Covid-19はAlliedEsportsの第2四半期の損失の拡大につながる!

Covid-19はAlliedEsportsの第2四半期の損失の拡大につながる!

ワールド・ポーカー・ツアー(WPT)を含むグループであるアライド・エスポーツ・エンターテインメントは、新型コロナウイルス(Covid-19)による一部のeスポーツイベントの中止により収益が悪化し、第2四半期は全体で1,090万ドル(830万ポンド/930万ユーロ)の損失を計上しました。8.3百万ポンド/930万ユーロ)を計上しました。

第2四半期に苦戦した結果、2020年6月30日までの6ヵ月間の売上高は1,060万ドルとなり、前年同期の1,380万ドルから23.2%減少しました。

費用・経費の合計は16.3%増の2,350万ドルで、営業損失は12.9ドルとなり、2019年に記録した660万ドルの損失の約2倍となりました。その他の費用を差し引くと、アライド・エスポーツは全体で1,970万ドルの損失を計上しました。

第2四半期の収益は460万ドルで、2019年同期に比べて37.0%減少しました。

アライド・エスポーツ社によると、第2四半期に新型コロナウイルスCovid-19の影響を最も受けたのは対面活動であるライブイベントであり、避難命令により多くのイベントが開催できませんでした。その結果、フェイス・トゥ・フェイスの収益は、320万ドルから699,327ドルへと78.3%減少しました。

また、アライド社は、マルチプラットフォーム・コンテンツの需要が増加したにもかかわらず、収益が減少し、59.1%減の70万5,251ドルとなりました。スポンサーシップ収入も、パンデミックの影響でWPTファイナルテーブルが延期されたことにより減少しました。

これらの減少は、インタラクティブ・サービスからの収入が320万ドルと前年同期の240万ドルから33.3%増加したことで一部相殺されました。アライド・エスポーツは、この増加について、クラブWPTの加入者数およびバーチャルチップの購入数が大幅に増加したこと、およびクラブWPT会員向けに新たなプレミアムレベルを開始したことによるものとしています。

2020年四半期の支出については、新型コロナウイルスCovid-19の閉鎖により多くの分野で支出が減少したため、総費用および経費は6.9%減の940万ドルとなりました。

マルチプラットフォーム関連費用は63.4%減の563,833ドル、対面式の費用も40.6%減の507,112ドルとなりました。販売・マーケティング費は71.7%減の29万2,485ドル、一般管理費も370万ドルと減少しました。

しかしながら、費用が収入を上回ったため、アライド・エスポーツの営業損失は480万ドルとなりました(2019年は270万ドル)。その他の費用610万ドルを差し引いた純損失は、2018年の280万ドルから1,090万ドルに増加しました。

為替費用も考慮すると、アライド・エスポーツは、昨年の280万ドルに対し、1,090万ドルの全体的な損失で第2四半期を終えました。

最高経営責任者のデビッド・ングは、「第2四半期を通じて、現在進行中のCovid-19パンデミックの影響により、非常に厳しい環境下で事業を継続しました。

第2四半期の大半に渡って続いた避難命令により、当社の事業活動の重要な要素である対面式サービスが一時的に停止し、第2四半期の業績に悪影響を及ぼしました。

「このような現実を踏まえ、私たちは戦略の焦点をマルチプラットフォーム・コンテンツとインタラクティブ・サービスという柱に早急にシフトし、パンデミックによる事業への影響を緩和し、忠実な顧客コミュニティであるアライド・エンタテインメント社へのサービスを継続しました。」

ンはまた、アライド・エスポーツが第2四半期に、2020年8月23日に満期を迎える予定だった1,400万ドルの未払い債務と370万ドルの未払い利息の借り換えに成功したと述べました。

負債の満期をさらに2年間延長することで、パンデミック時の経済的不確実性を克服し、将来の価値と成長を生み出すための財務的柔軟性を大幅に高めることができました」とウンは述べています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事