シャモニー・カジノの新オーナーは「カジノ・フランセーズ」

シャモニー・カジノの新オーナーは「カジノ・フランセーズ」

このニュースはまだ市から確認されていませんが、すべての情報はSFC(ソシエテ・フランセーズ・オブ・カジノ)がバリエールグループの旧会場であるシャモニーのカジノを引き継ぐことを確認しています。SFCの動きはこれだけではありません。

ル・ドーフィネ紙によると、SFCとシャモニーのエリック・フルニエ市長は、最終的にカジノを購入することで合意したという。つまり、SFCがカジノの資本金を100%取得することになります。

一方、フランス企業は、新たに設立されたカジノのソシエテ・フランコ・ベルジュの資本の49%を引き継ぐことを宣言しました。

このグループは、ベルギーのカジノグループであるサーカスが51%を所有しており、サーカスはリューケートカジノの資本を100%保有しています。これにより、SFCは南フランスのカジノの株式を保有することになりました。

フランスのカジノ市場で確固たる地位を築いています。

ソシエテ・フランセーズ・オブ・カジノズは、フランス国内で、グリュイサンのカジノ、シャテル・ギュイヨンのカジノ、ポルト・ラ・ヌーヴェルのカジノ、コリユールのカジノの4つの施設を運営しています。

また、同グループは、食事やショーなどのアクティビティにも力を入れています。

キャピタルによると、同グループの次のターゲットは、現在交渉中のブライアンソンのカジノの買収です。

これにより、フランスのカジノ市場での競争が激化する可能性があります。

オンラインカジノカテゴリの最新記事