ザ・ハングオーバー:ベラージオの噴水でのチェイス!あまりの暑さに泳いでしまった人

ザ・ハングオーバー:ベラージオの噴水でのチェイス!あまりの暑さに泳いでしまった人

2015年7月中旬、ラスベガスのベラージオホテル&カジノは、その噴水のひとつで再びショーを行いました。

マヌエル・アセベド・グティエレスは、あまりの暑さに(そしてあまりにも酔っ払っていたので)、ベラージオホテル&カジノの8.5エーカーの人造湖で泳ぐことにしました。水に飛び込んでダンスを披露した後、男は警察との本格的なチェイスを始めました。

2隻の安全艇が出動し、39歳の男を止めようとした。警察はまず、マヌエル・アセベド・グティエレスに自力で出かけるよう説得しました。しかし、マヌエル・アセベド・グティエレスさんは、30分ごとに行われる「光と噴水」のショーのための専用スペースに泳いでいくことを希望しました。

45分間の追跡の末、警察はようやく噴水の中の男を逮捕することができました。

このジョークは、高くついたかもしれません。なぜなら、被害額は5,500ドル以上と推定されるからです(重罪の不法侵入、私有財産の破壊)。

マヌエル・アセベド・グティエレスは、ベラージオで泳ぎたいと思っている最初の人間ではありません。

ベラージオホテル&カジノの広報担当者であるメアリー・ハインズは、人造湖は「スイミングプールではありません、と語っています。

オンラインカジノカテゴリの最新記事