ブックメーカーのオッズを徹底解説!オッズを理解して勝利に直結させよう!

ブックメーカーのオッズを徹底解説!オッズを理解して勝利に直結させよう!

ブックメーカーで重要になるポイントが、オッズです。
オッズは競馬などで耳にしたことがある方も多いと思うので、ご存じの方が大半だと思います。
オッズを詳しく理解して、ブックメーカーで勝利を手にしましょう。

ブックメーカーのオッズについて、様々な角度から解説していきます。

オッズを詳しく理解しよう

オッズは、プレイヤーがお金を賭けたものが的中した場合に何倍になるのかを示している数字です。
倍率2.2倍の場合、1,000円を賭けた場合に賭けに勝ったら2,200円になって戻って久来ます。
この場合の利益は、1,200円になります。
オッズの高さは、ブックメーカーの優劣を表す指標といえます。

オッズは、各ブックメーカーにより異なります。
同じ試合であっても、Aのブックメーカーのオッズは2.1倍、Bのブックメーカーのオッズは1.0倍の場合があります。
この賭けに勝った場合、Aのブックメーカーに賭けた方は、戻ってくるお金は多くなります。

オッズは何を基準に決めているのか

オッズは何を基準に決めているのか、それには以下の3つの要素があると言われています。

オッズコンパイラーの主観や経験則

オッズコンパイラーというのは、オッズを作る人というとわかりやすいと思います。
アカウントの管理や不自然な賭けの方よりなどをチェックする役割も行っており、ブックメーカーの各社にオッズコンパイラーの専門スタッフがいます。
高度な計算知識や特定のスポーツへの専門知識を持っており、それによりオッズを計算します。
そのため、彼らの見解によりオッズに影響が出ます。

過去の統計データ

近年のブックメーカーでは、過去の実績や統計などのデータを重視してオッズを決める傾向があります。
ポワンソン分布などの分析手法などを使い、起こりうる確率を計算してオッズをみちびきます。
直近の勝敗結果やスコアなどが、重視されます。

プレイヤーの嗜好や過去の賭け方

オッズに影響を与える要素として、プレイヤーがどのように賭けてきたのかというデータも重視します。
社内データにあるプレイヤーが儲かった試合のオッズを基にし、プレイヤーの好みも把握して様々なデータを駆使して計算します。
プレイヤーの好みを最大限に熟知した上で、胴元が儲かる最大のオッズにする、という流れです。

還元率にも注目しよう

しかし、もう1つ注目してほしいポイントがあります。
それは、還元率です。

還元率は、ユーザーに戻ってくるお金を率で表した数字です。
還元率というのは、期待値や機械割、出玉率、払戻率と、ほぼ同じ意味です。
逆の言葉で控除率という言葉がありますが、これは賭けに対し胴元がどれだけの手数料を取るのかの割合のことをいいます。

還元率も、ブックメーカーにより異なります。
還元率が高ければ高いほど、プレイヤー勝つ確率が高くなるということになります。

ブックメーカーの還元率は、90~97%です。
パチンコや競馬と比べると、驚異的な還元率となります。
なぜそのような多くの還元率とすることができるのか、その理由はブックメーカーは世界規模で運営されているので参加している人が多い事から、可能な限り還元率を低くしてプレイヤーに還元することができるという流れです。

また、オンラインブックメーカーの場合、経費がほとんどかからないことも還元率が高い理由です。
パチンコ屋のように店舗を構える必要がないので、建物代などの固定費がかかりません。
そのため、その分還元率を高くすることができます。

還元率の計算の仕方は、両方のチームに100円ずつベットした場合のオッズが2倍だった場合、賭けたチームのどちらかが勝っても200円戻ってきます。
この場合は、還元率が100%となります。
しかし、同じ100円ずつのベット金額でオッズが1.8倍の場合、賞金は180円となり20円の損となります。
2つのチームの合計200円賭けた中で損をした20円がブックメーカー側の取り分となり、還元率は90%ということになります。

そのため、還元率が高いブックメーカーで賭けるほうが、効率よく稼げるという計算となります。

還元率が高いブックメーカーとは

還元率というのは、その試合に賭けるオッズにより異なります。
2018年の名古屋グランパスとコンサドーレ札幌の試合のオッズと高かった還元率を、還元率が高かった順番に以下にご紹介いたします。

・sportsbet.io
名古屋グランパスオッズ2.240
コンサドーレ札幌オッズ2.029 
引き分け3.900
還元率96.51%

・ピナクル
名古屋グランパスオッズ2.250
コンサドーレ札幌オッズ2.929
引き分け3.990
還還元率96.48%

・188BET
名古屋グランパスオッズ2.260
コンサドーレ札幌オッズ2.830
引き分け4.000
還還元率95.62%

・1xbet
名古屋グランパスオッズ2.210
コンサドーレ札幌オッズ2.929
引き分け3.920
還還元率95.50%

・マラソンベット
名古屋グランパスオッズ2,190
コンサドーレ札幌オッズ2.930
引き分け3.980
還還元率95.31%

逆に、低かった還元率のブックメーカーは、以下があります。

・bwin
名古屋グランパスオッズ2.200
コンサドーレ札幌オッズ2.900
引き分け3.300
還還元率90.71%

・888sports
名古屋グランパスオッズ2.190
コンサドーレ札幌オッズ2.750
引き分け3.650
還還元率91.04%

・21bet
名古屋グランパスオッズ2.200
コンサドーレ札幌オッズ2.850
引き分け3.700
還還元率92.96%

・22bet
名古屋グランパスオッズ2.165
コンサドーレ札幌オッズ2.850
引き分け3.880
還還元率93.41%

・W88
名古屋グランパスオッズ2.250
コンサドーレ札幌オッズ2.850
引き分け3.750
還還元率94.16%

このように比較してみると、同じ試合でもブックメーカーごとに還元率が大きく違うことがわかります。
オッズと還元率を細かく調べて、効率よいブックメーカーで賭けを楽しみましょう。

ブックメーカーカテゴリの最新記事