パリ: カジノはないが高級ギャンブルクラブがある|ロンドンスタイルのギャンブルクラブ誕生

パリ: カジノはないが高級ギャンブルクラブがある|ロンドンスタイルのギャンブルクラブ誕生

2015年6月初旬に発表されたデュポール氏のレポート「パリでの新しい合法的なゲーム提供のために」では、フランスの首都にカジノを開設するか、新しいギャンブル場を作るかという2つの選択肢が提示されました。報告書では、パリとローマを除くヨーロッパのほとんどの首都でカジノが開催されていること、パリにカジノを設置すれば、フランス政府に年間4650万ユーロの税収がもたらされることなどを紹介しています。しかし、多くの政治家、パリ市議会議員、エンギアン・カジノが反対した第1の選択肢は、政府によって却下されました 2015年6月12日(金)、カズヌーブ内務大臣は、スロットマシンは認められないものの、第2の選択肢を選んだことを発表しました。

しかし、高級なギャンブルクラブ

早ければ2016年にも、ロンドンスタイルのギャンブルクラブが誕生する予定でした。2008年以降、スキャンダルやマネーロンダリング疑惑などにより、ギャンブル場10カ所のうち8カ所が閉鎖されていることを考えると、非常に意外な決定といえます。

しかし、これらの悪名高い「サークル」がフランスの法律に基づく団体であるのとは異なり、新たに選定されたロンドン式ギャンブルクラブは、カジノを模した税制を持つ真の商業企業であり、頻繁な検査を受けることになります。

フランス政府は、パリの賭博場のモラルを向上させようとしており、今回の決定もその一環です。

エンギアン・カジノを救う

パリ地域で唯一のカジノであるアンギャン・レ・バンのバリエールカジノのスタッフは、何ヶ月にもわたる議論と懸念を経て、ほっとしています。

デュポン社の報告書には、パリにカジノができた場合のアンギャン市への金銭的補償が書かれていました。しかし、同市の予算の半分はカジノによるものなので、市議会はこのニュースを聞いて本当に喜んだといいます。

しかし、フランス労働組合連合会(FO)は、これらのクラブが「偽装された小さなカジノ」になるのではないかと懸念し、依然として留保を表明していました。

オンラインカジノカテゴリの最新記事