プレイテック社が新しいカジノゲーミフィケーションを発表

プレイテック社が新しいカジノゲーミフィケーションを発表

ヨーロピアン・ゲーミングによると、プレイテックは2月のICE 2019で、英国のカジノシーンにおけるリーダーとしての地位を確固たるものにする新しいコンセプトを発表しました。

PBS(プレイテックBGT スポーツ)としても知られる同社は、プログラムを通じて「レベルアップ」を開始し、時間制限のあるチャレンジ、毎日の報酬、ミッション、トロフィーを提供します。これは、標準的なカジノやスポーツブックの機能が、ゲーミフィケーションの層によって改善されることを意味します。

これにより、ブランドロイヤリティが高まるだけでなく、業界全体がより統合されたデジタルシステムへと移行していくでしょう。同じことが、スロットマシンやオンラインスロットにも言えます。

この製品は、スポーツブックを含む、カジノのすべての要素を完全に統合した最初のゲーミフィケーションモデルです。スポーツブックのディレクターは、この動きによって、この分野におけるブランドの顧客満足度とロイヤルティを確固たるものにすることができると主張しています。

ゲーミフィケーションとオンラインカジノは相性が良いようで、特にこの2つの側面は競争力があり、連動してうまく機能しています。

プレイテックのこの動きは、他のゲームプロバイダーが同様のサービスを提供する道を開くことになり、この分野全体の競争力を高め、最新の技術を導入することになります。

特にスポーツブックという切り口は新しいかもしれませんが、オンラインスロットは何年も前から追加コンテンツを提供しています。また、ベガススロット.co.ukが示すように、スロットの世界にはすでにゲーミフィケーションの要素があります。少なくとも、オンラインスロットをプレイする上での付加価値となっています。

ビデオスロットがその良い例で、スロットゲームで一定の勝利数を上げてレベルをクリアすると、おまけのコンテンツが提供されます。おまけを提供することは、プレイヤーを満足させ、自社のサービスを利用してもらうために、企業が昔から使ってきた戦術です。これは、ゲーム提供者とプレイヤーの双方にとってメリットのあることです。

スロットの中には、他のゲームよりもレベルアップに重点を置いているものがあります。例えば、マイクロゲーミング社のキャッスルビルダースロットでは、各リールのプレイを進めていくと、プレイヤーは構造物を作ることができます。

このスロットでゲームプレイを成功させると、より少ない時間でより多くのリソースを構築することができます。これにより、プレイヤーは何かを目指して頑張ることができ、スロットゲームの伝統的な機能を活用することができます。研究によると、ビデオゲームなどの他のゲームでも、何かに向かって努力することで、ゲームがより楽しくなることがわかっています。

デジタルの世界では、常に最新の技術に適応し、改善していくことができます。つまり、より多くのカジノがオープンしている物理的な世界では、より多くのことに直面しているということです。

ある技術が吸収され、採用されればされるほど、その技術がより多くのビジネスや分野で利用できるようになる可能性が高くなります。技術が成長すればするほど、カジノ産業に取り入れることが可能になります。

カジノ産業の中核となるゲーム性は変わらないが、新しい要素を加えることで、新しいプレイヤーを引きつけ、産業を新鮮に保つことができる。

オンラインカジノカテゴリの最新記事