Bコンテンツのアグリゲーションおよびサービス部門であるソールド・ゲーミングは力強い成長を続けています。

一方、欧州では、上半期の売上高が前年同期に比べて減少しました。新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミック時に広告やボーナスに対する規制が強化されたにもかかわらず、スペインでは着実な成長を遂げましたが、同地域の貢献度は4.4%減の3440万ポンドとなりました。

ゲームシスは、2020年6月に同市場で2番目のブランド「モノポリー・グループ」を立ち上げました。このブランドの初期の兆候は「ポジティブ」でした。

北欧地域、すなわちスウェーデンは依然として厳しい状況にありますが、ドイツは報告期間中に良好な成長を遂げたとも言われています。その結果、オペレーターは当分の間、北欧地域での顧客獲得に多額の投資をすることはなくなりました。

最後に、ニュージャージー州のオンラインカジノ事業を含む残りのワードセグメントでは、低いながらも同様に大幅な増収となりました。このセグメントの総売上高は930万ポンドで、プロフォーマ・ベースではあるものの、2019年の2倍以上となりました。

ゲームシス社によると、上半期の収益の大半はニュージャージー州の事業が占めており、2桁の成長を記録しましたが、前年の数値には非継続事業の市場が含まれていたため、全体としては低い業績となりました。

ゲームシス・グループの最高経営責任者であるリー・フェントン氏は、「今回の業績には大変満足しています」と述べています。”当社の強力なブランド、運営管理、独自の技術が、英国などの既存市場での成長を牽引するとともに、アジアなどの急成長市場でも好成績を収めています。

その中心となるのが、責任あるギャンブルへの取り組みです。この中心にあるのは、責任あるギャンブルへのコミットメントであり、多くのプレイーがロックダウンされていた時期には不可欠なものでした」と続けました。その結果、当社はこの期間中、プレイヤー保護を強化するために、新機能やリソースへの投資、一部のマーケティング活動の停止など、断固とした措置を講じました。

「このように、成長を続け、非常に献身的な顧客基盤は、当社の今後の持続的な成長の鍵であり、今後のエキサイティングな機会に有利に働くものと確信しています」。

上半期の支出面では、ゲームシスの買収と事業規模の拡大により、支出が大幅に増加しました。販売費(1億8,130万ポンド)と管理費(1億710万ポンド)が大幅に増加したことが主な要因で、総費用・経費は前年同期比97.0%増の3億400万ポンドとなりました。

収入から販売費の減損費用を差し引いた300万ポンドと、管理費から償却・減価償却を差し引いた4,640万ポンドを含む調整後の金利・税金・減価償却前利益は、19.2%増の1億320万ポンドとなりました。

金融費用は合計1,290万ポンドで、税金340万ポンド、為替差損660万ポンド、通貨スワップの利益440万ポンド、金利スワップの利益150万ポンドを支払った後、継続事業の純利益は2019年上半期の630万ポンドから2,670万ポンドに増加しました。損失を考慮した後のゲームシス・グループの当期純利益は2,000万ポンドでした。これは、2019年の400万ポンドから大幅に改善したことになります。

今後については、ゲームシスの事業とJPJグループとの統合が「著しく進んでいる」とし、移行ディレクターのサイモン・ワイクスは、2020年9月30日をもって職務を終了し、運営委員会を辞任することを発表しました。

ゲームシス社は、「サイモンはゲームシス社の買収を実現したチームの重要な一員であり、買収完了後は2つの事業の統合を形作ってきました」と述べています。取締役会は、過去3年間のサイモンの多大な貢献に感謝するとともに、彼の今後の成功を願っています」と述べています。

一方、非常勤会長のニール・ゴールデンは、2020年10月1日付で非常勤会長に復帰します。ゴールデンは、「変化」の時期にビジネスをリードしてきたが、一歩退くのに適切な時期だと感じたと説明している。

グールデンは「2019年9月のゲームシス社の買収に続き、現在は非常に強力な経営陣を擁し、2つの事業をうまく統合して強力で持続可能な業績を実現しています。」と説明しています。また、「事業は非常に良い状態にあり、今後もリーと彼のチームをサポートしていきたいと思います」と述べています。

第3四半期について、ゲームシス社は、主要な市場において上半期の好調な業績を継続していると述べました。

事業者は次のように説明しています。「COVID-19パンデミックに起因するマクロ経済の不確実性は引き続き認識していますが、当社の高品質なブランドポートフォリオ、運営管理、独自の技術プラットフォームにより、将来の成長機会に対応することができます。

そのため、通期の売上高および調整後のEBITDAは、これまでの予想を「快適に」上回るものと見込んでいます。」

オンラインカジノカテゴリの最新記事