チームレース中距離・アグネス・タキオン育成ガイド|無課金でも入手しやすい

チームレース中距離・アグネス・タキオン育成ガイド|無課金でも入手しやすい

今回のテーマは「アグネス・タキオン」のチームレースと中距離の調教ガイド」です。中距離馬はたくさんいますが、先日、タキオンを本格的に調教したところ、あまりの強さにチームの中距離レースの常連になってしまいました。

初代ウマ娘ではありませんが、無課金でも入手しやすい1☆ウマ娘ですので、チームレース用に育成する際の参考にしていただければと思います。

トレーニング例

タキオンのトレーニング例です。一見、スタミナが少ないように見えますが、持久力を上げるユニークなスキルを持っているので補えています。

スタミナは十分なレベルまで上げることをお勧めします。スタミナの目安は、トレーニング例にあるように、B(600から)です。一方、スピードは最低でもS(1000から)、パワーは最低でもA(800から)を目安にしてください。

その他の馬娘については、根性をD以上(300から)、賢さをC以上(400から)に設定することをお勧めします。ちなみに、自分の資産に自信がない人は、パラメータがそこまで高くなくても、ステータスのバランスが取れていると思えばOKです。

覚醒レベルはそこまで上げなくてもOK

Lv.3で手に入るレアスキル「モノポリーパワー」は挿入の前提条件であり、発動率もかなり低いので、無理して手に入れる必要はないと思います。(これはルドルフなどで検証済み)。

Lv.2の「中直球」は非常に便利なので、あまり上げずに行きたい人はLv.2まで上げておくといいでしょう。お金に余裕があればLv.5まで上げてもいいのですが、私を含めてほとんどの人がそこまでお金を持っていないと思うので、上げなくてもいいと思います。

戦略は、前に進むか後ろに進むか

デフォルトは適性「A」の「A」なので、一番安全なのは「A」の「A」です。

固有スキル「U=ma2」のテキストを見ると、後ろからスタートした場合のみ効果があるように見えますが、先行していても効果がありますのでご安心を。

サポートフォーメーション

スピン3パワー3」、「スピン4パワー2」、「スピン3パワー2ウィズダム1」など、スピンパワーに特化したフォーメーションを使うと、友情トレーニングでパラメータを上げやすくなります。また、スキルptやモチベーションの管理を目的として、フレンドタイプのサポートを挿入するのも良いでしょう。

また、レンタル枠には、使いやすく「切り返し」のあるパワー系サポート「ウォッカ」がおすすめです。ほかにも、スピードサポートに使える「キタサンブラック」(凸)や「ニシノフラワー」(凸)も候補です。先行脚質の馬を育成するなら、スピードスターを習得できるファインモーションも悪くない選択です。

ツイッターやゲームウィズのフレンド申請掲示板で、見つけることができます。

低資産向けおすすめSR

低資産向けの、おすすめのSRを以下にご紹介いたします。

スピード

〇エイシンフラッシュ
優れたイベント性とスキル、使い勝手の良さ。ストーカー的な馬を育成したいなら、このサポートが必要です。

〇スイープトウショウ
「愛嬌〇」を高めたい場合に使うと良いサポートです。調教効果のボーナスも優秀で、パラメータの向上が期待できます。

〇キングヘイロー
改善率が非常に高く、友情トレーニングが発動しやすいサポートです。完凸時のパワーボーナスも嬉しいポイントです。

パワー

〇ビワハヤヒデ
イベントでは弱いですが、トレーニング関連のボーナスが優秀です。また、完凸時のスタミナボーナスも強力で、トレーニングの回数を減らしながらスタミナを増やすことができます。

〇ダイタク・ヘリオス
イベントは概ね良好で、10%のレースボーナスは地味に強い。スキルはマイルシステムに合わないが、「スリップストリーム」や「ダイレクト・スリップストリーム」など便利なものがある。

〇メジロライアン
完凸時につくスタミナボーナスが素晴らしい。完凸時のヒントのLvアップはLv3と高く、「ミッドレンジストレートライン」などのスキルが手に入ります。

スタミナを要素として重視する

これはほぼ全てのスピ力特化型フォーメーションに共通することですが、スタミナトレーニングを押す回数を減らしたいので、スタミナはなるべくファクターで補いたいところです。フレンドをレンタルできる場合は、前述のゲームウィズのフレンド募集掲示板でも簡単に見つけることができる、スタミナファクター9のフレンドがおすすめです。

また、遠距離がBなので、シナリオ攻略を楽にしたい場合は、遠距離のファクターを1つ継承して使用しても良いでしょう。

ジュニアレベルからクラシックレベルへの方針

序盤は友情トレーニングを早くこなせるように絆を高めることに注力し、ある程度絆が高まったらスピードやパワーを重視したトレーニングに切り替えましょう。賢さのサポートを採用していない場合は、スピ力族の集まりが悪いときに賢さのトレーニングを行うことで増やすことができます。

対象レースはメイクデビューレース後の弥生賞ですが、その間にホープフルSを走るのもおすすめです。また、普通に走っていれば問題ありませんが、皐月賞を普通のモチベーションではなく、1着で終えた場合、目標レースはNHKマイルCになりますので、注意が必要です。

ダービーでD(300~)以上のスタミナがあり、菊花賞でC(400~)以上のスタミナがあれば、固有のスキル「U=ma2」で菊花賞を勝てるはずですよね?もちろん、都合よく持久力のあるスキルが手に入るのであれば、それを取るべきですが。後は、ジャパンカップや有馬記念も、スキルptやファンの数では美味しいので、余裕があれば出走することをお勧めします。

シニアクラスの方針

ローテーションとしては、目標とするレースに加えて、ジャパンカップを走らせてもいいと思います。もちろん、余裕があれば、もっと多くのレースを走ることもできます。

すでに述べたように、パラメータを調整し、ガッツをD以上(300から)、スマートをC以上(400から)にすることを目標にしてください。スタミナもできれば最終的にB(600)以上にしたい。そうしながら、スピードはS(1000~)以上、パワーはA(800~)以上を目指します。

特にスタミナと忍耐力は育成方針的に育てにくいので、イベントの選択肢では、これらを育てる選択肢を優先しましょう。

海外競馬カテゴリの最新記事