オールB育成論! 実際の育成を通じ重要ポイントを徹底解説!

オールB育成論! 実際の育成を通じ重要ポイントを徹底解説!

今回のテーマは「すべてのB馬娘を育てる」です。前回の記事でファクターガチャの話をしたときに、青のファクター3☆3を目指すときはB以上のステータスを増やしたほうがいいと書きましたが、そのときは初心者向けの説明だったので、少しハードルを下げてB以上のステータスを3~4個作ることに限定しました でも、全部Bにできたら最高ですよね。ただ、全部Bにできればそれに越したことはないので、今回はもう一歩踏み込んで、最も効率的な要因の回り方とされている全部Bにすることについてお話します。

因子ガチャを周回する場合、基本的には全てのBを手に入れることを目標にして周回しますが、それなりのサポートがあれば、無課金でも達成できる目標です。今回は、実際の育成を通じて、オールB以上のウマ娘を作る方法を紹介したいと思います。

根性論を重視したサポートデッキを作る

まず、今回は選手を鍛えるために使うサポートデッキと、根性のあるディスカードを鍛えるために使うサポートデッキは異なります。ただ、根性パラメータは根性をしっかり鍛えないと全く伸びないので、必然的に根性サポートを中心としたデッキになります。また、根性を鍛えることでスピードやパワーが少しずつ上がっていくので、それらのパラメータを少しずつ補っていくことができるのも、根性を中心にする理由です。目安としては、ガッツサポートカードを2枚ほど入れたデッキを作るといいでしょう。

ここではサポートデッキの一例を紹介します。特におすすめなのは「グラスワンダー」で、これは得点率を上げる効果が高いです。
また、ガッツリとした友情の成長をたくさん起こしたいので、高レートのガッツリサポートがあるとさらに良いですね。特に「グラスワンダー」は、根性サポートの中で最も根性アップ率が高いので、持っている人はぜひ使ってみてください。

その他のスロットについては、継承係数との相談になりますが、各タイプのサポートを1つずつ使うことができます。ただ、根性を中心としたデッキではスタミナを上げるのが少し難しいので、スタミナにも気を配る必要があります。そういう意味では、ファクターをスタミナ重視にすることをおすすめします。

マヤノトップガンを実際にオールBに育て上げてみる

さて、今回は彼女を育ててみましょう。今回の例で使う馬はマヤノトップガンです。彼女の育成難易度はやや難しい方なので、他の多くの馬娘の育成にも応用できるはずです。

彼女のローテーションは、「メイデビュー」「ホープフルS」「皐月賞」「日本ダービー」「菊花賞」「有馬記念」。序盤は基本的に絆を深めることを優先し、友情調教の発生を目指しています。

また、スタミナや根性のトレーニングで、最低限レースに勝てるだけのスピードを確保しつつ、それなりのレース数をこなせるようにすることを目指しています。…… 予定では、スタミナ450(C)、根性260(E)だったのですが、スタミナ部門の人数が多かったため、皐月賞ではスタミナ450(C)、根性260(E)になってしまいました。むしろ、根性トレーニングを早めに行ったほうが、スタミナ調整がしやすいですね。

スタミナの要素が高い効果なのか、トレーニングパスではスタミナだけが高くなっています。

その結果、皐月賞とダービーを制覇。しかし、まだまだスタミナが必要だったので、菊花賞まではスタミナを多めにして調教することにしました。

秋には根性が360(D)まで上がり、マエストロオブアーク勝利の流れもあって、菊花賞を大差で勝ちました。そのまま、菊花賞を大差で制した。徹夜して、有馬記念を勝って、自分の番が来た!俺の番だ!と...

そんな気持ちで菊花賞を迎えました。その後の福引でティッシュを引けたのもご愛嬌。
ファンが多いようなので、3年目は阪神大賞典、天皇賞(春)、宝塚記念、天皇賞(秋)、有馬記念を目標レースにしました。他の馬に比べて知能が低かったので、隙を見て知能を上げ、総合的な能力を平準化してオールBのレベルに仕上げました。

こうして、3年目の目標レースである「オールB」を達成することができました。これをどうするかは迷うところです。

そして、最後にパラメータを微調整して、有馬記念やURAファイナルなどの残りの対象レースを勝ち、オールBの成績で着地しました。記録は14戦12勝で、負けたのは前述の春天と、適当に「結果を見る」をクリックしたら2着だった宝塚記念だけでした。

このように、自分の力を発揮することができました。スタミナの上げ方が問題になりがちなので、スタミナが上げやすい馬娘でスタートするのもいいかもしれません。

さて、最終結果です。悲しいことに青の☆1を引いてしまいましたが、このまま頑張れば近いうちに何かしらの☆3を手に入れることができると思います。

おわりに

というわけで、いつものように最後に重要なポイントを箇条書きでまとめておきます。

・オールBのデッキを作るときは、根性のあるサポーターを中心としたサポートデッキを作ったほうがいいです。
・根性サポの中でも、SSRグラスワンダーは改善率が高いのでお勧めです!
・グラスを持っていなくてもオールBは可能なので、持っている人にはオススメですね。
・スタミナが不足しがちなので、ファクターでスタミナを補いたいところです。
・早い段階でガッツリ鍛えておくとステータスの調整がしやすいので、なるべく早くやっておきましょう。
・絆を増やしたり、友情トレーニングを早い段階で行うなど、基本的なことも忘れずに。

オールBは非常に高い目標なので、強力なサポートが必要ですが、以下のステップを踏めば、簡単にできるはずです。コツをつかめば大量生産も可能ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

海外競馬カテゴリの最新記事