フィンランドのレポートは新しいRG措置の中でスロットマーケティングの禁止を提案!

フィンランドのレポートは新しいRG措置の中でスロットマーケティングの禁止を提案!

フィンランドの社会・保健省のワーキンググループがまとめた報告書では、国内のスロットプレーヤーをギャンブルの害からよりよく保護するために、いくつかの提言がなされています。その中には、業界のマーケティングを禁止することも含まれています。

とりわけ、消費者保護を強化するためには、民間事業者のライセンス供与(国のギャンブル独占企業であるベッキカウズはこれに強く反対しています)が効果的であると提案されています。しかし、これは、オフショア事業者を市場から締め出すことを優先して見過ごされるだろうと述べています。

2001年のロッテリー法により、ギャンブル依存症を最小限に抑えるための方策を提言するために設置された害悪評価グループの報告書は、2つのセクションに分かれている。

1つ目は、グループ自身が作成したもので、既存の規制を強化するための方策に焦点を当てています。2つ目は、ヘルシンキ大学の研究者であるトゥリア・ラックカネンとヴィルヴ・マリオノーが作成したもので、ギャンブルを他の規制市場と比較しています。報告書では、他の規制されたギャンブル市場と比較しています。報告書では、比較を行っています。

報告書では、スロットの入手可能性とアクセスのしやすさが問題につながると結論づけています。これについては、2020年末までに稼働中のマシンを8,000台削減するというベッキカウズ社のイニシアチブにより、ある程度対処されるでしょう。現在、国民一人当たりの遊技機台数がフィンランドより多い国はデンマークだけです。

しかし、報告書は、責任あるギャンブルへの取り組みが、長時間の営業によって影響を受けていると結論づけています。現在、ベッキカウズ会場で開催されていないスロットは24時間営業で、運営会社のフィールベガス・アーケードは午前3時まで営業しています。

これは、真夜中にマシンがオフラインになるノルウェーや、この時間になるとすべてのゲームホールを閉鎖しなければならないデンマークとは対照的です。

しかし、スロットマシンの設置場所には制限がないため、どこにでも設置できるというアクセシビリティの問題もあります。つまり、スロットマシンは認可された施設に設置されます。報告書では、すべての分散型マシンの流通を停止するか、ベッキカウズが運営する施設に限定することを推奨しています。

スロットのアクセス性を低下させるためには、スロットの販売を全面的に禁止することが重要である。そのためには、すべての遊技機のリスクプロファイル分析を行うべきである。これにより、お客様に悪影響を及ぼす可能性がある場合には、警告を表示することができるようになります。

前述のとおり、報告書では、オンライン上の被害を軽減するためには、海外市場を考慮する必要があるとしています。この問題は、当局が顧客の活動をより詳細に監視できるような何らかのライセンスで対応できる可能性もありますが、ライセンスを持たない事業者がフィンランドの消費者にアクセスできないようにするための新たな措置で対応する可能性の方が高いと思われます。

他の市場における責任あるギャンブルのためのセーフガードの研究では、顧客の活動をさらに可視化する方法として、集中型の自己排除データベースが取り上げられている。これは、ベッキカウズ社が2021年の完全導入に向けて今月から試験的に実施している、強制的な本人確認によってサポートされます。

認証は、それ自体がゲームをコントロールする手段ではありませんが、責任を持って実装すれば、ブロックを監視したり、プレイヤーにフィードバックを提供したりすることで、ゲームのコントロールをサポートすることができます」と説明しています。

最後に、強制的な制限も効果的であることが強調されました。これはすでに実施されており、2021年までスロットやビンゴなどのオンラインゲームに500ユーロの制限が設けられています。しかし、報告書では、制限が一律に適用されるのであれば、これを他の形態のギャンブルにも拡大することができるとしています。それにもかかわらず、人々はそれなりの金額を賭けることができています。

この報告書がまとめられたのは、フィンランド政府が宝くじ法の改正に取り組んでいる時期でした。これにより、2023年からスロットマシンの識別管理が義務化される予定で、ベッキカウズはすでにこれをできるだけ早く実施するよう求めています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事