ブックメーカーの収入は税金の対象?覚えておくべき税金のノウハウ!

ブックメーカーの収入は税金の対象?覚えておくべき税金のノウハウ!

ブックメーカーご利用の際に必ず知っておくべきことは、税金です。
ブックメーカーで勝ち金を得た場合、収入となる部分は税金の対象となる場合があります。

海外運営の企業で得た収入ですが、税金の対象となることを覚えておきましょう。

ブックメーカーで収入を得た際の税金について、様々な角度から解説していきます。

ブックメーカーで収入を得た際の所得税とは

ブックメーカーで払戻金を受けた場合、一時所得か雑所得としてみなされます。

一時所得とは、営利目的で得た臨時収入を指します。
懸賞金や競馬の払戻金などが該当し、ブックメーカーでの払戻金も同様です。
一時所得というのは経費として認められる範囲が狭く、一時所得を得るために直接負担した費用のみ経費と認めてもらえます。

雑所得は、小規模の副収入のような分類できない所得のことです。
収入額から必要経費を差し引いた金額が、課税対象額となります。
経費として認めてもらえる金額は、一時所得よりも幅が広いです。

ここで気になることといえば、どこまで経費として認めてもらえるのか、ではないでしょうか。
ブックメーカーで楽しんでいる方の多くは、趣味や遊びとして楽しんでいる方です。
趣味や遊びで楽しんでいる方は、不的中となったベットの費用は経費として認めてもらえません。
年間のベット額が合計300万円で、そのうちの不的中金額が280万円で20万円が的中して、払戻金の合計が100万円の場合を例にしてお話します。
本来は年間ベット額の合計である300万円を経費にしたいですが、この場合に認めてもらえる経費は的中したベット額のみです。
そのため、20万円の的中した費用のみが、経費となる可能性が高いといえます。
実際はマイナス200万円の収支となっていますが、この200万円は日本の現在の法律では適用とはなりません。

また、ブックメーカーを投資として楽しんでいる方も、最近は多くいらっしゃいます。
投資目的でブックメーカーに参加している場合、雑所得として認められる可能性があります。
この場合、投資としてベットしている証明がないと一時所得扱いになってしまうので、注意しましょう。

ブックメーカーの収入を確定申告する場合

ブックメーカーは多くの皆さんが一時所得に該当するので、一時所得の場合を開設します。
一時所得の場合、特別控除額というものがあります。
特別控除額というのは、税金を課せるのは収益が50万円を超えた場合のみです。
ブックメーカーで収益が50万円を超えている場合、確定申告でブックメーカーの収入分も申告しないといけません。

確定申告というのは、面倒な手続きではありません。
提出する書類はなく、確定申告の際に一時所得の欄に金額を記入するだけです。

ここで注意してほしい事は、正確な金額を記入することです。
バレないと思い、少ない金額を記載してしては絶対にいけません。
虚偽の数字を記載しても、国税局の調査は入るとバレてしまいます。
そのため、税金の申告を偽ることは絶対にしないようにしましょう。

ブックメーカーの収入を確定申告する際の疑問

ブックメーカーの収入を確定申告される方にとって、確定申告するためにわかりにくい部分もあると思います。
そこで、ブックメーカーで確定申告を行う際に思う疑問を、以下にご紹介致します。

海外発行のカードでATM出金した際の申告

海外発行のカードで出金した場合、日本の税務署では把握することができません。
そのため、自己申告をする流れとなります。
税理士に相談をして、確定申告しましょう。

電子決済サービスから銀行に引きだした場合

エコペイズなどの電子決済サービスから出金した場合、電子決済サービスの管理画面より出金の履歴を確認することができます。
それをもとに、確定申告しましょう。

雑所得の場合の経費として認められるもの

ブックメーカーを投資として利用している場合は、雑所得として認めてもらえる場合があります。
雑所得の場合の必要経費として認めてもらえる費用は、パソコンダイヤインターネット通信費、本や電子書籍、情報商材などの投資に関するものは該当します。

ブックメーカーの本場に視察に行った際の渡航にかかった費用は経費となるのか

イギリスなどのブックメーカーの本場に行って視察した渡航費は、経費として認めてもらえる可能性があります。
しかし、認めるかどうかの最終決断は、税務署が行います。
そのため、100%認めてもらえるかどうかはわかりません。
事前に税理士さんに相談をしてから、渡航を検討されることをおすすめします。

ブックメーカー投資の場合の不本意に外れたハズレ馬券は経費として申告できるのか

ブックメーカーを投資として利用している場合、雑所得扱いとなる場合があります。
雑所得扱いの場合、ハズレ馬券は経費として申告出来る可能性は五分五分と言われています。
しかし、博打要素があるベットの場合、認められない場合があると言われています。
最終判断は、税務署の判断となってしまいます。
どうしても経費として認められたい場合は、スクリーンショットや明確な理由を準備して説明すると良いでしょう。

ブックメーカーカテゴリの最新記事