Covid-19がH1のパフォーマンスに達するとOPAPは回復に自信を持っている!

Covid-19がH1のパフォーマンスに達するとOPAPは回復に自信を持っている!

サズカ・グループが所有するギリシャの大手ゲーミング会社OPAPは、新型コロナウイルス(Covid-19)による混乱のため、上半期の収益が前年同期比で34.8%減少しました。しかし、ギリシャで封鎖規制が緩和され、スポーツイベントが再開されると、業績は急速に回復したとのことです。

サズカ・グループが所有するギリシャの大手ゲーミング会社であるOPAP社は、新型コロナウイル ス(Covid-19)による混乱のため、上半期の売上高が前年同期比34.8%減少しました。

しかし、ギリシャでの封鎖規制が緩和され、スポーツイベントが再開されたことにより、業績は急速に回復したとしています。

6月30日までの6ヶ月間の収益は、5億790万ユーロ(4億6,180万ポンド/6億6,000万ドル)に減少し、商品の賭け金全体では33.7%減の14億1,000万ユーロとなりました。OPAPの販売網は、第1四半期末に近い2020年3月14日から、第2四半期末に近い5月11日から、それぞれ閉鎖されました。OPAPの販売網は、第1四半期末近くの2020年3月14日から閉鎖され、第2四半期半ばの2020年5月11日から再開されました。

その結果、すべての分野で収益が減少しました。伝統的にどの商品よりも大きいロトの貢献度は、2019年上半期の3億7,930万ユーロから2億5,750万ユーロ(32.1%減)に減少し、再開後も店舗では社会的距離のある措置がとられていました。

コヴィッド-19措置の継続にもかかわらず、宝くじの収益は「有望な」回復率を示し、オンラインジョーカーゲームは小売店再開後の期間を乗り切り、封鎖された中で収益を伸ばしたとしている。

一方、スポーツベッティングについては、パンデミックの影響でスポーツカレンダーが乱れたため、収益は33.1%減の1億2,840万ユーロとなりました。しかし、5月中旬にリーグ戦が再開されると、この分野は大きく回復し、2019年同期を上回る収益を計上しました。

OPAPによると、ビデオ・ロッタリー・ターミナル(VLT)の売上も、2020年6月8日までの機械の停止により、36.8%減の8,840万ユーロとなりましたが、再開後は急速に回復し、2桁の成長を記録しました。

最も減少したのはインスタントおよびパッシブユニットで、51.0%減の3,360万ユーロでした。OPAPによると、この部門は封鎖が緩和された後は好調に推移したものの、前年に比べて大きく遅れをとったとのことです。

閉鎖の結果、OPAPのゲーム税および関税の支払額は32.0%減の1億7270万ユーロと大幅に減少し、ゲームの純収入は36.2%減の3億3520万ユーロとなりました。

ディストリビューターに支払う手数料は35.5%減の1億1,950万ユーロ、その他の収益関連手数料は2,460万ユーロとなりました。その後、OPAPは、プリペイドカード、モバイルチャージ、店頭での請求書払いサービスの販売により、その他の営業収入として6,700万ユーロを受け取り、さらに3,710万ユーロの費用を計上しました。

また、関連会社の利益分配金として640万ユーロを受け取りました。これは、カイゼン・ゲーミングのギリシャ事業への投資により持株比率が 84.5%に増加したことや、その他の営業費用 3,710 万ユーロに起因するものです。

2020年四半期の営業費用は、2019年年同期比6.9%減の1億2,480万ユーロとわずかに減少しました。これは、マーケティング費用、人件費及びその他の費用が若干減少したものの、減損費用が760万ユーロ増加したことにより相殺されたことによるものです。

その結果、金利・税金・減価償却費・償却費控除前利益(EBITDA)は、前年同期比49.1%減の1億250万ユーロとなりました。減価償却費は6,570万ユーロに増加し、営業利益は74.5%減の3,690万ユーロとなりました。

OPAPの税引前利益は950万ユーロ、金融費用は2,160万ユーロ、税引前利益は81.3%減の2,480万ユーロ、税引後純利益は80.3%減の1,810万ユーロとなりました。上半期の税引後純利益は80.3%減の1,810万ユーロでした。

OPAPのCEOであるジャンカナスは、「2020年はこれまでのところ非常に困難な年であり、コロナウイルスのパンデミックは企業と社会の両方に前例のない課題をもたらしています。

“パンデミックがすべてのステークホルダーに与える影響を緩和するためにOPAPがとった断固とした迅速な行動は、当社の業績に反映されており、当社の社会経済的フットプリントは再び健全に進化しています」と述べています。

OPAPの数字は、2020年第2四半期のCovid-19の混乱の影響を受け、2020年6月30日までの3カ月間の売上高は前年同期比53.2%減の1億7,960万ユーロとなりました。

ロトは引き続き最大の貢献者であり、業界の売上高は45.1%減の1億300万ユーロ、スポーツベッティングの売上高は55.1%減の4040万ユーロとなりました。最も減少したのはVLT部門で、前年同期比69.3%減の2,180万ユーロとなり、残りの1,440万ユーロはインスタントおよびパッシブが貢献し、2019年同期比58.7%減となりました。

その結果、ゲーミング税、賦課金、関税が半減し、ゲーミング純収入は54.4%減の1億1790万ユーロとなりました。手数料、その他の営業費用、その他の収益、および関連会社からの収益の割合を考慮した結果、OPAPの収益は8,330万ユーロとなりました。

当四半期の営業費用は6.8%減の6,710万ユーロで、EBITDAは1,620万ユーロでした。これは、前年同期比で81.7%の減少に相当します。減価償却費、償却費、減損費を考慮すると、2019年上半期の営業利益は5,900万ユーロとなり、同事業は2,240万ユーロの営業損失を計上しました。

金融収支を差し引いたOPAPの税引前損益は2,400万ユーロの損失、820万ユーロの法人税ベネフィットを差し引いた純損失は1,580万ユーロとなりました。

“カラスは当四半期について、「財務面では、第2四半期はチャレンジングな予想通りの結果となり、厳しい環境下でもキャッシュを創出することができました。今後も、オンラインサービスの継続的な強化、迅速なコスト管理措置、新しい作業標準への迅速な適応、ネットワークや社会的なステークホルダーへの継続的なサポートが最優先課題となります。

回復への道のりには間違いなくさらなるハードルがあるでしょうが、私たちはどんな困難にも立ち向かえると確信しています」と述べています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事