ブックメーカーとは!ヨーロッパで非常に有名で日本でも人気の賭け事!

ブックメーカーとは!ヨーロッパで非常に有名で日本でも人気の賭け事!

フックメーカーは、海外での合法で運営されているオンラインの賭けサイトです。
スポーツブックやスポーツベット、スポーツべッティングなどとも呼ばれています。

ヨーロッパで有名で人気があるブックメーカーは、昔から楽しんでいる方が多くいます。
日本でも人気で多くの皆さんが登録しており、人気のある試合へ賭けることができるので人気です。

ブックメーカーとはどのようなものなのか、様々な角度から詳しく解説していきます。

ブックメーカーとは

日本の賭け事といえば、競馬や競輪、競艇、パチンコなどがあります。
ヨーロッパでは、ブックメーカーが有名です。
ブックメーカーは、スポーツや日常の出来事を賭けることができる、日本でいうtotoのような感じの賭けごとというとわかりやすいと思います。

ブックメーカーは、発祥がイギリスです。
スポーツへ賭けるという文化は、古くから王侯貴族の間で行われてきた歴史があります。
ブックメーカーの原型は、1875年イギリスのニューマーケット競馬場にてハリー・オグデンによりはじまったのが最初と言われています。
しかし、当時は競馬の歴史にそぐわないということで、公認とはなりませんでした。
現在のブックメーカーには、競馬も含まれています。

法律で禁止となっている非公認のブックメーカーが無数に出始めてきたことにより、政府は許認可制のブックメーカーへの転向を余儀なくされました。
1963年、政府が定める厳しい条件をクリアした民間の会社は、胴元になれる法律が定めらました。
許可条件を満たした企業は、堂々とブックメーカーを運営できるようになりました。

政府許認可制のビジネス性になってからは、ブックメーカーは大衆文化として広まっていきました。
現在は、スポーツ以外の日常のできごとも賭けの対象となりました。
政治選挙や経済など、面白い賭けの種類もあります。

インターネットが普及してからは、オンラインでの参加も可能となりました。
そのため、初心者の方でもブックメーカーに気軽に参加して楽しめるものになっていきました。
現在は多くのブックメ―カーがあり、世界に1,000以上あると言われています。
様々な内容で運営されており、サポートや取り扱っているオッズはクオリティの差がありブックメーカーにより異なります。

スポーツ観戦が趣味の方に人気のブックメーカー

日本人にブックメーカーをおすすめできる理由は、日本人はスポーツ観戦が好きな方が多いからです。
ブックメーカーは、スポーツの試合やレースなどに賭けることができます。

お金を賭けて試合を観戦することにより、趣味のスポーツ観戦の楽しみをワンランク上げることができます。
配当金を受け取ることが出来る可能性があることにより、テレビの前での応援も楽しくなります。

日本では、スポーツへの賭け事は禁止となっています。
しかし、合法となっている国が運営しているブックメーカーであれば、違法にはなりませんので心配なく賭けることができます。

ブックメーカーが人気の理由

世界的にブックメーカーが人気の理由は、以下の3つが挙げられます。

オッズが高い

日本のスポーツ振興くじと海外ブックメーカを比べると、オッズの付け方が全く異なります。
日本の競馬やスポーツ振興くじのような公営ギャンブルの場合は、購入時の得られる情報は投票率だけです。
そのため、当たった場合はいくらの配当金となるのかわからない状態で、購入しなければいけません。

ブックメーカーは圧倒的にオッズが高く、当たった際の勝利金が多いのが特徴です。
なぜ多くの還元率とすることが出来るのか、その理由は世界中で運営しており何千万人の顧客がいるからです。
世界規模で運営しているので、少ない手数料でも賭けを提供することができるのです。

無料で様々なスポーツの視聴ができる

口座に入金することで、様々な人気のスポーツを視聴することができます。
ヨーロッパのサッカーリーグやメジャーリーグのベースボール、NBA、テニスの4大大会であるグランドスラムなど、様々なプロスポーツの試合をスマホから無料視聴することができます。

口座には、1円でもあれば視聴が可能です。
画像も綺麗であり、ストレスなくみることができます。
衛星放送よりも安いということで、ブックメーカーに入会している方もいるほどです。

運営先が儲けているわけではない

日本の公営ギャンブルは、運営先が儲けています。
しかし、ブックメーカーの場合は運営先が儲けることができない場合もあります。

2016年のレスターの試合では、弱小チームが優勝しました。
その際の胴元のブックメーカー全体の損失額は、1,800万ポンドで日本円でおよそ28億円でした。
胴元は大損となってしまい、倒産してしまったブックメーカー企業もあったそうです。
弱小チームに賭けてチームが勝った場合、大きな勝ち金を受け取ることができるということです。

ブックメーカーカテゴリの最新記事