日本における新しいカジノ広告規制|ギャンブル依存症対策への方針策定

日本における新しいカジノ広告規制|ギャンブル依存症対策への方針策定

ギャンブル依存症は、依存症になった人の社会生活や健康が損なわれる障害として認識されています。この問題に対処するため、日本ではギャンブル広告をどのように取り扱うかを発表し、3月にはギャンブルに関する新しい方針が策定される予定です。

空港や海港などへのギャンブル広告の新たな制限区域

日本は、空港や海港の国際線ターミナルでは、すべてのカジノ関連広告を禁止すると発表しました。まだルールは追加されていませんが、3月中には策定される見込みです。

この規制の目的は、ギャンブル依存症を予防するために、この種の広告を減らし、世間の目に触れないようにすることです。広告は、国際線ターミナルの入国審査や税関など、特定の場所でのみ許可されます。

将来的には、ギャンブル依存症を防止するために、電車やバスなどの特定の場所でのギャンブル広告を全面的に禁止します。

法規制に沿った措置によるギャンブルに対する対策の確立

IR推進法とも呼ばれる「特定複合リゾート施設区域の整備の推進に関する法律」は、2016年12月に日本の国会で成立しました。この法律の目的は、日本における統合型リゾート施設の導入を発展させることでした。

2018年7月6日、日本の国会で「ギャンブル依存症対策基本法」が可決され、ギャンブルが社会生活や家族に大きな影響を与えることが確認されました。この依存症に対処するためには、法律家がギャンブルに対する対策を確立し、政府の責任を果たす必要がありました。

オンラインカジノカテゴリの最新記事