2億5000万ポンドのエンラボスが提供するバルト海の機会に目を向ける!

2億5000万ポンドのエンラボスが提供するバルト海の機会に目を向ける!

エンテン PLCは、バルト海市場での事業拡大を目指し、FTSE100のギャンブルグループの株主であるエンラボスABに対する「推奨プラン」の取引条件を発表しました。

エンテンは、ナスダック・ノルディック証券取引所において、エンラボス社の株式1株あたり40クローネの現金オファーを提案しており、最新のM&Aターゲットの評価額は28億クローネ(2億5000万ポンド)となっています。

本提案は、過去90日間のエンラボス社株式1株あたりの加重平均価格に対して15.6%、過去190日間のエンラボス社株式1株あたりの加重平均価格に対して42.3%のプレミアムを付与したものです。

本提案はエンテン社の自己資金で賄われ、2021年にはエンテン社の純負債対EBITDA比が約0.2倍になると予想されています。

エンラボス社の取締役会は、株主への提案を承認しており、同社の会長であるニクラス・ブラテン氏は、エンテン社との取引が「即時的な戦略的論理」を提供するものであることを強調しています。

Braathen氏は次のように述べています。「これまでのところ、我々はエンテンのサービスに非常に満足しています。これまでの取引では、会社、顧客、従業員にとって素晴らしい家を提供してくれることが確認できました。

エンテンの様々な地域市場での経験と実績、市場をリードする独自の技術と世界レベルのマーケティング力は、バルト三国をはじめとする地域での成長を目指すエンライタミクスにとって重要な魅力です。

最後に、エンラボスは独立企業として大きな成功を収めてきましたが、業界の統合が進み、規模の重要性が高まっていることを認識しています。

今回の買収が確定すると、エンテンはバルト地域最大のベッティングオペレーターであるエンラボスの90%以上を所有することになります。

エンラボス社は、来年のゲーミング純収益を89.5百万ユーロ、EBITDAを23.5百万ユーロと見込んでいます。

エンラボス社の最近の成長は、エンテイン社の拡張計画にも反映されています。リガを拠点とする同社は、ラトビアではマーケットリーダー、エストニアでは第2位のベッティングオペレーター、リトアニアではトップ5に入る企業です。

2020年11月のグローバル・ゲーミング社の買収により、同社は北欧諸国にブランドと製品を拡大し、東欧での存在感を高めました。

エンラボス社のオンラインギャンブルのポートフォリオは、バルト海およびスカンジナビア市場で運営されているフラッグシップブランドオプティベットが中心となっています。

エンラボス社の買収は、規制された新しい国際市場に進出するという当社の戦略に完全に合致しています。エンテイン・グループのCEOであるシェイ・セゲブ氏は、「既存の市場と新しい市場の両方で、もたらされる成長機会に非常に期待しています。

「エンラボスは、すでに独自のビジネスとして強力かつ急速に成長していますが、当社の比類なき独自技術、規模、製品、マーケティングの専門知識の力を活用することで、その成長を加速させることができる素晴らしい機会を得ました」と述べています。

エンテン社は脚注の中で、ブラテン社が引き続き同社をサポートし、グループの事業を発展させ、バルト海地域全体の持続的成長のための指導を行うことを確認しました。

この取引が成功裏に完了すると、ブラテン社は4ヶ月以内に1,500万ユーロをエンテン社の株式に投資します。

FTSE100グループは、この取引が、2023年の取引終了までにすべての企業収益を規制市場から得ることを目標とする、新憲章の企業目標に沿ったものであると述べています。

この取引は、規制当局の承認およびエンテン社の株主の承認を得た上で、2021年の第1四半期に完了する予定です。

ブックメーカーカテゴリの最新記事