バージニア州の部族が将来のカジノリゾート用の土地を購入

バージニア州の部族が将来のカジノリゾート用の土地を購入

バージニア州第2の都市であるノーフォーク市議会は、13.25エーカーの土地にカジノリゾートを開設する契約をパムンキー・インディアン部族と締結し、市は1000万ドルで部族に売却することになりました。

より詳細な数字の内訳としては、1平方フィートがわずか17.25ドルとなります。

2つのカジノの規模の選択肢

パムンキー・インディアン・トライブは、新たに購入した土地に建設するリゾートについて、2つの選択肢を持っています。

1つ目は、7億ドルの投資を必要とする大規模なリゾートで、500室のホテル、4,000台のスロット、225台のゲームテーブル、その他様々な特典を来場者に提供するものです。

このオプションでは、ノーフォークの町に年間3,300万ドルのコストがかかります。

もう1つの選択肢は、ホテル150室、スロット750台、ゲームテーブル25台の小規模な施設を建設することです。この場合、ノーフォークの町は年間300万ドルの支払いで済みます。

土地売却は協定は承認されているのか

ノーフォーク市議会は、パムンキー・インディアン部族への土地売却をすでに承認していますが、抵抗がなかったわけではありません。

投票は、賛成7名、反対1名で終わった。しかし、抵抗感をより明確に表していたのは住民であり、彼らは当然のことながら自分たちの裏庭に大きなカジノができることを望んでいない。

ノーフォークがバージニア州第2の都市であることを考えると、カジノには毎日それなりの数の観光客が訪れなければならない。

最も物議を醸しているのは、ナンセモンド・インディアン部族が、歴史的に正確ではないと考えるパムンキー部族の土地に対する主張に疑問を呈していることである。

しかし、どのような反対意見があろうとも、評議会はすでに決定を下しており、第一次投資が間もなく開始される。

オンラインカジノカテゴリの最新記事