ブックメーカーで得た利益は確定申告しないといけないの?所得税は発生するのか

ブックメーカーで得た利益は確定申告しないといけないの?所得税は発生するのか

ブックメーカーで得た利益に所得税がかかるのか、それは国によりことなります。
日本でブックメーカーで利益を得た場合、所得税の対象となる場合があります。
そのため、ブックメーカーで勝利金を得た場合は確定申告をするのかに目を向けなくてはいけません。

ブックメーカーの確定申告について、様々な角度から解説していきます。

ブックメーカーで得た利益は確定申告しないといけない場合がある

日本で海外のブックメーカーで遊んで勝利金を得た場合、所得税が発生します。
ブックメーカーで得た賞金は、一時所得に分類となります。

毎年1月1日から12月31日までの1年間で得た賭けに対し、所定の税率にて所得税の支払対象となります。

ギャンブルの賭けの経費には、負けた掛け金を算入することができません。
1年間トータルで勝った賞金が100万円で同年の負けが150円の場合、実質的に手元に残るお金はマイナス50万円となります。
この場合は収支がマイナスになりますので、税金はゼロでかからないと思うかもしれません。
しかし、負けた金額である150万円は計算には入れません。
例えば、2倍のオッズに対し50回賭けて100万円勝った場合、50万円が経費となり50万円が儲けという計算となります。
勝ち得た賞金のみが、計算の対象となります。

外れてしまった掛け金は経費にはなりませんが、1つ注目すべきなのが一時所得には50万円の特別控除があることです。
50万円の特別控除というのは、獲得した賞金から掛け金を差し引きした残額が50万円を下回る場合に所得税がかからないという決まりです。
差し引きした金額が50万円を超えた場合でも、その金額は半分になります。

先程の100万円儲かった例で計算してみると、100万円から50万円の特別控除の差し引きとなるので、50万円が対象となります。
しかし、50万円の課税金額は半分となるので、25万円が正味課税される金額となります。

ブックメーカーでサラリーマンが収入を得た場合の確定申告

サラリーマンの場合、所属している会社から給料をもらう時点で所得税が引かれています。
そのため、確定申告は原則的に行わなくてOKです。

しかし、2か所以上から給料をもらっている場合や20万円を超える副収入がある場合、確定申告が必要となります。

サラリーマンの場合、1つの会社より給料をもらっており、その給料の全額が確定申告の対象となる場合、オンラインギャンブルであるブックメーカーの一時所得は副収入に該当となります。
20万円を超えている副収入を貰っている場合に該当する場合、確定申告の対象となります。

一時所得の場合は50万円控除して半分というルールがあるため、ブックメーカーでの儲けが90万円を超えている場合は確定申告が必要となります。
90万円のブックメーカーのもうけを下回っている場合は、確定申告は不要です。
ブックメーカーの他にも副収入がある場合は合計の儲けの計算となるので、全ての副収入の儲けがトータル90万円だったのかが、1つの目安となります。

サラリーマンの確定申告の仕方

確定申告は、毎年2月16日から3月15日まで申請可能です。
昨年1年間の収入を計算し、手続きとなります。

働いている会社から受け取った給料の源泉徴収票と、ブックメーカーの儲けを計算した収支履歴などの資料が必要となります。
ブックメーカーに支払調書を依頼できればいいですが、発行はしてもらえません。
そのため、代わりに履歴を保存することで代用として使うことができます。

確定申告書の作成の仕方は、国税庁のウェブサイトに分かりやすく記載されていますので、その通りに打ち込むと簡単に作成ができます。
計算に使ったプレイ履歴や利益の送金明細、銀行への利益などの提出は必要ありません。
しかし、スクリーンショットで撮ったりプリントアウトをして保管しておくようにしましょう。

確定申告書をプリントアウトして税務署の窓口に持っていくか、郵送するか、eTaxでオンライン提出も可能です。
その後払込書を受け取って、記載された期日まで税額を納めることで完了となります。

サラリーマン以外の確定申告の仕方

個人事業主やフリーター、主婦、年金受給者などのサラリーマン以外の方も、基本的にはサラリーマンの方と確定申告の仕方は同じです。

他の収入にブックメーカーの一時所得を合算して、各種控除を引いて所得税を計算するだけです。
ブックメーカーご利用の前から毎年確定申告している場合は、一時所得の項目が増えるだけです。
そのため、今まで通りの確定申告内容と変わらない手続きとなり、難しい手続きにはなりません。

主婦などの配偶者の扶養に入っている場合、ブックメーカーで得た収入の金額次第で扶養から外れてしまうと思うかもしれません。
ブックメーカーと他の収入の合算により、配偶者の扶養から外れてしまうことがあります。
主婦が配偶者の扶養から外れたくない場合は、毎月の累計収入を確認して年収が扶養の範囲に収まるように気を付けるべきといえます。

ブックメーカーカテゴリの最新記事