『シンデレラグレイ』が思いのほかに面白くて買いである理由

『シンデレラグレイ』が思いのほかに面白くて買いである理由

本日のテーマは、話題のお薦め作品「ウマ娘シンデレラ・グレイ」です。ウマ娘シンデレラ・グレイ」は、小栗キャップ主演で「ウマ娘」をコミカライズした作品で、先日35万部を突破し、それを記念してゲーム内でマニー5万個、SP5万個が配布されたのは記憶に新しいところですね。

私も小栗さんの話に興味があったので、ちょうどその頃に単行本を買ったのですが、予想以上に面白かったので、今出ている第2巻を読みました。というわけで、「ウマ娘シンデレラ・グレイ」がどれだけ面白いか、簡単なあらすじを交えて記事にしてみました。

「ウマ娘シンデレラ・グレイ」の第1巻はこちらから購入できます。
「ウマ娘シンデレラ・グレイ」を読んでみたいと思っている方は、この記事が購入するかどうかの参考になれば幸いです。

あらすじ

シンデレラグレイのあらすじを、以下にご紹介いたします。

1巻、2巻では地方のカサマツセトレセン学園の物語が描かれている

1巻、2巻では、地方のカサマツセトレセン学園の物語が描かれています。

1巻と2巻では、ゲーム内のウマ娘たちが活躍する中央のレーシングスクールではなく、地方のカサマツセトレセン学園の物語を描いています。現実の世界では、オグリキャップは地元の競馬学校「笠松」でデビューし、活躍した後に中央競馬学校に移籍したので、物語は笠松からスタートします。

ここ笠松では、オグリキャップという2人の新人と、スターホースガールの育成を夢見る北原穣調教師を中心に物語が展開していきます。ゲームのスタートは地方なので、史実上の最大のライバルであるタマモ・クロスとの対戦はもう少し後になりますが、ゲームの序盤では地元のライバルであるフジマサムチとの熱い戦いが繰り広げられます。

ちなみに、フジマサムチは実在の馬「サンゲツト」をモチーフにしており、本作でのフジマサムチとの戦いは、歴史上のオグリキャップとサンゲツトの戦いをイメージしたものになっています。原作の「ウマ娘」やアニメでもそうですが、「ウマ娘」にまつわる物語は史実を尊重しているのがいいですね。実際、小栗と三月は第1戦、第2戦でお互いに勝利しており、その熱いデッドヒートは本作でも描かれています。

シンボリルドルフの中央移籍の申し出

フジマサマーチとの対局が描かれる一方で、第2巻では小栗の移籍話が中心となる。あるレースでのオグリの圧勝を見たシンボリルドルフは、北原調教師に地方から日本の中央への移籍を相談します。

北原は「中部の調教師免許」を持っていないので、小栗と一緒に移動することはできない。つまり、中部に移るということは、小栗と袂を分かつことになる。北原は、小栗と別れたくないという気持ちと、小栗を中央に移すべきだという気持ちの間で揺れ動いている。小栗もまた、北原と別れたくないと思っている。

この転勤の話は2巻で決着がつくのですが、その描写はかなり胸に迫るものがあります。ぜひ全編をご自分の目で確かめていただきたいのですが、このあたりの葛藤が丁寧に描かれているのも、この作品をおすすめする理由のひとつです。

本作をおすすめする理由

本作品をおすすめするポイントを、ご紹介します。

絵がカッコいい!

小学生のような言い方になってしまいますが、本作をおすすめするポイントの1つ目は、絵が「かっこいい」ということです。初代「ウマ娘」のコミカルな作風に比べて、絵がシリアスになっていますが、これがいいんですよね。

ここで注目したいのは、タマちゃん(タマモクロス)の描き方です。ゲームではこのようにかわいらしく描かれていますが、『シンデレラ・グレイ』では猛獣のように描かれていて、そのギャップがすごいんです。特に、2巻でタマモクロスが賞金レースで優勝したときの描写は、『北斗の拳』に出てきてもおかしくない内容なので必見です。

レースの熱い描写

『シンデレラ・グレイ』は、熱いレースも魅力のひとつです。競馬漫画の見どころのひとつに最後の直線でのバトルがありますが、シンデレラ・グレイのこのバトルの描き方はとてもクオリティが高く、私のように「緑のマキバオー」で盛り上がった世代は間違いなくハマると思います。もちろん、そうでない方にもお勧めです。

基本的には上巻と下巻で藤真町との戦いが描かれているのですが、コースの違いやメリット・デメリット、最後のストレートで沈んだと思われてからのセカンドスパートなど、汗だくになるような描写が多いです。

人間のキャラクターの描き方がうまい

ウマ娘だからヒューマンストーリーと言えるかどうかは諸説ありますが、私が推したいのはウマ娘とトレーナーのライバル関係の描き方です。前述した北原と小栗の師弟関係や、小栗と藤間口のライバル関係も非常に熱いです。

小栗と美月は東海ダービーを一緒に勝つためにライバルとして頑張り、ジュニアクラウンというレースの後、東海ダービーを一緒に走ることを約束する。しかし、東海ダービーを前にして、小栗は中日への転勤を告げられる。小栗がセントラルジャパンに転勤になったことを知ったマーチは、当然、小栗と一緒に東海ダービーを走るという約束が破られたことに動揺する。

この後どうなるのか、どのような結末を迎えるのか、それは本編を見てからのお楽しみですが、興味深い内容となっていますので、ウマ娘プレイヤーの方はお見逃しなく。

まとめ

以上、ウマ娘シンデレラ・グレイは非常に良いゲームであり、オススメであると結論付けました。ウマ娘というゲームが好きな方には、どうしてもおすすめしたい作品ですので、小栗ファンの方もそうでない方も、ぜひ一度読んでみてください。

海外競馬カテゴリの最新記事