ヴェッキカウズは2021年12月に最新カジノフォリオカジノタンペレをオープン!

ヴェッキカウズは2021年12月に最新カジノフォリオカジノタンペレをオープン!

フィンランドの国営オペレーターであるヴェッキカウズは、タンペレ市の中心部にあるライブアリーナ「UROS」の建設に取り組みます。これに続いて、事業者の最新のカジノポートフォリオ「カジノタンペレ」が完成するのは2021年12月の予定です。

フィンランドの国有企業であるヴェッキカウズ社は、タンペレ市の中心部にUROSライブアリーナを建設しています。これに続いて、2021年12月に完成予定の運営会社の最新のカジノポートフォリオ「カジノタンペレ」が建設されることになりました。

「カジノタンペレ」は、フィンランドのインテリアデザイナーやオーディオ・ビジュアル・メディアの専門家など、さまざまな専門家の協力を得て設計されます。また、ソーシャルゲーミングに特化したエリアも設けられ、責任あるギャンブルのための新しい商品や方法を提供していきくことを目標としています。

現在の計画では、「カジノタンペレ」は約80名のスタッフを雇用し、2021年初頭から段階的に採用を開始する予定です。従業員の多くはカスタマーサービスに従事し、スタッフは特に社会的な環境作りに重点を置いたトレーニングを受ける予定です。また、責任感を持って、お客さま一人ひとりに合わせたサービスを提供することを優先することを述べています。

運営会社は、この新カジノを「責任あるゲーム環境の構築と新しいタイプのアリーナカジノとして、ヨーロッパのカジノ界のトレンドセッターになる」と考えています。

この計画には、すべてのお客様にアカウントベースのプレイを義務付ける新しい登録システムの導入や、責任あるゲームのための新しいツールの導入などが含まれています。

ヴェッキカウズ氏は2020年9月、ネットワーク全体での顧客認証の義務化を早期に導入することを求めていました。これは当初、2023年から小売店で実施される予定でした。ヴェイカウス社は2020年8月、未成年者のギャンブルを取り締まる取り組みの一環として、2021年1月から同社のアーケードゲーム「フィール・ベガス」と「ペラモ」にこの措置を導入することを発表しました。

また、店舗やキオスク、サービスステーション、レストランなどに設置されている同事業者の分散型スロットマシンを利用するお客様も、2021年1月からギャンブルをするための登録が必要になります。

カジノタンペレのゼネラル・マネージャーであるサミ・アイホ氏は、「認証は、お客様にゲームをコントロールするためのツールを提供するものです。お客様は認証を利用して、ゲームに制限を加えたり、完全に禁止することを選択したりして、ゲームをコントロールすることができます。

顧客認証の義務化を導入する計画は2019年からでヴェッキカウズ社は、2020年12月のカジノタンペレのオープンに先立ち、2021年春から既存の会場カジノ・ヘルシンキで実施する予定です。

現在、カジノ・ヘルシンキの既存のお客様は登録が必要ですが、今回の施策では、スロットゲームやテーブルゲームをプレイする前に、必ずカジノカードの提示が必要となります。この認証システムは、他のアーケードやヴェッキカウズのPOSで使用されているものとは異なります。このシステムでは、カスタマー・ロイヤリティー・プログラムのメンバーのみが、プレイする前に「ログイン」する必要があります。

「ロイヤルカスタマーとして参加できるのは、フィンランドの永住者だけです」と、カジノ・ヘルシンキのゼネラル・マネージャー、ティナ・シルタネンは説明します。このカジノには外国人ゲストが多いため、ヴェッキカウズカードに連動した強制認証は選択肢にありません。

ブックメーカーカテゴリの最新記事