シンガポール・リゾート・ワールド・セントーサのカジノで不正行為を行った2人のクルーピアを逮捕!

シンガポール・リゾート・ワールド・セントーサのカジノで不正行為を行った2人のクルーピアを逮捕!

2015年9月9日、シンガポールのカジノで発生した詐欺事件に関与した2人のクルーピアに実刑判決が下されました。この事件は、2015年6月29日に始まり、2015年7月14日に終わったとされています。

65歳のシンガポール人であるシュア・ライ・ハット氏は、この事件の責任者として起訴されました。

彼は2人のディーラーの共犯者で、スリーカードポーカーの最後のカードの価値を教えた。スリーカード・ポーカーとは、カジノで行われるゲームで、各プレイヤーが最初の賭けをして3枚のカードを受け取り、プレイヤーはクルーザーのカードを見ずに自分のカードでフォールドするか、賭け金を2倍にするかを選択することができる。

今回の事件では、リゾート・ワールド・セントーサ・シンガポールで働いていた27歳のマレーシア人チョウ・ホイ・ヨン氏と40歳の中国人チャン・ジージュー氏が、最高7年の懲役と最高15万ドルの罰金を科せられる可能性があります。

彼らにはそれぞれ4ヶ月と8ヶ月の懲役刑が言い渡されました。

この不正を発見したのはピットマネージャーでした。不正を発見したのはピットマネージャーだけで、他の従業員は何も気づかなかったと言っています。

シュア・ライ・ハットの利益の20%を受け取った2人のクルーパーは、約1,000ドルを稼ぐことができました。

チャン・ジージューとシュア・ライ・ハットは、同様のケースに巻き込まれたと言われています。

シュア・ハイ・ラットの裁判に関する情報は、現時点では入手できません。

オンラインカジノカテゴリの最新記事